MASATO KANAI (from BIGMAMA) OFFICIAL BLOG

2002年東京にて結成。バイオリンを擁した5人編成のロックバンド。
2006年UK PROJECT内RX-RECORDSにて7月5日にミニアルバム「short films 」(RX-006)を発表。
同年10月、メンバーの脱退によりしばらくの間、活動を休止。
2007年2月10日恵比寿LIQUID ROOMにて新メンバー安井 英人(bass)、東出 真緒(violin)を迎え活動を再開。
2007年6月6日に3曲入りのシングル「BOYS DON' T FLY」(RX-011)、9月5日に2曲入り限定シングル「Neverland」(RX-013 Sold out)、 そして、待望の1stフルアルバム「Love and Leave」(RX-015)を発表し、25000枚以上のセールスを記録。
2008年9月17日には3rdシングル「Weekly Fairy Tale」(RX-022)をリリースし、オリコンインディーズチャート1位、オリコンシングルチャート初登場43位を獲得。
そして待望の2nd Album「Dowsing For The Future」を12月3日にリリースし、全国ツアー「ここ掘れワンワンツアー2009」を大成功させる。
2009年11月4日3rd Album「and yet it moves~正しい地球の廻し方」リリース。リリースツアーもSOLD OUT続出で、ファイナルの赤坂ブリッツを即日完売。
2010年10月にはロックとクラシックを融合させたコンセプトアルバム「Roclassick」をリリース。全曲ミュージックビデオを撮りおろすなど話題を呼び、オリコンウィークリーチャート初登場17位を獲得。
リリースツアーも大盛況で、12月25日のクリスマスには初の席有りホールライブを九段会館で行った。
2011年3月30日に渋谷AXで行われた「Roclassick」リリースツアーのグランドファイナルもチケットが即日完売。
5月08日には、BIGMAMAだけに母の日に自主企画兼チャリティーダブルヘッダーライブを行った。
7月に「秘密とLucy」、9月に「#DIV/0!」と初のLIVE DVD「〜母と行く、魅惑の映像世界の旅~」をリリース。
そして、2012年に4th ALBUM「君がまたブラウスのボタンを留めるまで」をリリース。



RELEASE INFORMATION
BIGMAMA
4th ALBUM
『君がまたブラウスのボタンを留めるまで』

2012.01.25 Release
RX-055 /
¥2,940(tax in)

〈収録曲〉
1. beautiful lie, beautiful smile
2. #DIV/0!
3. 最後の一口
4. until the blouse is buttoned up
5. 荒狂曲"シンセカイ" ~orchestra編~
6. Zoo at 2 a.m.
7. "Thank You" is "Fxxk You"
8. アリギリス
9. I'm Standing on the Scaffold
10. 週末思想 
11. 秘密
12. 母に贈る歌

BIGMAMA
3rd ALBUM
『秘密とLucy』

2011.07.06 Release
RX-048 /
¥1,050(tax in)

〈収録曲〉
1.秘密
2.Lucy


BIGMAMA
3rd ALBUM
『and yet, it moves
~正しい地球の廻し方~』

2009.11.4 Release
RX-032 /
¥2,520(tax in)

〈収録曲〉
1.Overture
2.かくれんぼ
3.I Don't Need a Time Machine
4.as one(2009/7/22)
5.No Way Out
6.Lovescape
7.Where's The Ring?
8.Accelerate
9.Broken Apart
10.The Right
11.ダイヤモンドリング(2035/09/02)
12.Roll It Over

<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
【上手な謝罪の仕方】


"かつら"は落ちて"植毛"は落ちないらしい。
見苦しい言い訳というのは、
幼い頃は可愛いものだが、歳を重ねていくにつれて結構キツくなっていく。
日頃から言い訳多めなタイプなので、
色んな意味で勉強になった。気を付けよう。

上手な謝罪の仕方というのがある。
うちのマネージャーが得意な奴だ。
羨ましいくらいの才能だと思っている。
そして、人に好かれる秘訣だとも思っている。

本来ならば、
なんでミスをしたか、どうするべきだったか、今後どうしていくべきか、
という"原因"、"結果"、"今後の対策"をきちっと耳を揃えて差し出す事だと思われるが、
それは半分正解でありつつ充分でない。

それよりも何よりも、

まずは"テンポ感"と"声量"なのである。

仮に怒りが全て炎に置き換えられようとしよう。

目の間でお怒り炎上中の建物達はバチバチッと火花をあげて燃え盛っている。
優秀な消防士は火種を探し、原因を絶やすのかもしれないが、
それよりも何より、
大切なのは初動なのである。
炎の小さいうちにダダッと駆けつけてとりあえず沢山放水するに限るのである。

自分が悪いと理解した瞬間に反射的に謝れるかどうか。
具体的な対応はその後でいいのである。

僕は出来るだけ人に謝りたく無いと思ってる性分なので、
なかなかこれが出来ない。
相手側にも落ち度が無いか冷静になって考えてしまい、
そこに時差が生じて、結局自分が悪くとも謝罪のスピード感が落ちてしまうのである。
そのうちにボヤが相手の中でいつのまにか大火事になっているのである。
あちち。ヤケドが絶えない人生だ。
あまり賢い生き方ではない気がしている。

いかりや長介さんが、自分の子供達に厳しくしつけたと言われている言葉がある。
僕はこれが凄く好きだ。シンプルに3つ。

「ありがとう、が言える人間になりなさい。
ごめんなさい、が言える人間になりなさい。
そして噓をつかない事。」

とてもシンプルだけれども、
上手に生きる秘訣がすべて集約されていると思う。
これが出来る人間は信頼され、
信頼は孤独を解消し、危機を遠ざける。

その願望は全くないがいつか親になる事が万が一あったら、
これはそのまま、ごそっとまるっと頂こうと思ってる。
いや、ちょっとだけ変えるかな。

「ありがとう、が言える人間になりなさい。
ごめんなさい、が言える人間になりなさい。
そして噓はなるべくつかない事。」

正直過ぎるのはちょっとばかし面白くないのです。

まあ、その前に、謝るような事をしないのが一番なんですけどね。

BIGMAMA 金井政人
by emm_bigmama | 2013-11-13 03:47 | Comments(44)
本当にブラックな企業


ここ何年かで聞くようになった"ブラック企業"という言葉。
過酷な労働を強いる企業、だそうだ。

僕の居座る音楽業界、
レコード会社、お世話になっているラジオ局テレビ局、出版社、
僕の知る限り、過酷な労働をしている人はとても多い。

一年の365日仕事を入れたがるボーカルを持つうちのバンドもそうだと思う。
僕が365日仕事をしたら、そんな僕のお守りを365日しなければならない、マネージメントも同じく。

こちとら必死なのである。
自分に飽きないように必死なのである。
既に2度人生に死にかけた自分に、3度目の正直とやらがいつ来ようと僕はちっとも驚きはしないのである。

安定したお給料をもらって、定時に帰って、
そういったタイプの人は絶滅危惧種だ。

現場はどこもかなーりブラックな気がする。
締め切りに間に合わせなければ、何時であろうと仕事は終わらないのである。
事実人の入れ替わりもかなり激しいと思う。
沢山の人に初めましての挨拶をされ、沢山の人が鳥のように羽ばたいていった。
こちとら顔も名前も覚えようにも、徒労に終わる事もしばしば。
ころころ変えやがって!日本の首相か!外務大臣か!
と、この時ばかりは海外のお偉いさん方に申し訳なく思う。


ただ、それでも多くの人は目をキラキラさせて仕事をしている。
身を削って、心をすり減らして、必死に仕事をしている。

単に、
そこに"希望"があるか、"未来"があるか、という事に尽きると思う。

"希望"が、"未来"が無いと人は暗くなる。
足取りは重くなり、視線は下がり、心が閉鎖的になる。
それって本当にブラックな企業。

時折、無責任に頑張れ!と言いたく無い自分に気付く。
人に頑張れ!という言う前に"その人が頑張れる理由を作る"という方が如何に誠実か、
身を以てして分かっているからだ。


BIGMAMAに"希望"を、"未来"を用意しなくては。

そんな事を思う夜。今日は冷えるね。


BIGMAMA 金井政人
by emm_bigmama | 2013-11-12 00:02 | Comments(56)