MASATO KANAI (from BIGMAMA) OFFICIAL BLOG

2002年東京にて結成。バイオリンを擁した5人編成のロックバンド。
2006年UK PROJECT内RX-RECORDSにて7月5日にミニアルバム「short films 」(RX-006)を発表。
同年10月、メンバーの脱退によりしばらくの間、活動を休止。
2007年2月10日恵比寿LIQUID ROOMにて新メンバー安井 英人(bass)、東出 真緒(violin)を迎え活動を再開。
2007年6月6日に3曲入りのシングル「BOYS DON' T FLY」(RX-011)、9月5日に2曲入り限定シングル「Neverland」(RX-013 Sold out)、 そして、待望の1stフルアルバム「Love and Leave」(RX-015)を発表し、25000枚以上のセールスを記録。
2008年9月17日には3rdシングル「Weekly Fairy Tale」(RX-022)をリリースし、オリコンインディーズチャート1位、オリコンシングルチャート初登場43位を獲得。
そして待望の2nd Album「Dowsing For The Future」を12月3日にリリースし、全国ツアー「ここ掘れワンワンツアー2009」を大成功させる。
2009年11月4日3rd Album「and yet it moves~正しい地球の廻し方」リリース。リリースツアーもSOLD OUT続出で、ファイナルの赤坂ブリッツを即日完売。
2010年10月にはロックとクラシックを融合させたコンセプトアルバム「Roclassick」をリリース。全曲ミュージックビデオを撮りおろすなど話題を呼び、オリコンウィークリーチャート初登場17位を獲得。
リリースツアーも大盛況で、12月25日のクリスマスには初の席有りホールライブを九段会館で行った。
2011年3月30日に渋谷AXで行われた「Roclassick」リリースツアーのグランドファイナルもチケットが即日完売。
5月08日には、BIGMAMAだけに母の日に自主企画兼チャリティーダブルヘッダーライブを行った。
7月に「秘密とLucy」、9月に「#DIV/0!」と初のLIVE DVD「〜母と行く、魅惑の映像世界の旅~」をリリース。
そして、2012年に4th ALBUM「君がまたブラウスのボタンを留めるまで」をリリース。



RELEASE INFORMATION
BIGMAMA
4th ALBUM
『君がまたブラウスのボタンを留めるまで』

2012.01.25 Release
RX-055 /
¥2,940(tax in)

〈収録曲〉
1. beautiful lie, beautiful smile
2. #DIV/0!
3. 最後の一口
4. until the blouse is buttoned up
5. 荒狂曲"シンセカイ" ~orchestra編~
6. Zoo at 2 a.m.
7. "Thank You" is "Fxxk You"
8. アリギリス
9. I'm Standing on the Scaffold
10. 週末思想 
11. 秘密
12. 母に贈る歌

BIGMAMA
3rd ALBUM
『秘密とLucy』

2011.07.06 Release
RX-048 /
¥1,050(tax in)

〈収録曲〉
1.秘密
2.Lucy


BIGMAMA
3rd ALBUM
『and yet, it moves
~正しい地球の廻し方~』

2009.11.4 Release
RX-032 /
¥2,520(tax in)

〈収録曲〉
1.Overture
2.かくれんぼ
3.I Don't Need a Time Machine
4.as one(2009/7/22)
5.No Way Out
6.Lovescape
7.Where's The Ring?
8.Accelerate
9.Broken Apart
10.The Right
11.ダイヤモンドリング(2035/09/02)
12.Roll It Over

<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
BIGMAMA Tour 2013"ライブ・イズ・ミルフィーユ"に来る前に
さあ、ツアーの全体リハも終わってあとは金沢での初日を待つばかり。
リハなのに通し終わったらうへーとなってしばらく誰も何も喋らなかった(笑)。
でもそれだけのボリューム感、
今までのBIGMAMAが積み重ねてきたもの。

正直に話すと前回のブラウスのツアー、
僕は体を壊してメンバーに色んな迷惑をや負担をかけてしまった。
※気になる方は君ブラライブDVDをご覧下さい。
満足いくリハーサルが出来なかったり、
本当はセットリストも場所によってもっと変えられたかも知れない
伝えるべき事を伝えなくては、
ただただそれに必死で、同じ言葉を繰り返していたかも知れない。

それでも良いライブだったと、最高のライブだったとそう思えたのは、
メンバーやスタッフに恵まれていたからだな、と振り返って今ではそう思ってる。

単純にそれを取り返したい気持ちで一杯だ。
その場所、その瞬間でしか味わえない"感"覚で、
来てくれた一人一人の心を"動"かしてみせるよ。

そしてツアーに、ライブハウスに遊びに来てくれる皆さんに、
改めて僕からは3つ、お願い事があります。
普段から来慣れているみんなも、初めてのみんなもいるでしょう。

・楽しみ方は人それぞれに。
僕個人の話をさせて貰えば、最前にてもみくちゃになっていた時期(若かりし)もあれば、友達ときゃっきゃしながら半分ステージ見てないくらいの時期(若かりし2)もあったし。未だに後ろでお酒を片手に目を閉じて浸りたい時もあれば、腕組みながらふむふむ見てる時もある。
きっとどれも正解で何も間違っちゃいないと思うのだけれど、
色んな楽しみ方をしている人が居る事を知っておいて欲しい。
ただ自分の書いた歌詞を一緒に歌ってくれるのは嬉しいかな。負けないようにでかい声で歌う練習しとくからさ。

・絶対に怪我をしないで欲しい、怪我をさせないで欲しい。

・ライブハウスや近隣の方々に、ゴミや騒音など迷惑をかけないで欲しい。
まだまだこの先も沢山ライブがしたいです。ツアーを廻りたいです。

もちろん全てを忘れて全力で楽しんで欲しいけど、
どうか頭の片隅に。

BIGMAMA Tour 2013 "ライブ・イズ・ミルフィーユ"

ひとつひとつのライブを、大切に積み重ねていきたい。一言ずつだけど心意気?を。

【4月28日(日)石川県 金沢Eight Hall】
・初日ならではのドキドキ感…。わくわく、緊張。(ささやかな発表もある、かも。)

【4月29日(月・祝)長野県 長野CLUB JUNK BOX】
・何気に長野生まれです。次の日休みもらって実家帰る(笑)。

【5月3日(金・祝)広島県 広島CLUB QUATTRO】
・私事ですが金井政人初めて誕生日にライブ。そわそわ。

【5月4日(土・祝)福岡県 福岡DRUM LOGOS】
・F-Xぶりの福岡!思い出沢山。ご飯も人も大好きで行きたいとこ多過ぎて困る。
【5月6日(月・祝)岡山県 岡山CRAZYMAMA KINGDOM】
・おそらくクレイジーでキングダムな曲多めのセットリストになると思われます。

【5月12日(日)東京都 Zepp Tokyo】

・母の日、今年は母さん呼んだら来てくれるかなぁ。
【5月18日(土)高知県 高知X-Pt.】

・前回のツアーぶり!ライブも鰹のたたきも素敵過ぎて忘れられません。はい。
【5月19日(日)香川県 高松DIME】

・凄くお気に入りのライブハウス。映画館みたいなんだよねー。
【5月25日(土)北海道 札幌PENNYLANE 24】
【5月26日(日)北海道 札幌PENNYLANE 24】

・嬉し泣きの札幌2デイズ。どちらも遊びに来てくれていいように準備しとくね。
【5月31日(金)新潟県 新潟LOTS】

・星屑の時凄く感動してしまったのを憶えてる。それ以上に感情を動かさなくては。
【6月1日(土)宮城県 仙台Rensa】

・クリスマスライブ以来ホーム感絶大。利休行きたい。
【6月8日(土)愛知県 Zepp Nagoya】

・日本で一番のシンガロング率を誇る名古屋。愛を感じる(笑)、楽しみにしてる。
【6月9日(日)大阪府 Zepp Namba】

・ロックの日は2年連続で大阪でライブ、もう運命でしょう。一番熱いライブ用意しとく。
【6月15日(土)東京都 TOKYO DOME CITY HALL(全席指定)】

・年に一度の座席指定。私としてはリベンジ、いや必ずそれ以上のものに。

追加公演
ー父の日だけにBIGPAPAー

【6月16日(日) 東京都 TOKYO DOME CITY HALL (スタンディング )】

・父の日うんぬんもありますが、気分的にはツアーファイナル。集大成を。


あー書いてるうちに待ち切れなくなって来たのでこの辺で。
それでは皆さん、
全国のライブハウスで会えるのを楽しみにしています。

BIGMAMA   金井政人
by emm_bigmama | 2013-04-25 04:45 | Comments(157)
foundation
久しぶりに実家に帰って鋭気を養った。
そして、次の日実家から直接スタジオに向かうため、
いつもと違うルートを使う。

平日の昼、電車に乗ると2人の女性が目の前に座っていた。
僕と同い年くらいだろうか、もう少し下だろうか、
なんとなく2人とも顔が似ている。
でも2人の間には何人分か隙間がある事から、互いに赤の他人であることは明確なのだけれど、
2人にはそれぞれに決定的な共通点があった。


どちらもノーメイク!


仮に薄化粧だったのかも知れないけど、
少なくとも僕にはそう見えた。

それは僕が変態とかそういう次元ではなくて、
一般的に男性は女性のノーメイクに弱い。
単に好みの話でもあるだろうけれど。
一種の束縛だったり、レア感みたいなものを感じたりするのだと思う。

僕は女性が綺麗になりたいと思ってお化粧をする事は、
すごく魅力的で素敵な事だと思っているのだけれど(適度であれば)、
その時ばかりは、その無防備な二人の姿に、
あ、なんだかノーメイク派の気持ちもわからんでもない、いや、いっそ乗り換えたい、くらいの気持ちになっていた。

何の考えも無いまま、
ただなんとなく向い側の席に座り電車の扉はしまった。

しばらくすると、
右側の女性は鏡を取り出し、化粧をし始めた。
良く電車で化粧をして怒られる!みたいな話もあるけれど、
それはあくまで時と場合の話であって、
今回はそれによって困る人は居ないので、
何かしらこぼしたり、異臭を放たなければ別に問題は無い(と思う)。
彼女はまつげをグイグイしている。あ、右目がおっきくなった。

左側の女性は本を読み出した。
書店の紙カバーではなく、赤茶のレザーで出来たブックカバーを使っていた。
一行一行時間をかけて読んでいる辺り、
おそらく、江國香織あたりの純愛小説でも読んでいるのだろう。
は!とんでもない官能小説を読んでいたとしたらどうだろう。
あんなピュアな出で立ちをしてそれは斬新、新しい展開だ。
どうでもいい妄想は膨らむ一方だ。

じっと見つめているとただ単に僕は気持ち悪い人になってしまうので、
特にする事もなかったし、ぼんやりとたまーに目をやる程度に。

一つ駅を通り過ぎるごとに、
右側の女性の顔が仕上がっていく。

一つページをめくる度に、
右側の女性の顔が仕上がっていく。

終点の新宿に着く頃には、
二人の顔はまるで別人のように仕上がっていた。

これは別にどちらが正しいとか、
電車で化粧良く無い!とか、
本を読んでいる人が正解、心が綺麗!とかそういう話でなくて、

そんな二人を見送ってから立ち上がった時に、
ファンデーションと言う言葉が頭の中に残っていた。

foundationという言葉自体には、
あの粉っぽい奴のイメージが強いけど、
土台、基礎、という意味がある(ん、知ってるって?)。

曲の歌詞の中で"ファンデーション"と書いて(噓)と読みました。
これはわりと言い続けている持論なのですが、
噓や偽りが無くなったら世の中面白く無くなってしまうよ。
所為エンタメや娯楽は噓が作る芸術みたいなもんだ。(それか究極にピュアかどっちかだ。)

ただし、土台・基礎の部分、自分の信念にだけは噓をつかないように。
そこを裏切ってしまうと、誰のための人生がわからなくなってしまうよ。
表面を偽ったとしても、一瞬だったら全然騙せちゃうの。
でも長く居ると中身はどうにも誤摩化しが効かないんだ。


普通に生きていたって、
自分が思っている風に思われている訳じゃないし、
伝えたいように伝わる訳じゃないし、
自分の中でさえ頭と口が矛盾して思っている事と違う事を言ってしまう事すらあるけれど。
せめて自分の心の叫びが聴こえる時は、その声に耳を傾けてあげましょう。

(きゃーもっと良い曲作れー!歌もギターも練習しろー!)

と、心の声がうるさいのでこの辺で。
以上foundationのライナーノーツ?でした〜。

BIGMAMA 金井政人
by emm_bigmama | 2013-04-18 21:31 | Comments(60)
いつもありがとー
ちょっと時間があったので今回と前回のに返事書きましたー。
いつもありがとー。

まあさ>
こちらこそ一緒に歌うの楽しみにしてます。
相思相愛だね(照)


なっち>
葉っぱよりも先に花が出て来ちゃう少しでしゃばりなんだけど、
やっぱりそこは花があるというか、さすが人気者だね桜は。
春は良いよね〜花粉が無ければ(笑)。
あとお花見スポットに自宅が近過ぎてちょっとお酒臭いの。

チサト>
凄く短い曲なんだけど、
季節感というか。四季って歳をとるごとにあっという間に過ぎて気付いたら終わってる感じしない?
そこも含めて気に入っていますー。
既にライブではちょいちょい披露してるぜ。。。
旬なうちに聴いて欲しい。


つね>
そうだよー、速いにも色々あるけど曲のスピードでいったら多分これが一番。
コーラスパートばっちりおまかせします◎


ちいちぁん>
こちらこそライブ楽しみにしてます!
ライブハウスで会える日を心待ちにしてます。
そして息継ぎ頑張ります(笑)

ポー>
紫だけど当日の赤い靴はjeffrey!
しばらく他のブランドの靴は履きづらいやー(笑)

どん>
結局いつだって足りなかったら欲しがるのでしょうね人間は。
ただそこ哀愁やワビサビみたいなものを感じれるのは日本人の特権だと思うので。
まぁお互い楽しんで生きましょう◎


なみ>
いっぱいいっぱいになっているという事は、
自分を広げる良いチャンスだと思うよー。
外側からひっぱって貰う事もあるけど、
内側から広がっていく事も大切。いつでも何でも書いてー!

ハル>
そう余白の美!
自分なりこのアルバムは沢山の隠し事があるので、
みんなどんな風に感じてるか気になる〜


まぁや>
ありがと、
そんなまぁやも素敵だよ(とか言ってみる)

明里>
素敵な靴のブランドですよ◎
沢山沢山種類あるので是非自分に合う靴を探してみて下さい。
ばっちり気をつける〜!明里もね。

にゃー>
基本的に眠くなるまで寝ない主義なので大丈夫(笑)
名古屋ばっちり素敵な夜になりました◎


あかね>
そうなの主役がちゃんと入れかわったの!
応援ありがとー。


みこふる>
正解(笑)!
相思相愛ばっちりハグして来ました。
また新しい何かも生まれそうです。ドキドキは止まらないー。


まなみ>
一年に一度くらい、
めちゃめちゃテンションあがっても許されると思うデスがいかがでしょう(笑)
遅くなったけど誕生日おめでとう!
まなみにとって素敵な一年になりますように。


甘党王子>
言葉も鮮度が命なので。きっと。
こちらこそありがとうー、寝坊だめ絶対(自分も)


りか>
すごーいのかな。
日本語って綺麗よね。うん、確かに。

サマダ>
パンスプ行って来ました〜!
ただいまー。最高でした。
青春時代に聴いていたアーティストはやっぱちょっと格別。


ちいちぁん>
それだけでご飯を食べているようなものなので(笑)。
父の日も母の日もばっちり良い準備しておきます◎
ライブハウスで会えるのを楽しみにしてます!


みなよ>
国語の授業とか嫌い過ぎてちゃんと聴いた事ないの
今更すげー後悔してます。。。
みなよはしっかり授業受けてね(真顔)


まあさ>
溢れてとまらないのですぐに作るよー。
というかもうずっと作ってるよー。
これからもよろしく!


とみちゃん>
助詞力!いいねとみちゃん、クリエイティブだ。
その日までにダンディズムを研究しておきます。


せーこ>
ね、まさに助詞力。
ライブおいでよ!
せーこに負けないように頑張るよ◎

オクさん>
いや、その辺の滑舌に関しては慣れれば大丈夫じゃない?
あんまそこは噛まないかも。他で噛み倒してるからかな。


くらさよ:) >
ですね、あんな展示会ぼくも初めてでした(笑)
でも皆さん凄く喜んで下さったー、
もっともっと新しいこと沢山挑戦したいー。


shirasu>
そうだねー明日がもっと楽しみになるよね。
当日どうだったー?天気大丈夫だったー?


バビロンしゅうと>
祝大学生。新しい世界で、新しい自分に出会って下さい、
変わらない自分も見つけて下さい。
そしてなるべく笑うように。(笑)
ライブハウスでお待ちしています!


yuzu-exc>
ずっとミュージシャンしてたいなー、
もっともっと色んな音楽を作りたい。
まぁ昔より若返ったねーなんて良く言われるので、
もうしばらくしたら赤子のようになってると思う。なんつて。
そこはもう長い目で見守ってくれ(笑)。


しろ>
チョコレートじゃなくてショコラのがおしゃれ!
みたいな感覚的なおしゃれって紐解いていくといろいろ先に進むのかも。
ショコラってフランス語かな?→フランス=オシャレ。みたいなざっくりのイメージ。
アンハサウェイ素敵ですね。間違って会えないかなー。

ぴいたん>
エロいな、ぴいたん...。(笑)

ゆりゆり>
昔は家庭教師のバイトもしてたよ。
くだらない事しか教えてなかったけど。

田仲まぐろ>
もちろんおいでよ!
二人にも楽しんで貰えるように全力を尽くします◎
ライブハウスでお待ちしてます。


いなか>
少ないだろうねー。分かる人のためのあのアレです。

千葉>
内容も素晴らしいと思うけど。
新社会人楽しんで!きついこと沢山だろうけど、
その分なにか得てるはずだから。


ニート君>
ほんとにー。まぁネタバラしみたいなものなんで。
ほどほどに。


スタイリッシュズボラ>
お、ジェフリー好きがここに!
凄く仲良くなったからこれからも何かあると思うよ(笑)
東京で待ってます!その前に大阪で待ってて◎

Kyon>
5年後も10年後もドキドキさせ続けてみせるさー。
あいにくやりたい事は沢山あるさー。
深いかどうかは読む人の想像力。Kyonの想像力。



*おつまみ*>
ハードワークだよ。必死必死。
山梨いきたいなー、最近あんまり行けてないや。
ピンクの絨毯でゴロゴロしたいー。


みゅー>

ねー早くツアーはじまらないかなー。
いや、でももっと練習しなきゃ(笑)
こちらこそ楽しみにしてます。


BIGMAMA 金井政人
by emm_bigmama | 2013-04-08 23:03 | Comments(46)
冬は○のように
旬なものは旬なうちに片付けましょう!
という事で今日はこの曲について。

"春は風のように"

軽やかそうに、柔らかそうに見えて、

実はこの曲、
BIGMAMA最速の曲なのです。
実はめっちゃ速いのです。
今までアルバム5枚積み重ねて来ましたが、
もう100曲近く作ってきましたが、
この曲が一番息継ぎが難しい(切実)。
既に歌ってみてくれた方は居るだろうか?
息継ぎをするタイミングを逃すと危うく窒息死。

曲が出来上がって来るとどこかのタイミングで曲全体のスピードを決めるのですが、
基本的にBIGMAMAの中では僕が一番早くしたがり。

新しいアルバムの中でも、
今までで一番早い曲が作りたい!
思い出せばこの曲を立ち上げる段階からそう息巻いていた気がします。
さらに曲を作っていく最中に"イケル、まだイケル...。"と、
どんどんスピードがあがって現在に至ります。
またライブだとさらに心拍数も上がるので、
普通に演奏するとCDよりもスピードアップして演奏する事が多い。
つまりは、
ライブ凄く大変(笑)!

というわけでツアーでは皆さん
試しに一緒に歌ってみましよう(笑)
最後のLaLaLaはみんなのパートのつもりで書きました。
よろしくです◎

桜は桜で当たり前のように美しいのだけれど、
僕は散った後の絨毯のような景色がとても好きです。
それは枕草子と一緒かな。
全ての終わりのあるものに対して"儚い"、"切ない"と思える感性は、
日本人独特の特別であり、研ぎ澄まされた感覚だと思っている。
まぁ悪く言えば被害妄想みたいなものだけれど。

冬は雪のように、にしなかったのは、
まぁ、なんとなく。なんとなくだ。
良く"人肌恋しくなる"なんて言葉があるけど、
365日いつだってそうな気もするし、そうじゃない気もするし。

でも四季でいう"冬"もそうだし、曲の中でもそうなんだけど、
終わりに向かうにつれて"儚い""切ない"という気持ちは、
時に冷静で居られなくなるというか、
少し形を壊してしまう所もあって、
例に漏れず僕も壊したくなったって事ね。きっと。


BIGMAMA   金井政人
by emm_bigmama | 2013-04-08 20:59 | Comments(30)