MASATO KANAI (from BIGMAMA) OFFICIAL BLOG

2002年東京にて結成。バイオリンを擁した5人編成のロックバンド。
2006年UK PROJECT内RX-RECORDSにて7月5日にミニアルバム「short films 」(RX-006)を発表。
同年10月、メンバーの脱退によりしばらくの間、活動を休止。
2007年2月10日恵比寿LIQUID ROOMにて新メンバー安井 英人(bass)、東出 真緒(violin)を迎え活動を再開。
2007年6月6日に3曲入りのシングル「BOYS DON' T FLY」(RX-011)、9月5日に2曲入り限定シングル「Neverland」(RX-013 Sold out)、 そして、待望の1stフルアルバム「Love and Leave」(RX-015)を発表し、25000枚以上のセールスを記録。
2008年9月17日には3rdシングル「Weekly Fairy Tale」(RX-022)をリリースし、オリコンインディーズチャート1位、オリコンシングルチャート初登場43位を獲得。
そして待望の2nd Album「Dowsing For The Future」を12月3日にリリースし、全国ツアー「ここ掘れワンワンツアー2009」を大成功させる。
2009年11月4日3rd Album「and yet it moves~正しい地球の廻し方」リリース。リリースツアーもSOLD OUT続出で、ファイナルの赤坂ブリッツを即日完売。
2010年10月にはロックとクラシックを融合させたコンセプトアルバム「Roclassick」をリリース。全曲ミュージックビデオを撮りおろすなど話題を呼び、オリコンウィークリーチャート初登場17位を獲得。
リリースツアーも大盛況で、12月25日のクリスマスには初の席有りホールライブを九段会館で行った。
2011年3月30日に渋谷AXで行われた「Roclassick」リリースツアーのグランドファイナルもチケットが即日完売。
5月08日には、BIGMAMAだけに母の日に自主企画兼チャリティーダブルヘッダーライブを行った。
7月に「秘密とLucy」、9月に「#DIV/0!」と初のLIVE DVD「〜母と行く、魅惑の映像世界の旅~」をリリース。
そして、2012年に4th ALBUM「君がまたブラウスのボタンを留めるまで」をリリース。



RELEASE INFORMATION
BIGMAMA
4th ALBUM
『君がまたブラウスのボタンを留めるまで』

2012.01.25 Release
RX-055 /
¥2,940(tax in)

〈収録曲〉
1. beautiful lie, beautiful smile
2. #DIV/0!
3. 最後の一口
4. until the blouse is buttoned up
5. 荒狂曲"シンセカイ" ~orchestra編~
6. Zoo at 2 a.m.
7. "Thank You" is "Fxxk You"
8. アリギリス
9. I'm Standing on the Scaffold
10. 週末思想 
11. 秘密
12. 母に贈る歌

BIGMAMA
3rd ALBUM
『秘密とLucy』

2011.07.06 Release
RX-048 /
¥1,050(tax in)

〈収録曲〉
1.秘密
2.Lucy


BIGMAMA
3rd ALBUM
『and yet, it moves
~正しい地球の廻し方~』

2009.11.4 Release
RX-032 /
¥2,520(tax in)

〈収録曲〉
1.Overture
2.かくれんぼ
3.I Don't Need a Time Machine
4.as one(2009/7/22)
5.No Way Out
6.Lovescape
7.Where's The Ring?
8.Accelerate
9.Broken Apart
10.The Right
11.ダイヤモンドリング(2035/09/02)
12.Roll It Over

<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
BIGMAMA台湾の夏フェスへ
少し遡って先週末BIGMAMAは台湾のFORMOZ FESTIVALというロックフェスへ。

ひたちなかROCK IN JAPANでのライブを終え帰宅、
疲れに負けとりあえず目覚ましを6時にセットして眠りにつく。
がしかし、携帯を右手に握りしめたまま、目を覚ますと7時半。
空港での集合時間は8時。
(うわー、これ終わったわー。。。。)

うん、とりあえず一旦落ち着こう、顔を洗おうと洗面所に向かう途中、
ルームシェアをしている友人がリビングに居たので参考までに空港までのタクシーの時間を調べて貰う。
顔を洗い終えてリビングに戻り所要時間を聴く。
(搭乗時間にはギリギリ間に合うかも。。。。?)

とりあえずパスポートと財布と強いハートさえあったら何とかなる(海外旅行の三種の神器)。
ひたちなか帰りのトランクをそのままもって家を飛び出しタクシーを拾って空港へGO。
前日にラピュタを見ていた関係で"40秒で支度しな!"との台詞が頭の中でフラッシュバックしたが、
タイムアタック的には完全にそれを上回るラップを記録したと思われる。

”40秒で支度した!してやったぜ!”

そんなちょっとどうでも良い事を考えつつ、
遅れますごめんなさいのメールをうちつつ、
タクシーの運転手さんのナイスなドライビング、的確な渋滞の回避により、
無事到着!結果人様にあまり迷惑をかけない程度の遅刻!
惜しくも8時だよ、全員集合!とは私めのせいでならなかったものの、
一行は無事脱落者を出す事無く仲良く台湾へ。

松山空港につき、日本の皆さんなら空港の扉を開けた瞬間にこう思うはずだ。
暑っ!湿度高っ!
そう、この時期の台湾は、ちょっと暑い。TUBEとサザンと大黒摩季がいっぺんに同じステージでライブをしているかのような暑さだ。(サマソニの週末くらいの気候をイメージで大丈夫す)

ホテルに到着し、現地のレーベルの担当の方とタピオカをしばきつつ、
冷やかし半分でメンバー全員で足ツボマッサージへ。
特にリアドさんが大きな声で悶えてらっしゃいました。顔に似合わず。

その後僕は現地の友達に合流して色んな場所へ連れてってもらった。
美味しいものをごちそうになりつつ、
街をいろいろ案内してもらった。
ビックリしたのが洋服が、めためた安い(夏のセールだったのかな)。
好きなブランドのジャケットを8割引でゲット。
f0192691_1424017.jpg

台湾のセール、恐るべし。穴場です。

そして次の日いざライブ、
6つのステージがあって全体的には1万人規模のフェスだったかな。
BIGMAMAは一番暑そうな昼の二時くらいに出番でした(暑)。

んで感動しました。僕の方が。
凄く熱狂的に歓迎してくれてさ。
まさか海外で自分の名前を呼ばれる何て思ってなかったしさー。
とにかく嬉しかったし、
とにかくそれに答えたかったよ。
f0192691_1425436.jpg

f0192691_1432936.jpg

f0192691_1432847.jpg

f0192691_1434171.jpg

f0192691_144521.jpg

それとすごく反応がピュアでさ、
そういや何年か前に韓国でライブした時にラストで計算高いシンデレラを演奏したんだけど、
最後のらららのとこ一緒に歌って欲しいなってジェスチャーしたら、
完全にらららの追っかけっこみたいに輪唱になってさ(笑)
思わずメンバーで顔を見合わせて笑ったのを思い出したよ。
海外でのライブはいろんな先入観を壊してくれて、純粋に音楽に向き合うのに凄く必要だと今は思ってる。

台湾の最高のオーディエンスに恵まれていいライブが出来ました。
日本から来てくれたみんなもありがとうね。
また冬に会いましょう!

なんかさ、帰って来て思うんだけど、東京にいると特にそうなんだけど、
ドライで居る事というかクールで居る事の方が洗練されていて美しいみたいな、
無機質に美学を感じるような瞬間があるんだけど、

それってかなり危ういというか、薄っぺらくなるだけだなというか。
僕自身そうやって育って来ているから、
かなりアレルギーもあるんだけど、結局物事を進める力って熱量だから。
燃料が無ければものが動かないように、
意志がなければ人も先へは進めない。

現状維持で良かったらどうぞこのまま。ですけど。

次はもうちっと文化とう言うか観光というか、
音楽と関係の無い話を。


BIGMAMA 金井政人
by emm_bigmama | 2013-08-14 02:01 | Comments(49)
明日はSUMMER SONIC
2010年に初めてにSummer sonicに出演した時(大阪はその前にもあるんだけどね)、
僕らはISLAND STAGEのトリを任せて頂いた。

その時の僕らの出番の前のアーティストはBEAT CRUSADERSだった。
ビークルは既に解散を発表していて、もともとの人気と相まって、
どのイベントで一緒になってもビークルのファンの熱量は凄まじかった。
その日も関東ラストライブらしくてステージから溢れる観衆を前に
名曲を惜しげも無く披露してただただ最高なライブだった事だけを憶えてる。

特に解散を臭わすような湿っぽいMCは無かったんだけど、
(むしろネタにしていたかな)
最後の曲を演奏をし終えた後タロウさんが、
「次はBIGMAMAです!!!!!」と言ってくれた。
憧れのアーティストからの思わぬ一言に、
ライブ前から何だか胸が一杯になってしまった。

"次"という言葉。
勝手にバトンを受け取るような気持ちで、
いつもよりちょっと長めに握手をしてしまった。

初めてタロウさんと会ったのは福岡のF-Xというイベントで。
僕らは昼過ぎの出番に合わせて会場入りしたのだけれど、
タロウさんは僕らより先に会場入りしていた。
出番夜なのに(笑)、真面目かつハングリーに音楽に向き合っている方。
凄く尊敬しているアーティストの一人だ。
どんなに孤高なカリスマ気取ってる奴よりも、
謙虚で誠実な方が100倍カッコいい。(芸風でなくて裏での話ね。)
まあアーティストだから色んな人がいるんだけどさ(笑)。

タロウさんからの言葉を胸に、
同じ日に朝一でのRock in Japan出演を考慮してもらったのもあっただろうけど、
頂いたトリのステージを、気持ちだけはJay-Zやスマパンに負けないように、
(まぁ人の多さはたいした事無かったけどね、苦笑)
その年のベストライブが間違い無く出来たと思ってる。

あれから3年たって僕らは成長したと思うよ。
その自信はみんなから貰ってるものだけど。
それを明日きちんと証明してこようと思います。
BIGMAMA気になっている方、そうでなくても良いです。1曲だけでも良いんで是非。
16:10〜Rainbow stageでお待ちしています。

そして僕自身もいちオーディエンスとして、一日イベントを楽しむつもり。
今年のサマソニなかなか刺激的なラインナップじゃない?
出演が決まって凄く嬉しかったんだ。
暑さに負けないように、お互い楽しみましょう。

BIGMAMA 金井政人
by emm_bigmama | 2013-08-10 20:56 | Comments(31)
飛行機に乗り遅れませんように。
ひたちなかから帰って来て、
明日の荷造りをしている。そう、明日から台湾。
6時に起きなきゃ(誰か起こして)!
と思いながらも文章を書く習慣をつけるべく今日もここに。

田中のまーくんが今日も勝利し、15連勝との見出し。
単純に両手離しで、いや何なら両足も一緒に拍手したいくらい素晴らしいと思いつつも、
自分よりも若い二十代の方が、あれだけの結果を残す事に対して、
お前どうなの?恥ずかしく無いの?と、
なんだか胸に手を当てるとムズムズ心当たりがあったので、ギターを触るか、
文章を書くか。うーん今日はこっち的なチョイスありつつ。今に至る。

僕は高校生のときライブを自分がするようになってから、ライブに行くようになる。
という何だかちょっと変な入り方をしているので、
それは友達や先輩のライブから始まっており、
(有名なアーティストが出ている)初めて見にいったライブ、というのは、
そう考えるとROCK IN JAPANな気がする。
自分の中では海外旅行に来てるのと同じくらい別世界感があった。最初は、精神的な意味で。
なので凄く楽しみにしているフェスだ。

石橋を叩いて壊す慎重さで進むスタイルなBIGMAMAなので、
ほぼほぼ全部のステージを楽しませて貰った。

そこに自分が立っている事に、今は何も驚かないし、
もしろ呼ばれなかった日には寂し泣きするくらいな気はするけど。
ただ1つ僕に明確な目標をくれた大切なフェス、イベントであるなあと思ってる。

あと一個だけやってないとこが残ってるね。メインのとこだけど。
でもただやりゃいいってもんじゃなくて、
ただやりたい、ってのは子供やヤ○チン、ヤリ○ンと何ら変わらなくて。

満員御礼で、日の落ちる一番良い状況を作った上で気持ちのいいあのアレをやりたい、という事であって。
それに必要なものをもっともっと揃えていかなきゃ、
研ぎ澄ませていかなきゃなあ、なんて強く思う。

長い道のりになるかもしれんけど、どうかお付き合い頂きたい。

もっともっと求められるバンドになりたい。

そんな気持ちを持ちながら明日は台湾へ、海外のフェスは反応がダイレクトで超面白いんだ。
寝坊しないように祈ってて下さい。飛行機に乗り遅れませんように。


BIGMAMA 金井政人
by emm_bigmama | 2013-08-03 02:21 | Comments(61)
心臓マッサージ

"alongside"は自分にとって心臓マッサージみたいな曲だなと思った。
もう一度僕自身を、BIGMAMAというバンドを蘇らせるみたいな意図があったなと今では思う。

実際に現場でした事も無いし、
教習所で模型を相手にしているマッサージしている最中に、
人工呼吸のオプションで模型に舌を絡ませて怒られた記憶しか無いけど。

アルバム5枚作ってツアー廻って思った事は、
ようやくBIGMAMAというバンドが出来上がってきたな、
いやまだまだ練習しなきゃ足りない事だらけだけど。
自分達がどんなバンドか段々わかってきたという事。
メロディックに始まって、広いrockにつながって、
色んなシーンで色んなベクトルで感情を動かすライブがしたくなった。

ただ"出来上がり"、"完成"、という言葉は字面では美しいのだけれど、
それって同時にある意味"終わり"を意味しているわけであって、
惰性で物事を続けるほど退屈な事は無いし、
事実それを理由に解散しているバンドも居る。
それはとても美しい理由のように思われるし、
事実スラムダンクが山王戦で終わるのも同じ理屈で美しいし、
ドラゴンボールにGTがついた時の蛇足感はちょっと美しく無い。

○○〜みたいな曲もう1曲書いて下さい!
と言われた時に作り笑いの僕が心の中で唾を吐き捨ててしまう理由もこれと同じ。
母親には全部一緒に聴こえると未だに言われるが。

このままだと広い海の中で色んなものを見失って溺れてしまうのではないか、
という恐怖感があった。


だからココから先はバンドを船にする必要があった。


いや、全然意味わかんねーよ!
と突っ込みたくなるのはよくわかる。
だってしょうがないじゃないか。なんとなく。
なんとなくって、最強に凶暴な言葉ですね。

安心という言葉が凄く苦手で。
いや、別にBIGMAMAの音楽を聴いてもらって安心するうんぬんはその人の用途用量でおまかせですけど、

心が安らいだらそのまま心臓が止まってしまうような気がして、
大人しく眠りについたら一生目覚めないような気がして、

凄く苦手。

音楽でBIGMAMAでドキドキ出来なくなったら
こちとらもう困っちゃうのである。
もっとドキドキしたいのである。

だからバンドを船にする必要があって、
ここから先は旅をする必要があって、
その旅の合言葉が"alongside"であったんだよ、という話。

ただ豪華客船かな、手漕ぎボートかな、ヨットかな、クルーザーかな、
とか色々考えたけど、バスタブかな、と思った(笑)。
※今シーズンのアーティスト写真参照。
お風呂好きだし。

明日はひたちなか。ROCK IN JAPAN。
皆には負けちゃうかもしいんなけど、
全てのアーティストの中で、年に一度のこの日を一番楽しみにしてるのは僕だと思います。
LAKEステージ、悔しいけどね。寄り道は常に多めに。
ではまた明日、ひたちなかで
LAKEステージで僕と握手(届かん)!

どうせワクワクして寝れないから、ちょっと外走って来る。

BIGMAMA 金井政人
by emm_bigmama | 2013-08-01 23:52 | Comments(47)
alongside


alongside

変わりゆく日々の流れに
変わらぬ自分を探しに
I wanna be the only one
果てしない旅路の途中なんだ
近道はすぐ行き止まり
遠回りでも空回り
I wanna be the only one
焦る必要はないさ

大切なものはひとつだけ
両手で抱えて
look on the bright side
bring alongside

失って初めて気付いた事ばかりさ
涙の在り処を忘れてしまわぬように
alongside

寄り道は常に多めに
don't wanna be the lonely one
間違い探しが大好きな世界で正解見つけに
here we go
to find a brand new world

大切な人はひとりだけ
両手で抱きしめて
look on the bright side
bring alongside

失って初めて気付いた事ばかりさ
涙の在りかを忘れてしまわぬように
僕らの答えはいつだってすぐ傍に
alongside

変わらぬまま変われるように
いつも君のすぐ傍に
by emm_bigmama | 2013-08-01 00:03 | Comments(40)