MASATO KANAI (from BIGMAMA) OFFICIAL BLOG

2002年東京にて結成。バイオリンを擁した5人編成のロックバンド。
2006年UK PROJECT内RX-RECORDSにて7月5日にミニアルバム「short films 」(RX-006)を発表。
同年10月、メンバーの脱退によりしばらくの間、活動を休止。
2007年2月10日恵比寿LIQUID ROOMにて新メンバー安井 英人(bass)、東出 真緒(violin)を迎え活動を再開。
2007年6月6日に3曲入りのシングル「BOYS DON' T FLY」(RX-011)、9月5日に2曲入り限定シングル「Neverland」(RX-013 Sold out)、 そして、待望の1stフルアルバム「Love and Leave」(RX-015)を発表し、25000枚以上のセールスを記録。
2008年9月17日には3rdシングル「Weekly Fairy Tale」(RX-022)をリリースし、オリコンインディーズチャート1位、オリコンシングルチャート初登場43位を獲得。
そして待望の2nd Album「Dowsing For The Future」を12月3日にリリースし、全国ツアー「ここ掘れワンワンツアー2009」を大成功させる。
2009年11月4日3rd Album「and yet it moves~正しい地球の廻し方」リリース。リリースツアーもSOLD OUT続出で、ファイナルの赤坂ブリッツを即日完売。
2010年10月にはロックとクラシックを融合させたコンセプトアルバム「Roclassick」をリリース。全曲ミュージックビデオを撮りおろすなど話題を呼び、オリコンウィークリーチャート初登場17位を獲得。
リリースツアーも大盛況で、12月25日のクリスマスには初の席有りホールライブを九段会館で行った。
2011年3月30日に渋谷AXで行われた「Roclassick」リリースツアーのグランドファイナルもチケットが即日完売。
5月08日には、BIGMAMAだけに母の日に自主企画兼チャリティーダブルヘッダーライブを行った。
7月に「秘密とLucy」、9月に「#DIV/0!」と初のLIVE DVD「〜母と行く、魅惑の映像世界の旅~」をリリース。
そして、2012年に4th ALBUM「君がまたブラウスのボタンを留めるまで」をリリース。



RELEASE INFORMATION
BIGMAMA
4th ALBUM
『君がまたブラウスのボタンを留めるまで』

2012.01.25 Release
RX-055 /
¥2,940(tax in)

〈収録曲〉
1. beautiful lie, beautiful smile
2. #DIV/0!
3. 最後の一口
4. until the blouse is buttoned up
5. 荒狂曲"シンセカイ" ~orchestra編~
6. Zoo at 2 a.m.
7. "Thank You" is "Fxxk You"
8. アリギリス
9. I'm Standing on the Scaffold
10. 週末思想 
11. 秘密
12. 母に贈る歌

BIGMAMA
3rd ALBUM
『秘密とLucy』

2011.07.06 Release
RX-048 /
¥1,050(tax in)

〈収録曲〉
1.秘密
2.Lucy


BIGMAMA
3rd ALBUM
『and yet, it moves
~正しい地球の廻し方~』

2009.11.4 Release
RX-032 /
¥2,520(tax in)

〈収録曲〉
1.Overture
2.かくれんぼ
3.I Don't Need a Time Machine
4.as one(2009/7/22)
5.No Way Out
6.Lovescape
7.Where's The Ring?
8.Accelerate
9.Broken Apart
10.The Right
11.ダイヤモンドリング(2035/09/02)
12.Roll It Over

<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
"Jeffrey Campbellのスケートシューズで"の"で"
BIGMAMA×Jeffrey Campbellのイベントが発表になりました。
僕が勝手にタイトルに付けてしまったのをきっかけ知り合い、
今度は逆に是非ライブをして欲しいとオファーを頂くまさかの展開、
本当に嬉しい限りです。

今回のスペシャルライブというのは、
実はJeffrey Campbellのいう靴のブランドの新作の展示会も兼ねてまして、
いや、というかむしろ本題はそっちなんだけど。

展示会とはブランドが発売前の実際に商品を手にとって見てもらう、
より身近なファッションショーみたいなものです。
当日はその展示の一部としてライブ演奏をさせて貰います。
なので人数の制限やらドレスコードやらいつもと違う部分があります、ご理解頂きたい。

いやはやどうなることやら僕にも全然わからないし(笑)、
来てくれる皆と一緒にドキドキしながら当日を迎えると思うんだけど、
ラブレターに素敵な返事貰ったようなものなのでね、
愛には愛で〜とSAY YESな精神でさらにそれを上回って返そうと思います。はい。

"Jeffrey Campbellのスケートシューズで"

ここでセルフライナーノーツ2本目。
今回は曲のタイトルにしては長ったらしい、
この曲のタイトルについてです。

この曲は家でギターを弾いて作曲している段階から、
何故かスラッと背の高い女性がかっこ良くヒールを鳴らしながら歩く姿が浮かんできまして。
自然と、オシャレ、ファッション、みたいな言葉がこの曲の彩る、
キーワードな気がしてなりませんでした。

あなたが思い浮かぶ一番オシャレな本や映画のタイトルって何ですか?
あなたが思い浮かぶ一番オシャレな言葉は何ですか?

オシャレって何だろう。うーん。
そこで僕の場合真っ先に思い浮かんだのは、

"ティファニーで朝食を"

でした。映画の内容は置いといて。単純にことばの響き。
だって只でさえオシャレな"ティファニー"、
そこで"朝食"なんか、よくわかんないけどめっちゃオシャレっぽいじゃん(雑)。
当時TS○TAYAの店員として働いている時に目にした何万本と並んでいるDVDコーナーの中でも、
ひときわ秀逸で目を引くタイトルでした。僕の中で。まぁ中は見た事無かったんだけど。

そして何故オシャレだと感じたのか、
実はもうひとつポイントがあって、

ここで僕が注目したのは、助詞である"を"の存在である。
一見しただけでは最後尾に金魚のフンのようについている"を"の存在である。
仮にこの"を"を外してみよう。

"ティファニーで朝食"

なんか味気ない。なんかオシャレじゃない。。。
"松屋で朝定"、"フォークダンスde成子坂"、
この言葉のイメージだといくらティファニーであろうと、思い浮かべると目玉焼きが出て来てしまうというか。※否定している訳ではないです、美観の話ですあしからず。
ここでやはり"を"を戻してみよう。

"ティファニーで朝食を"

うん、しっくりくる。なんかちょっとおしゃれやん。
男女間の会話に聴こえるやん。
その先に含み、というか可能性を持たせるやん。

これを応用してみよう。
"Jeffrey Campbellのスケートシューズ"
だと主役が靴の話として完結するのだけれど、
"Jeffrey Campbellのスケートシューズで"
と助詞"で"を付けると、
で、この後どこへ行こう、みたいな感じにもなるし、
プレゼントこの靴"で"どうよ?みたいなニュアンスもでるし、

はっ、、助詞がめっちゃ仕事してるやん!!!
はっ、、"を"と”で”がめっちゃ仕事してるやん!!!
思わずネイティブでもないのに方言を連発してしまうくらいの個人的大発見をした瞬間でした。(ん?俺だけ?)

全く楽曲とは関係無い話ですが、
こんな風にタイトルを考えることもあるんですよー。的な。
明日は名古屋だ!いってきます〜。

BIGMAMA 金井政人
by emm_bigmama | 2013-03-29 01:54 | Comments(35)
帰って来たセルフライナーノーツ"awasekagami"編
いや、広島のMUSIC CUBEの事やら、東京マラソンやら、試聴会やら書くべき事は溜まりに溜まっている気がするのだけれど、無事アルバムも発売された事だし、
まずは優先してアルバムの曲について順に書いていこうかしらと。

ということで、セルフライナーノーツ復活。

僕らの歌詞カードにはまぁ毎回なにかしら余計なものがついておりまして。
他のメンバーやスタッフの主義や嗜好もあってライナーノーツみたいな形にするのは辞めて、
今は粘って巡り巡ってエッセイの形で入っているんだけれど(笑)、
次はどんな形にするか考え中ー。
というわけで、曲の成り立ちや思惑についてつらつらとここで書いていけたらと思っています。


"awasekagami"

これは"君想う"が仕上がった後に、
イントロ欲しいなーと思って作った曲。
最初にあるけど、アルバムの最後の最後に作った曲。

いつか美術館に行った時にそりゃあもう綺麗な万華鏡があってさ、
いつかこれを音楽にしてみたい、そんな風に思ってさ。
でもそれが、ずっと技術的になかなか上手く出来なかったんだけど、
ここに来てようやく、
そのイメージのまま形にする事が出来ました。

合せ鏡ってさ、見てはいけないもの、
触れてはいけないものみたいに、都市伝説的な話でマイナスイメージのある言葉だと思うんだけど。悪魔とか妖怪呼んじゃうみたいな。
どこまでも奥深く、そして継続的に同じ景色が続いていくんだ。
迷宮に迷い込んだみたいに。
みんな見た事ありますか?

二人の人間がいてさ、
仮にそれが"僕"と"君"だとして、
お互いにとってそれぞれは"鏡"であると思うのね。
どちらかが笑えば、つられても笑う事もあるだろうし、
泣き出せば自然と悲しくもなるだろうし、
怒っていたら一緒にうおーってなるかなだめるかどっちかだろうけど、

アーティストにとってのファンも鏡だという話もよくあるね。
それも確かにそうだとも思う。
逆にみんながいて今の自分達がどんどん作られていったとも思っているし。

お互いにとってそれぞれが"鏡"だとして、
2枚の鏡が向き合っていたとしら、
そこは"awasekagami"となっているわけであって。

人間がより豊かな人生をおくる秘訣は、
自分以外の人間とどれだけ深いコミュニケーションをとれるか、
だと思っている。

鏡一つだと見えないけれど、
鏡を二つ合わせるとどこまでも奥深く世界は続いていくよ。
そこには何が映っていますか?
1人でいると気付かない事に、
2人でいると気付けるかもしれないよ。

皆さんの前に堂々と立てるように、
もっともっと自分という鏡を磨いておかなくては、
日々キュッキュキュッキュ磨くのに必死です。
キュッキュキュッキュ。

BIGMAMA 金井政人
by emm_bigmama | 2013-03-18 22:21 | Comments(36)
今想う、正直な気持ち
このまま寝て目が覚める頃には、
早い所では新しいアルバムがCDショップに並ぶだろう。

毎回この日だけはどうしようもなく不安になるんだけど、
今日はどれだけお酒を飲んでも全然酔えなくてさ(笑)、
それでいてさらに寝付く事も出来なくて勢いでこのブログを書いている。
ので酔っぱらいの戯れ言と思ってもらって構わないす。

今思えば前回のアルバムを作り終えてから、
毎日このアルバムの事を考えていた。
映画を見たって、本を読んだって、友達と話をしていたって、
何かそこにヒントが無いかと探していたし、このアルバムの事を忘れた日は一日も無かった。

でも24時間×365日、寝ている時間以外、アルバムの事を忘れずにいたとしても、
それを苦労したとか苦痛に感じたとは実は思ってなくて。
多分その苦労は自分の中でもう当たり前の事になっていて、
それくらい"生きる"という事と、"仕事"がほぼほぼ重なってきたというか、
そこに音楽が自然と空気のように存在しているような状況の中で、
今はただ一生懸命生きる事が、良くも悪くもより"仕事"になっているような感覚。

目が覚めたら、
自分の人生が変わっているのではないか。
このアルバムが、
自分の人生を変えてくれるのではないか。

毎回発売前の夜にはそんな事を思う。
実際発売日一日でそんなに事が大きく変わるわけもないのだけれど、

悔しくて悔しくて後悔だらけの自分の人生が、
誰よりも情けない当たり前の平凡な人生が、

目が覚めたら、
変わっているのではないか。
このアルバムが、
変えてくれるのではないか。

そう思わずにはいられない。そう願わずにはいられない。

沢山の人に届いて欲しいと思う。
好きなものは自分の中だけで閉じ込めておきたいの、的な話は百も承知なのだけれど、
もし素晴らしいと思ってくれたら廻り全員に聴こえるくらいに叫んで欲しいと思ってる(いや、叫ばないでいいけど)。
僕は音楽を"仕事"として続けていきたいし、
今更趣味にするには寂しいし、何より今は僕に人生を預けてくれている大切な仲間達が沢山いる。
そのクオリティを保っていくためにはやはり結果を残さないといけないわけで。

そしてより深く届いて欲しいと思う。
もともと何一つ取り柄や目標や生き甲斐の無かった人間です。
そんな僕に、
どんな勘違い野郎ととられても構わないすけど、
日本中に愛される曲を書く、
日本中に愛されるバンドになる、なんて夢を与えてくれたのは、
他の誰でもなくライブハウスに遊びに来てくれる、
君達でした。
CDを買って聴いてくれている、
君達でした。
間違い無く君達がいたからです。
BIGMAMAというバンドに出会ってくれてありがとう。
僕らの音楽に出会ってくれて本当にありがとう。

自分なりな"損せず賢く人生を豊かに生きるコツ"を散りばめておきました。

また新しいアルバムで沢山の"君"に出会えますように、
沢山の”君”の人生が豊かになりますように。

君想う、故に我在り。


BIGMAMA 金井政人
by emm_bigmama | 2013-03-12 05:02 | Comments(77)