MASATO KANAI (from BIGMAMA) OFFICIAL BLOG

2002年東京にて結成。バイオリンを擁した5人編成のロックバンド。
2006年UK PROJECT内RX-RECORDSにて7月5日にミニアルバム「short films 」(RX-006)を発表。
同年10月、メンバーの脱退によりしばらくの間、活動を休止。
2007年2月10日恵比寿LIQUID ROOMにて新メンバー安井 英人(bass)、東出 真緒(violin)を迎え活動を再開。
2007年6月6日に3曲入りのシングル「BOYS DON' T FLY」(RX-011)、9月5日に2曲入り限定シングル「Neverland」(RX-013 Sold out)、 そして、待望の1stフルアルバム「Love and Leave」(RX-015)を発表し、25000枚以上のセールスを記録。
2008年9月17日には3rdシングル「Weekly Fairy Tale」(RX-022)をリリースし、オリコンインディーズチャート1位、オリコンシングルチャート初登場43位を獲得。
そして待望の2nd Album「Dowsing For The Future」を12月3日にリリースし、全国ツアー「ここ掘れワンワンツアー2009」を大成功させる。
2009年11月4日3rd Album「and yet it moves~正しい地球の廻し方」リリース。リリースツアーもSOLD OUT続出で、ファイナルの赤坂ブリッツを即日完売。
2010年10月にはロックとクラシックを融合させたコンセプトアルバム「Roclassick」をリリース。全曲ミュージックビデオを撮りおろすなど話題を呼び、オリコンウィークリーチャート初登場17位を獲得。
リリースツアーも大盛況で、12月25日のクリスマスには初の席有りホールライブを九段会館で行った。
2011年3月30日に渋谷AXで行われた「Roclassick」リリースツアーのグランドファイナルもチケットが即日完売。
5月08日には、BIGMAMAだけに母の日に自主企画兼チャリティーダブルヘッダーライブを行った。
7月に「秘密とLucy」、9月に「#DIV/0!」と初のLIVE DVD「〜母と行く、魅惑の映像世界の旅~」をリリース。
そして、2012年に4th ALBUM「君がまたブラウスのボタンを留めるまで」をリリース。



RELEASE INFORMATION
BIGMAMA
4th ALBUM
『君がまたブラウスのボタンを留めるまで』

2012.01.25 Release
RX-055 /
¥2,940(tax in)

〈収録曲〉
1. beautiful lie, beautiful smile
2. #DIV/0!
3. 最後の一口
4. until the blouse is buttoned up
5. 荒狂曲"シンセカイ" ~orchestra編~
6. Zoo at 2 a.m.
7. "Thank You" is "Fxxk You"
8. アリギリス
9. I'm Standing on the Scaffold
10. 週末思想 
11. 秘密
12. 母に贈る歌

BIGMAMA
3rd ALBUM
『秘密とLucy』

2011.07.06 Release
RX-048 /
¥1,050(tax in)

〈収録曲〉
1.秘密
2.Lucy


BIGMAMA
3rd ALBUM
『and yet, it moves
~正しい地球の廻し方~』

2009.11.4 Release
RX-032 /
¥2,520(tax in)

〈収録曲〉
1.Overture
2.かくれんぼ
3.I Don't Need a Time Machine
4.as one(2009/7/22)
5.No Way Out
6.Lovescape
7.Where's The Ring?
8.Accelerate
9.Broken Apart
10.The Right
11.ダイヤモンドリング(2035/09/02)
12.Roll It Over

<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
とりあえず太く
ようやく視野が落ち着いて来た。
うおー痛かったー。。。。。。。
そんで怖かったー。。。。。。

目の手術をしたよ。
実はこれで二度目です。
ずっと視力に問題があって2,3年前に手術をしたのだけれど、
それ以降なかなかトラブルが絶えなくて再手術。
ツアーが終わるこのタイミングしかないね、ってドクターと相談しながら。
いやー局部麻酔だけど、レーザーで自分の目が焦げた匂いとかするのね(泣)
今の所経過は良好なので御心配なく。
もう仕事復帰しました。

傷み、そして暗闇。

のんびり考え事を出来るような状況ではなかったのだけれど、
目を閉じたままの世界は、
何だかより感覚が研ぎ澄まされるというか、
というか嗅覚や聴覚、触覚、
それ以外の感覚に集中して情報収集をしてないと、
完全に取り残されるというか、

声が出ないのもしんどいと思ったけど、
目が見えないのもまた同じくらいにしんどいなあ。

まあ見えないといっても僕の場合、
大体この辺に靴下があって
ここに玄関があって、
ここに信号があって、
なんとなくな記憶をたよりにしていたものであって、
本当に目が見えない人のそれとは違う、
頭の中に映画のスクリーンがあって、
思い出の銀行から自分の解釈で映像を引き出していくような、
そんな感じ。

という事は、仮に僕がその状態で、
まだ見た事の無い新しい物に出会ったとしても、
それはきっと上手く思い浮かべる事が出来ないんだろうなぁ。

そう思ったら、
もっともっといろんな景色を見ておきたいなと思った。
貯金は好きじゃないんだけど(お金にも鮮度があるんだよ、笑)、
頭の中にする分には有意義だ。
いろんな世界で、まだまだ味わった事の無い感覚を、
沢山美味しく頂きたいのです。

"長く"とか"短く"は自分では決められんから、
とりあえず"太く"。太く生きる。豊かな人生を。
で、豊かって何?
うーん。ま、あんまり考えてる暇はないよね。

BIGMAMA   金井政人
by emm_bigmama | 2013-06-22 22:53 | Comments(59)
廉価盤について
元々の定価で買ってくれた人は、
もしかしたらあまり気分のいい話ではないかもしれない。
なのでこの廉価盤の話をする前には必ず、
今までの値段で作品を買ってくれた皆さんに対して、
感謝の気持ちを持っている事を改めて伝えておきたかった。
BIGMAMAの作品に出会い、
あのとき自分のものにしてくれて本当にありがとう。

正直、僕はいちリスナーとして、ユーザーとして、
洋楽のCDと邦楽CDの値段の差をずっと身を以て感じていた。
(経済や物価、それ以外にも色々要因はあるのだけれどね。)

1枚のCDを作るには、
ただディスクとケースとジャケットでハイ出来上がり、
っという訳にはいかなくて、

僕らだったら何日も何日もスタジオでセッションとディスカッションを繰り返して曲作りをして、
それに相応しい歌詞を僕が推敲して、
レコーディングスタジオで、レコーディングエンジニアと最良の音作りを目指して録音して、
マスタリングエンジニアと最後の音のバランスを調整して、
音楽に寄り添うテーマを見つけジャケットをデザインして、
毎回一年以上かけて
ようやく一つの形になる訳で。

実態として、
僕らのチームの中でもCDをいくらで売るか、
みたいな話は毎回かなりデリケートな部分。

特に最近の作品は歌詞カードやライナーノーツのクオリティをあげたくて、
歌詞カードに直接文章を書き込んでいるうちにページ数が増えてしまって、
さらに紙や材質にこだわるとコストがかさんでしまって、
最高の物を作ろうとするが故に、
本来僕らが望んでいる価格よりも値段が上がってしまっていた。

ちゃんと利益を生み出していかなければ、
バンド活動を充実させていくことは出来ないし、
レコード会社に迷惑をかけてしまっては本末転倒。

そこでこの話は改めて今単純に、
出来る所から始めようと。
そう考えるとリリースからもうある程度の時間が経過している、
1st、2nd、3rdアルバムなら、
誰かが無理をする事無くその値段で販売する事が、
出来るという話になった。

これをきっかけにまた"新しく"、"過去"の自分達の曲を知ってもらえたら嬉しい。
日本中に知れ渡るヒットソングはまだ無いかも知れないけど、
自分の作った曲はどれも全部良い曲だと思ってるし。

あいにく僕らは"We don't need a time machine"なんて、
新旧織り交ぜたイベントを計画している。今回で3回目かな?
わりとこういう時に、全てつながるもんだなと思った。




僕は自分達の音楽が高尚な物だと思った事はない。
というか音楽自体が高尚な物だと思った事はない。
元を正せば原価0のゴミ同然の物。
本当の意味で生活必需品ではないので。

ただ今も昔も自分はそんなタダ同然な物に夢中な訳であって、
おかしな話だなあ。
宝物のように愛おしい。
おかしな話だなあ。

誰かにとってはゴミかも知れないけど、
誰かにとって宝物であればそれで良いと思ってる。

そんな気の合う仲間を見つけたいだけなのかもね。



BIGMAMA   金井政人
by emm_bigmama | 2013-06-19 01:24 | Comments(57)
ツアーが終わって一夜明けて
ツアーが終わって一夜明けて

僕は早速夕方から次の撮影の打ち合わせに。
あぁもう"次"は始まっているんだな。

やっぱりワンマンツアーは、何かが育っていくという感覚がある。
曲が、セットリストが、ライブが、そして自分達が。
アルバム5枚目にして、ようやく手を離して立ち上がったんじゃないかな。
僕らは。

これから僕らはレコーディングを挟んで、
各地のイベントに出演して来るよ。
みんなと育てて来た、"ライブ"で、
何となくBIGMAMAを知っている人や、
まだ僕らの事を知らない人達と勝負して来る。
無論、味方であるみんなが来てくれる事を、忘れている訳じゃない。
それは当たり前の事であって。

まだまだ手すりや補助輪が必要かもしれない、
そんな時は力を貸して欲しいよ。
でもここから強い意志を持って、信念を持って、
諦めない事だけはもう決めたので、
一歩一歩大切な事を見落とさないように、
前に前に進んで行きたいと思います。

呼んでもらった1つ1つのイベントで、
ベストアクトを、ベストライブを全て更新するつもりで、
挑もうと思います。

俺は天才じゃないからもっと練習しなきゃ、
勉強しなきゃ、いかんな。
もう一度全てやり直そう。

ツアーが終わって一夜明けて。

といいつつ、ちょっと休みとれそうだから、海外行きたい。
どこ行こう、うーん。

BIGMAMA   金井政人
by emm_bigmama | 2013-06-18 00:52 | Comments(90)
おはよう、6/15。まあ今からもう一回寝るけど。
あっというまにツアーファイナル。
ライナーノーツやライブの事ももっともっと書かなきゃと思っていたけど、
毎度の事ながらなかなか追いついていかなかったや。
まあ遅過ぎる事はないんで、これから徐々に。

さっき君想うを聴きながら、ふらっと夜風にあたって来た。
自分の得意な事、バンドの得意な事、求められている事、求めている事、
それらが一致した時にある種バンドは完成して、
またある意味では終わると思うのだけれど、
この五枚目のアルバムで、"それ"が自分達にとってどんな音楽であるかを、
教えてくれたようなアルバムだと思った。

足場が固まって、手を伸ばしていけるような、
欲しい物を掴んでいけるような、
そんな状況をようやく作れたのかなぁなんて思う。
5枚目にして。おそっ。

今日でまた終わり。そして明日からまた何か始まる。
BIGMAMAという名前でこのツアーの冠のついたライブをするのは今日が最後。
※人に言われるまで、父の日がファイナルだと言い続けてました、前言撤回。
噛み締めるように。美味しく頂きましょう。

それとツアーの合間に本を作った。
(所為ブログが滞る理由は他にもあるのですが)
今日実際手にとってみて、まず素直に、重っと思った(笑)。
(一緒に作った酒井くん、本当にありがとう。泣)
いつかは本屋さんにも並ぶような本を作りたいな〜という願望もあるけれど、
それはいきなりというか、そんなに簡単な事でもないというか、

まずは、BIGMAMAを好いてライブ会場に足を運んでくれるみんなに、
最初に届けたいな、読んで欲しいな、
そう思って会場限定の販売にさせてもらいました。

それなりに量は用意してありますが、
自分としては試作品の部分もあるし、
もっとこうしたい、という改善点もすでに見つけているので、
用意した数が終わり次第、あんまり増版はしたくないのが本音。
余るの怖いし(切実)。相談するけどね。
でも実際目を通してみて、
わりと色んなモノが溢れてるというか、滲んでいるというか、
1枚のシングルやアルバムを作る時と同じ熱量で向き合えた自信はあるかな。

それではTDCホールでお待ちしてます。
おはよう、6/15。まあ今からもう一回寝るけど。

BIGMAMA   金井政人
by emm_bigmama | 2013-06-15 04:29 | Comments(72)