MASATO KANAI (from BIGMAMA) OFFICIAL BLOG

2002年東京にて結成。バイオリンを擁した5人編成のロックバンド。
2006年UK PROJECT内RX-RECORDSにて7月5日にミニアルバム「short films 」(RX-006)を発表。
同年10月、メンバーの脱退によりしばらくの間、活動を休止。
2007年2月10日恵比寿LIQUID ROOMにて新メンバー安井 英人(bass)、東出 真緒(violin)を迎え活動を再開。
2007年6月6日に3曲入りのシングル「BOYS DON' T FLY」(RX-011)、9月5日に2曲入り限定シングル「Neverland」(RX-013 Sold out)、 そして、待望の1stフルアルバム「Love and Leave」(RX-015)を発表し、25000枚以上のセールスを記録。
2008年9月17日には3rdシングル「Weekly Fairy Tale」(RX-022)をリリースし、オリコンインディーズチャート1位、オリコンシングルチャート初登場43位を獲得。
そして待望の2nd Album「Dowsing For The Future」を12月3日にリリースし、全国ツアー「ここ掘れワンワンツアー2009」を大成功させる。
2009年11月4日3rd Album「and yet it moves~正しい地球の廻し方」リリース。リリースツアーもSOLD OUT続出で、ファイナルの赤坂ブリッツを即日完売。
2010年10月にはロックとクラシックを融合させたコンセプトアルバム「Roclassick」をリリース。全曲ミュージックビデオを撮りおろすなど話題を呼び、オリコンウィークリーチャート初登場17位を獲得。
リリースツアーも大盛況で、12月25日のクリスマスには初の席有りホールライブを九段会館で行った。
2011年3月30日に渋谷AXで行われた「Roclassick」リリースツアーのグランドファイナルもチケットが即日完売。
5月08日には、BIGMAMAだけに母の日に自主企画兼チャリティーダブルヘッダーライブを行った。
7月に「秘密とLucy」、9月に「#DIV/0!」と初のLIVE DVD「〜母と行く、魅惑の映像世界の旅~」をリリース。
そして、2012年に4th ALBUM「君がまたブラウスのボタンを留めるまで」をリリース。



RELEASE INFORMATION
BIGMAMA
4th ALBUM
『君がまたブラウスのボタンを留めるまで』

2012.01.25 Release
RX-055 /
¥2,940(tax in)

〈収録曲〉
1. beautiful lie, beautiful smile
2. #DIV/0!
3. 最後の一口
4. until the blouse is buttoned up
5. 荒狂曲"シンセカイ" ~orchestra編~
6. Zoo at 2 a.m.
7. "Thank You" is "Fxxk You"
8. アリギリス
9. I'm Standing on the Scaffold
10. 週末思想 
11. 秘密
12. 母に贈る歌

BIGMAMA
3rd ALBUM
『秘密とLucy』

2011.07.06 Release
RX-048 /
¥1,050(tax in)

〈収録曲〉
1.秘密
2.Lucy


BIGMAMA
3rd ALBUM
『and yet, it moves
~正しい地球の廻し方~』

2009.11.4 Release
RX-032 /
¥2,520(tax in)

〈収録曲〉
1.Overture
2.かくれんぼ
3.I Don't Need a Time Machine
4.as one(2009/7/22)
5.No Way Out
6.Lovescape
7.Where's The Ring?
8.Accelerate
9.Broken Apart
10.The Right
11.ダイヤモンドリング(2035/09/02)
12.Roll It Over

<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
大阪ひとりキャンペーンからの福岡F-X

年末に大阪に行ったばかりなのに、
何だか久しぶりなような感覚になってきたのは、
それだけ大阪が自分にとってホームになってきたからなのかなぁ、
ていうか日本全国の距離が(心の中で)近づいてきているのかなぁ、なんてふと思った。

行きの新幹線の中で駅弁を食べながら、総長と二人、
真面目な話3割、どうでもいい話6割、あとの1割はご想像におまかせします。

大阪に到着して、インタビューや撮影や、ラジオ局のみんなに再会。
大阪でもBIGMAMAを応援してくれる、信頼出来る仲間が増えて来た事を単純に嬉しく思う。

それぞれ思い思い今回のアルバムの感想を伝えてくれるのだけれど、
みんな笑えるくらい"この曲が良い!!"と言ってくれる曲がバラバラ過ぎて、
まぁポジティブに粒ぞろいなんだな、と捉える事にしてます(笑)。

特に今回心に残ったのは、
FM802でBIGMAMAの特集を組んでもらってさ、
「金井政人について3人の人間が語る」
みたいなコーナーがあって、本当にサプライズで何も知らされてなくて、
・BIGMAMAの果物っぽい名字の人と、
・レーベルのボスっぽい人と、
・お酒っぽいバンドのボーカルの人、がコメントを寄せてくれて、
なんか良くわかんないだけど、多分上手に隠したけれどうっかり泣きそうになった。
その後の歌声が震えていたらそういう事。
番組の詳細はのちのちきちんと発表されると思うので是非聴いて下さい。あー緊張した!

そして、翌日は福岡へ!
空港についてみんなと合流し、そのままZEPP福岡へ。
ケータリングのとんこつラーメンに群がるRX御一行。

久しぶりのライブ、すげードキドキしたし、うずうずしました。もぞもぞしました。
実はこっそりトラブルもありながらだったんたけど、
それすら楽しめたし、
頂いた時間内に、完全燃焼出来たのが自分としては凄く良かったと思ってる。
(明日マラソンの事をきちんと忘れて(笑)、目の前のライブに集中しきれた!!)

ここでワンマン出来るように、もっともっと福岡で良い音を鳴らしていこう。

F−Xは福岡に必要なイベントだと思うよ。
どうか福岡のみんなで育てて、愛してやって下さいね。
僕らBIGMAMAはいつだって力を貸したいと思ってます。
主催のBEAの皆さん、Misumiさんありがとう!

そしてライブ終わりでそのまま空港へ、
ちきしょー福岡でのんびりしたかったぜ!!!!
と心の中で叫びながら東京に戻る。なぜなら東京マラソンが待っているから、、、

よし、取材に撮影に行って来ます!続きは帰ってから書くね。


BIGMAMA 金井政人
by emm_bigmama | 2013-02-26 13:41 | Comments(34)
人の事"雰囲気イケメン"とか言ってる奴はその時点でだいたい"性格ブス"
新しいアルバムから少しずつ曲がラジオでかかりはじめて、
わりとドヤ顔でそわそわしています。ドヤっ。
(でも実はあの曲はあそこからあんな風に繋がってうわーっとなって、、、)
みたいな事を思ったりするけれども、それはまぁアルバム発売してからのお楽しみという事で。

でも今回はリード曲っていうか、オススメ曲みたいなものが、
良い意味でなかなか決まらなくってさー。
今までで一番みんな迷ってたし、意見も割れてた。お尻も割れてた。
基本的に僕は自分の曲を客観的に見れないし、
順位も上手に付けられないので、
そういうのは周りのスタッフにほぼ丸投げしてしまうんだけどね。

今回には特に、、
てか、PVまだ迷ってるんじゃないかな(笑)?

まぁどれにしたって自信はあるから良いんだけどね。
自分達の好きな音楽を十二方向で形に出来たと思っていて、
全曲でチャレンジしているし、でも全曲王道のつもりだし、
まぁこういうのは説明しても無駄なので、
早く皆の耳にアルバムが届くのを楽しみに待ってます。
好きか嫌いか、ただそれだけで良いし、それを決めるのは聴いてくれたみんなの権利。

そして今回は試聴会までさせて貰えて嬉しい限り。
試聴会の前に"プレミアム"ってついてるからにはプレミアムな事は用意するつもりです。
パルムの口溶けの良いチョコのようなイメージですね(どんな)。
それと来てくれた人にちょっとばかし手伝ってもらいたい事があるんだ今回は。
是非力を貸して下さい、よろしくお願いします。

そうそうー今日練習スタジオの隣の部屋に入っていた男の子達にさ、
声を掛けてもらって凄く嬉しかった。
ビックリしたので、完全に俺挙動不審だったと思うけど。
(昨今のロック界の挙動不審さで言ったらART-SCHOOLの理樹さんかBIGMAMA金井政人かどちらかだそうです、笑)。
彼らに恥じないように良い音を鳴らさなくては。

遠くで見ても、近くで見てもカッコいいバンドになりたいね、
そんな事をリハしながら思った。
そんで新しい曲は抜群にライブ映えしそうな気がして、ちょっとニヤニヤしてしまった。
もう自分達だけののものじゃなくて、早くみんなものにしたい。うずうず。うーずーうーずー。


タイトルは学生時代、隣のクラスの女子を泣かせてしまった一言。
良い子はまねしないように。

というわけでおやすみ、もしくはおはよう。
みんながまた素敵な一日を過ごせますように。

BIGMAMA   金井政人
by emm_bigmama | 2013-02-19 03:36 | Comments(49)
中学生、高校生のみんなに
僕らの音楽は届いているのかな?

インタビューの最中にふとそんな事を思った。
もしかしたら自分が音楽を聞いて、楽しんで、そして救われ、
一番純粋にのめり込んでいたのは、
"中学生"から、"高校生"にかけてだったのかもしれない。
(やはり今では"楽しむ"というより"向き合う"という言葉の方がどうしてもしっくり来てしまうし。)

朝起きたら学校に行く前にまずコンポのスイッチを入れてたっけな、
受験に行く前は一番好きな曲を聴いたっけな。
クラスの誰かがこのCD良いんだよ、って持って来たのをああだこうだ言い合ったな。
好きな子に振られた時にはこの曲聞いて泣いたっけな。
怪我をして入院した時に友達が沢山CDを持って来てくれたっけな。
好きなアーティストの好きな歌詞を机に落書きしたっけな。


申し訳ない事に僕の場合まだまだ完成していないんだけれど、
"自分らしさ"の骨組みを作り上げていったその思春期の時期に、
僕は音楽を通じて沢山の言葉を教わっていて、
沢山のきっかけをもらっていて、
背中を押してもらっていて、

アルバムのインタビューで色んな事を話していくうちに、
僕はきっかけになりたい、と言っていて、
僕らの音楽はそこまで届いているのかな?と思った。

無論、大学生や社会人や、それ以上、それ以下のみんなに対しても、
同じようにきっかけになれるような存在でありたいと思ってるよ。

でも、どうしてもそんな自分と重ねてしまってさ、
中学生の、高校生のみんなに、

僕はその言葉を紡ぐ事が出来ているのかな?
僕はそのきっかけになれているのかな?

あまり実感は無いし、もっともっとチャレンジしたいな、させてよ、とそう思った。
帰り道スタッフとそんな話をしながら、じゃあどんな事が出来るのかなぁなんて考え中。
なんだろね、うーん。何があるかな?

僕の場合好きなCD持ってって、放送部の奴に頼み込んで好きな曲を延々とかけさせた事もあったなぁ。今でもそういう事出来るのかなぁ。

出来れば直接会える方がいいなぁ。
そういや高校生の時、僕は文化祭の実行委員長だった事がある(理由はただ思い通りにライブをしたかっただけなんだけど。)。四月になってさー、学年が変わってさ、もしBIGMAMAの事を好きなみんながさ、実行委員になったとしたら、試しに呼んでみてもらえたり出来るのかな?
みんなで楽器を持って歌いに行けたらなぁ。

もっともっと考えるね。うーん。


BIGMAMA 金井政人
by emm_bigmama | 2013-02-10 18:48 | Comments(129)
BIGPAPA誕生秘話。
いや、秘話ってほどのものでもないか。
冒頭から全否定ですが、
まずはこのご時世、追加公演が出来るとはありがたいもんだ。
母の日ZEPPも座席指定のTDCもどちらも沢山の応募を頂いたようで。
※アルバムの封入や、一般発売の分も残しているのでまだの方は是非。どちらもマストよ。

どのくらいありがたいかと言うと、想像するに、
口元についていたナポリタンを"うふふ、しょうがない人ね"と檀蜜に拭いてもらえる
くらいありがたいと思われます。うん。

本当に少しずつかもしれないけど、
僕らのライブを求めてくれる方々が年々増えてきてくれている事は、
僕自身単純に凄く嬉しいし、
自分達の音楽、楽曲もきゃっきゃっと喜んでくれているような気がしてならないです。



先日ツアースタッフから追加公演をしたらどうだい、との打診を受けた際に、

”日にちはいつですか?”

"TDC座席指定の翌日、次の日も空いているらしくてね。父の日だよ。"


…。


……。


………。


"その日だけバンド名変えていいですか?"

海砂利水魚がくりいむしちゅーになったように、バカルディがさまぁ~ずになったように、
日頃からわりと新曲が出来る度にバンド名を変えたくなる私、
ここがチャンスと睨んでこっそり本領を発揮、
ただ父に日にちなんだものにしようね。うーん。そうですかー、うーん。

以上のようなざっくりした流れで、BIGPAPA誕生。おぎゃー。

新しいアルバムも新しい音が鳴ってるからさ、
時折他のメンバーはギャグで、僕はいつもわりと本気でバンド名を考えます(笑)。

最近の一押しは、
and more(アンドモア)
各地のイベントに、呼ばれてるんだか呼ばれてないんだか、究極に紛らわしい所がチャームポイントです。
最終発表です!と言われた日にもand more…。


まぁ、みんながいて、そこで自分達の好きな曲歌えたら何でも良いんだけどね。

でももし今5人が出会ってバンドを組んだとしたらどんな名前をつけてたのかなー、
それはわからんなー。
みんなはもしバンド名をつけるとしたらどんな名前を付ける?

BIGMAMA   金井政人
by emm_bigmama | 2013-02-09 05:36 | Comments(37)
"君想う、故に我在り"

2012、年が明けて通称"君ブラ(※君のブラジャーの略ではありません)"が完成し、後は発売を迎えるという状況で、
それでも気が早く自分がその後どういう方向でバンドを進めたいか、メンバーやスタッフに一方的に送りつけたメールがある。
そして、それには次のアルバムは"君想う、故に我在り"というタイトルで考えています。と書いてある。ノストラダムスもデスラーのよりも真っ青な、今じゃまるで予言のようなメールだ。
(いや、まぁ自分がやっているので予言もクソも無いのだけれど。)
その過程で他にもいろんな言葉が候補として頭の中を横切ったけど、結局それは変わる事は無かった。

風船夫婦も、ジェフリーも、それを考えて作ってあるから、
シングルを買ってくれた人はアルバムがもっと楽しめる?いや楽しいわけじゃねーか。うーん、味わえるようになっていると思う。

そして5月に限定で出したシングル"母に贈るCD"に入っている、"新曲"の事を、
"君想う〜"というタイトルで、皆さんの前で歌った事があるのですが、
その曲とは、全く別の曲です。
いや、全く別ってことは無いや、本質的には同じ事を歌っているから。
つまりは、"君想う、故に我在り"というタイトルの曲は一応2つあるわけです。
(ややこしくなってすまんな、それはまぁツアーのお楽しみという事で。)

でも新しく出来上がった曲を聴いて、このタイトル以外無いなぁ、無理だな、と思ってしまって。
バンドの歴史をどうこう言うつもりは無いけれど、
初めてBIGMAMAの代表曲が書けたんじゃないかな、と僕はそう思ってます。

全部を疑って疑って疑って、
自分が考えている事すらも信用出来なくて、
ただ目の前にいる"君"の事しか信用出来ない哀れな男と、

全部を信じて信じて信じて、
その結果自分の気持ちが分からなくなってしまって、
ただ目の前にいる"君"の元で壊れ行く女の、

"明日"に置き去りにされながら、
"昨日"に追いつかれそうになりながら、
それでも”今”を生きようとした、
二人の記憶の物語です。

"君想う、故に我在り"

よろしくお願いします。

BIGMAMA   金井政人
by emm_bigmama | 2013-02-04 00:22 | Comments(66)