MASATO KANAI (from BIGMAMA) OFFICIAL BLOG

2002年東京にて結成。バイオリンを擁した5人編成のロックバンド。
2006年UK PROJECT内RX-RECORDSにて7月5日にミニアルバム「short films 」(RX-006)を発表。
同年10月、メンバーの脱退によりしばらくの間、活動を休止。
2007年2月10日恵比寿LIQUID ROOMにて新メンバー安井 英人(bass)、東出 真緒(violin)を迎え活動を再開。
2007年6月6日に3曲入りのシングル「BOYS DON' T FLY」(RX-011)、9月5日に2曲入り限定シングル「Neverland」(RX-013 Sold out)、 そして、待望の1stフルアルバム「Love and Leave」(RX-015)を発表し、25000枚以上のセールスを記録。
2008年9月17日には3rdシングル「Weekly Fairy Tale」(RX-022)をリリースし、オリコンインディーズチャート1位、オリコンシングルチャート初登場43位を獲得。
そして待望の2nd Album「Dowsing For The Future」を12月3日にリリースし、全国ツアー「ここ掘れワンワンツアー2009」を大成功させる。
2009年11月4日3rd Album「and yet it moves~正しい地球の廻し方」リリース。リリースツアーもSOLD OUT続出で、ファイナルの赤坂ブリッツを即日完売。
2010年10月にはロックとクラシックを融合させたコンセプトアルバム「Roclassick」をリリース。全曲ミュージックビデオを撮りおろすなど話題を呼び、オリコンウィークリーチャート初登場17位を獲得。
リリースツアーも大盛況で、12月25日のクリスマスには初の席有りホールライブを九段会館で行った。
2011年3月30日に渋谷AXで行われた「Roclassick」リリースツアーのグランドファイナルもチケットが即日完売。
5月08日には、BIGMAMAだけに母の日に自主企画兼チャリティーダブルヘッダーライブを行った。
7月に「秘密とLucy」、9月に「#DIV/0!」と初のLIVE DVD「〜母と行く、魅惑の映像世界の旅~」をリリース。
そして、2012年に4th ALBUM「君がまたブラウスのボタンを留めるまで」をリリース。



RELEASE INFORMATION
BIGMAMA
4th ALBUM
『君がまたブラウスのボタンを留めるまで』

2012.01.25 Release
RX-055 /
¥2,940(tax in)

〈収録曲〉
1. beautiful lie, beautiful smile
2. #DIV/0!
3. 最後の一口
4. until the blouse is buttoned up
5. 荒狂曲"シンセカイ" ~orchestra編~
6. Zoo at 2 a.m.
7. "Thank You" is "Fxxk You"
8. アリギリス
9. I'm Standing on the Scaffold
10. 週末思想 
11. 秘密
12. 母に贈る歌

BIGMAMA
3rd ALBUM
『秘密とLucy』

2011.07.06 Release
RX-048 /
¥1,050(tax in)

〈収録曲〉
1.秘密
2.Lucy


BIGMAMA
3rd ALBUM
『and yet, it moves
~正しい地球の廻し方~』

2009.11.4 Release
RX-032 /
¥2,520(tax in)

〈収録曲〉
1.Overture
2.かくれんぼ
3.I Don't Need a Time Machine
4.as one(2009/7/22)
5.No Way Out
6.Lovescape
7.Where's The Ring?
8.Accelerate
9.Broken Apart
10.The Right
11.ダイヤモンドリング(2035/09/02)
12.Roll It Over

最後の一口



「ねぇ、お兄ちゃん、”好き”と”愛してる”ってどう違うの?」




「聴いて、お兄ちゃん、リクちゃんに好きって言われたの。」

ヒナは母親にバレない様にこっそりと僕に耳打ちをした。

この春から姪っ子は、幼稚園に入園し、どうやらそこでの生活を充分に謳歌しているようだ。

「それでね、今度はリョウくんがね、ヒナの事、愛してるって言うの。」

「ねぇ、お兄ちゃん、”好き”と”愛してる”ってどう違うの?ねぇ、どっちの方がヒナの事幸せにしてくれるの?」

ピュアというものは時折”凶器”にも”狂気”にも感じられる。

姪っ子は小さなその両手の平で悩ましい顔を包み込む様に頬杖を付きながら、

僕の顔を穴がいくつも空くんじゃないかという程にじっと見つめている。

「さぁ、どっちだろうね。」

所為幼稚園児の恋愛話など、映画のオープニングでこの結末ってどうなるの?と聴かれるのと同じだと判断し、

適当な相づちであっさりその場を切り抜けるつもりだったが、

どうやらヒナは僕の事をそれで許してくれそうにもない。

答えに詰まった僕は、とりあえずコンビニデートへ誘い、

好きなアイスを買ってあげることでその場を切り抜けた。

お金で解決しようとするのは大人の悪い癖だ。

小さな子供と一緒に暮らす事を僕はまだ想像出来ないでいる。

一ヶ月と持たずに僕の顔も財布も胃袋も、

機関銃で打ち抜かれたかの様にどれもきっと穴だらけだ。


久しぶりに実家に帰ると、

時間がゆっくり流れている様な感覚に陥る。

実家のある駅は、丁度急行の電車が各駅に変わる境目にあり、

ここまでは急行を使って”急いで生きる人”が住んでいて、ここから先は各駅停車で”のんびり生きる人”が住んでいる。

時折そんな線引きを大袈裟にしているように思えてしまう事がある。

駅からの道のりでの人の歩くスピードや、会話のスピードから何まで、

全てがほんのちょっとずつスローモーションに感じられて、

日々自分が如何に生き急いでいるのかを、時に悲観的に、たまに誇らしくも思う。

急いで生き疲れては郊外のゆったりと流れる時間に浸りたくなって、

のんびりしては時折都会のスピード感に気後れする自分に嫌悪感を抱く。

結局どちらをとっても無い物ねだりなんだろうなと、定期的に堂々巡りをするだけなのだが。


電車にのって今住んでいる家に戻る時、彼女から連絡があった。

三つ年上の恋人は僕がこの会社で働く様になってから最初に出会った人だ。

新人研修のときの僕の指導係で、

大学を卒業するそのギリギリまで遊びほうけていた自分にとって、

スーツを着こなす女性はまず例外無く魅力的に見えたし、

丁寧な言葉遣いや気配りに、そのまま自分もついでに大人になったような気分も味わえて、

恋愛のいろはだけでなく、自尊心も満たして貰える所が良かった。


ただそんなぬるっとした感情で始まった恋愛も、

相手によってはそれもまた素晴らしくもなるもので、

時折目移りしてみるものの、結局は彼女を失う事を恐れて僕はその一線を踏み越えないまま今に至る。

何度もその白線が、滲んでは前後左右し、陣地取りのような争いを経ての話であるが。

彼女に愛想を尽かされそうになる度に、

僕は幾度と無くその線を消して、彼女の方に歩み寄っては、新しく線を引き直した。


急に明日が休みになったので、少し付き合えという誘いだった。

彼女の最近のトピックを一通り聴き終えた後に姪っ子の話をした。

“好き”と”愛してる”という違いや基準についてである。

余程の愛の伝道師、哲学者でもない限り、そんな答えをズバッと導きだせるはずも無く、

議論が堂々巡りを繰り返しているうちに、腹は満たされ、酔いもまわった。

ラストオーダーを、と店員が尋ねると、彼女がメニューのスイーツの欄ををみながら悩んでいる。

どちらか決めかねているようだ。

「決められないなら、僕も食べるから、好きなの2つ選びなよ。」

時折女性にはスイーツに対して執念のようなものを感じるが、

おそらく僕を筆頭に男性は皆ドライだ。実の所、甘ければ何でも良いのである。


彼女は僕の言動を気遣いだと素敵に勘違いし、

運ばれてきたケーキを嬉しそうに写真とった後に、いざ、実食。

しばらく無言で2つのケーキを交互につつく時間が続いた。

フォークが食器にあたる音と、コーヒーカップを受け皿に置く音以外にあまり音は無く、

今まで聴こえていなかった店内のBGMがうっすらとその隙間に聴こえてくるだけだ。

決して口コミサイトで評判であったり、見かけが特別なケーキではないのだが、

目の前の人間が美味しくものを含めて、僕はなんだかとても美味しく思えていた。

気付けば、残すところは最後の一口。

僕はまだ少し胃袋に余裕があったが、

おそらく彼女も同じ気持ちだろうと思い、

最後の一口を自然と彼女の口元に差し出していた。


美味しいそうに頬張る彼女のその表情に見とれながら、

僕は自分にとっての愛の形がなんとなくわかったような気がしていた。


所為”愛”の表現の仕方や、その”定義”の仕方なんてものは十人十色、ウン十億人のウン十億色、

人それぞれあってしかるべきだと思う。

僕の場合、次に姪っ子会った時にはこんな気持ちだと話そうと思う。まだその話題に興味があればの話だが。


最後の一口。


BIGMAMA   金井政人

※この物語は"最後の一口"から創作されています。



# by emm_bigmama | 2014-04-25 20:01 | Comments(29)
ただのグルメブログです<福岡・広島編>

この数日各地方で色んなテレビ、ラジオに出演させて頂きました。

滞在時間極僅かながら、福岡、広島、札幌、名古屋。

どこも料理が美味しいのである!



言うてもBIGMAMA何度も全国ツアーでお邪魔してますから。

各地の好きなものこっそり紹介。


まずは福岡。


ラーメンは「shin shin」が好きです。元祖長浜とかもいいですけどね。

屋台とかだと結構匂いがキツいなぁと気になる方も多いかもですがここは大丈夫。なはず。

スープに特にコク、甘みがあってまろやかで柔らかい。麺は勿論固めで(金井改め、固い政人です)。

すらっと細身のモデル体型、華奢で一見ちょっととっつき憎いんだけど、

実は二人っきりになるとゴロニャンと甘えてくるようなツンデレ女性なイメージです。

焼きラーメンも美味しい。友人と一緒に行ってシェアすべし。


そして私一押しなのがこちら。

f0192691_02514928.jpg

「真」という鯖の1枚焼きの店。メニューなんぞありません(ランチ時)。

席に座り次第、黙っていても勝手に鯖の定食が出されるストロングスタイルなお店です。

所為ツアー中外食が多くなると、反動でさっぱりしたもの、結構和食を食べたくなりがちなんですが、

ここの焼き魚定食はそれに対しての120点の解答というか、

思わず海にガッツポーズしたくなるくらいの美味しさです。もしくは感謝の土下座。


また、基本的に九州はお醤油が甘いので、お寿司やお刺身を食べる時に結構カルチャーショックがあると思われます。

お土産に選ぶなら明太子は「ふくや」かなぁ。

あと明太マヨネーズなるものが至る所で売られており、卵焼き、パン、などと相性が良いのですが、そのうち普通のマヨネーズが恋しくなるかと思われます。




次は広島。

お好み焼きであれば定番所で「八昌」かなぁ。繁華街にある、お好み村(お好み焼き屋さんが密集したビル)の中にあるんだけど、千差万別、同じお好み焼きでも結構お店によって味が違うイメージ。

目の前の鉄板で焼いてくれてそのまま出してくれる所がほとんどなのですが、

実は座る場所によって、鉄板が熱かったり、熱が届きにくいところがあったりでムラが多く、最後までアツアツで食べれるのか、ちょっとずつ冷めて行くのかは運次第なのである。とりあえず、猫舌にとっては難所。


といいつつ、一番食べる機会が多いのは「むさし」。お弁当、おにぎりのお店。

マツダスタジアムとかにも入ってるかな、確か。

楽屋や新幹線でのお弁当に出でくるとちょっとニヤニヤしてしまうやつです。

おにぎりに”魔法の粉”らしきものがかかっていて、なんかちょっとよくわかんないんだけど、

美味しい。結構なぞのベールに包まれたおにぎりです。。

毎回、これ、何の味なんですかねとクビを傾げながら食べてます。教えて詳しい人。


のんびりランチしたいなんてことであれば「アンデルセン」とかいいですよ。パン屋さん。

広島はどうやら日本の「アンデルセン」発祥の地だそうで。

アーケード沿いにある「広島アンデルセン」は店構えも含めて楽しめるかと。


あと広島風の辛いつけ麺だと唐々亭が好きかも。

所為辛さ20倍までは美味しく食べれて、それ以上はエンターテイメントだという認識です。私的には。

f0192691_02574842.jpg


皆様福岡・広島に行く機会があれば是非。お試しあれ。

続きは今度。需要があれば。


BIGMAMA  金井政人



# by emm_bigmama | 2014-04-24 02:59 | Comments(26)
金井、ラジオ始めるってよ。

私は明日朝一の飛行機で広島に向い、

お店やテレビ局やラジオ局を廻り、

終電で名古屋に。


名古屋に?


そう名古屋に。

なぜなら私金井政人、

明日から名古屋でラジオ番組のナビゲーターをやらせて頂きます。

http://zip-fm.co.jp/program/find_out/



もう名古屋名物、外郎(ういろう)のことをアウトローなんて読まない。

※前回放送時、外郎という漢字と見た目のギャップについて考察しておりました。


このZIP-FMfind outという番組、

実は立ち上げのときの初代パーソナリティーが僕でした。

ラジオ経験ゼロの僕にうまく立ち上げる事ができるのか、

産まれたて足ガクガクのの子鹿を研究し、もしくはアルプスの少女ハイジを研究し、

子鹿やクララ同様、スタッフの皆さんの力を多いに借りてなんとか立ち上げることに成功し、

終始楽しく、番組を勤めさせてもらいました。


それから数年の時が立ち、

僕が今年は自分の番組を持ちたい!とまるで良い歳して駄々をこねた時に、

真っ先に手を挙げてくれたのも、この番組でした。感謝。

ナッシングスの拓さんと、アルカラのタイスケさんと、ローテーション。

今週が僕です。


毎回何人かと電話を繋いで、生放送。

故にスリリングな内容になるかと。相談のある方は電話でどうぞ。

詳しくはこちらに→http://zip-fm.co.jp/access/entry/EntryInfo.asp?QNo=11635

そして今はustreamなどで全国でも視聴する事ができるようになりました。

先程のアドレスから見れるかと→http://zip-fm.co.jp/program/find_out/

木曜の深夜お暇な方は是非、持て余して無くても是非。ていうか是非。


出来る限りお土産でも、土産話でも持って行けたらと思います。


ちなみにSweet Dreamsにも入っている「シアター・オブ・マインド」とは、

ラジオの事をよく「頭の中の映画館、劇場」と表現する事から、膨らませた曲です。


頭の中では欲しいものも手に入るし、会いたい人にだって会える。

聴いてくれた人の願いが、ほんの少しでも叶うような、

そんな時間を作れればと思います。


BIGMAMA 金井政人


# by emm_bigmama | 2014-04-17 02:52 | Comments(18)