MASATO KANAI (from BIGMAMA) OFFICIAL BLOG

2002年東京にて結成。バイオリンを擁した5人編成のロックバンド。
2006年UK PROJECT内RX-RECORDSにて7月5日にミニアルバム「short films 」(RX-006)を発表。
同年10月、メンバーの脱退によりしばらくの間、活動を休止。
2007年2月10日恵比寿LIQUID ROOMにて新メンバー安井 英人(bass)、東出 真緒(violin)を迎え活動を再開。
2007年6月6日に3曲入りのシングル「BOYS DON' T FLY」(RX-011)、9月5日に2曲入り限定シングル「Neverland」(RX-013 Sold out)、 そして、待望の1stフルアルバム「Love and Leave」(RX-015)を発表し、25000枚以上のセールスを記録。
2008年9月17日には3rdシングル「Weekly Fairy Tale」(RX-022)をリリースし、オリコンインディーズチャート1位、オリコンシングルチャート初登場43位を獲得。
そして待望の2nd Album「Dowsing For The Future」を12月3日にリリースし、全国ツアー「ここ掘れワンワンツアー2009」を大成功させる。
2009年11月4日3rd Album「and yet it moves~正しい地球の廻し方」リリース。リリースツアーもSOLD OUT続出で、ファイナルの赤坂ブリッツを即日完売。
2010年10月にはロックとクラシックを融合させたコンセプトアルバム「Roclassick」をリリース。全曲ミュージックビデオを撮りおろすなど話題を呼び、オリコンウィークリーチャート初登場17位を獲得。
リリースツアーも大盛況で、12月25日のクリスマスには初の席有りホールライブを九段会館で行った。
2011年3月30日に渋谷AXで行われた「Roclassick」リリースツアーのグランドファイナルもチケットが即日完売。
5月08日には、BIGMAMAだけに母の日に自主企画兼チャリティーダブルヘッダーライブを行った。
7月に「秘密とLucy」、9月に「#DIV/0!」と初のLIVE DVD「〜母と行く、魅惑の映像世界の旅~」をリリース。
そして、2012年に4th ALBUM「君がまたブラウスのボタンを留めるまで」をリリース。



RELEASE INFORMATION
BIGMAMA
4th ALBUM
『君がまたブラウスのボタンを留めるまで』

2012.01.25 Release
RX-055 /
¥2,940(tax in)

〈収録曲〉
1. beautiful lie, beautiful smile
2. #DIV/0!
3. 最後の一口
4. until the blouse is buttoned up
5. 荒狂曲"シンセカイ" ~orchestra編~
6. Zoo at 2 a.m.
7. "Thank You" is "Fxxk You"
8. アリギリス
9. I'm Standing on the Scaffold
10. 週末思想 
11. 秘密
12. 母に贈る歌

BIGMAMA
3rd ALBUM
『秘密とLucy』

2011.07.06 Release
RX-048 /
¥1,050(tax in)

〈収録曲〉
1.秘密
2.Lucy


BIGMAMA
3rd ALBUM
『and yet, it moves
~正しい地球の廻し方~』

2009.11.4 Release
RX-032 /
¥2,520(tax in)

〈収録曲〉
1.Overture
2.かくれんぼ
3.I Don't Need a Time Machine
4.as one(2009/7/22)
5.No Way Out
6.Lovescape
7.Where's The Ring?
8.Accelerate
9.Broken Apart
10.The Right
11.ダイヤモンドリング(2035/09/02)
12.Roll It Over

<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
僕がバースデーソングを書く理由
実はこの職業で、この年齢になって、
自分が一番みっともないなぁと思う瞬間は、
"冠婚葬祭"の"葬"の時です。

そもそも一年のうちの7~8割くらいの土日は、何かしら替えのきかない状況になっていたりするので都合がつかない場合がほとんどだし、(電報を打つのは慣れましたわ。)
仮に行ける状況になったとして、
なんというかめでたい祝いの席では少し誤摩化せるというか、着崩していっても許されると思っているんだけど、ここで問題なのはそう、"葬"の時。
流石に着崩すわけにはいかないわけで、それはちょっと気が引けるわけで。
明るすぎる髪の色は何だかとっても間抜けに見えてしまって。
そうして日頃全く着慣れていないスーツに袖を通してはあまりの似合わなさに愕然とし、鏡の前でみっともないなぁ、なんて思うわけです。自意識過剰とかそういう次元でなくてさ、なんかさ制服とかスーツって着慣れないと馴染まないじゃん?
(ミュージシャンとしての自分を理解してくれていると思っている方だった場合、黒系のセットアップで行ってしまったりもするんだけどね。。)

例に漏れず到底似合いもしないスーツに袖を通して、
手ぶらで行くのも何だなと思って手土産に自分のCDとDVDを買って、
年忌法要に向かった。
久しぶりに会う面々に、
「最近テレビで見たよ~。(多分人違い)」
「まだミュージシャンなんてやってるの?」
なんて好き勝手適当な事を言われながらも、
久しぶりの再会はタイムスリップ出来るある種アトラクションのようで、
その懐かしさは現実の息苦しさみたいな閉塞感を少し忘れさせてくれた。

帰り道が同じ方向の人を捜してタクシーに乗り込み、
後部座席で自分が最後の1人になった時に、
そこで今日の事を改めて思い返してみると、
やっぱりそこに"1人"欠けているという事と、
その遺影がいつまでも若いままで自分ばかり歳をとっている事に気付いてしまって、
"生きているうちに会っておくべきだったなぁ。"
"似合わないスーツ姿を見せるんじゃなくて、今だったらライブを見に来て欲しかったなぁ。"
なんて、様々な角度から後悔が積み重なっていく。
そういった後悔が層を成して、重みも増して自分が沈み込む前に、
僕は自分が浮上するきっかけを只作りたかっただけかもしれないなぁ、と今ではそう思う。

死んでから何度も何度も集まるよりも、
例えクソじじいになっても、クソばばあになっても、
僕は生きているうちに生きている事を喜び合って生きていたいなと思いました。

じゃあ生きているうちに会っておくべきだとしたら、それは"いつ"なんだろう?
実際の所いつでも良いのだろうけど、
普通に仕事してたら毎週・毎月ってわけにもいかないし、
何かきっかけがないと集まりにくい。
きっかけってのはやっぱり記念日的なものだろうか。
だとしたらお正月、クリスマス、七夕、バレンタインデー、
まぁ色んな記念日があるけれども、

そこはやっぱり"誕生日"がいいなと思いました。
その人がこの世界に生まれて来た"その日"こそ、
一年の中で一番"愛しい日"であって欲しいなと思いました。
そしてそれが例え3月11日だとしても、9月11日だとしても、
それは一年の中で一番"愛しい日"として祝うべきだと思いました。

テレビを付けても、ネットを開いても、
このご時世明るい話題なんてものは1割にも満たなくて、
経済成長率が何%成長してますと言われても全く持って実感は湧かないし、
私利私欲に塗れた意地の張り合いや、他人の揚げ足取りや、
時間稼ぎの使い回されたものばかり目にしてるような気分で、
何だかプラスマイナスの収支で言ったら世界が毎日少しずつ不幸に向かっているように感じてしまいがちなんだけど、
でもそんな"今日"も何処かの誰かが"誕生日"なわけであって、
きっとそこで誕生日パーティーなんてものがあったとして、
そこで誰かが嬉しそうに笑っている。
そんな風に考えていたら、
何だかほんのちょっとだけ世界が明るく見えたんですよね。

そして僕は巡り巡って今ミュージシャンな訳であって、
長くなりましたがざっくりそんな理由でバースデーソングを書きました。
何処かの誰かの誕生日をもっともっと祝っていたいと思いました。

そのバースデーソングがなんでこんなタイトルになったかと言いますと(笑)、
それはもう本当になんとなくというか、
完全に一目惚れだったんですよね。
素敵だなぁと思う靴があって、
こんな靴を誕生日にプレゼントしてみたいなぁと思っただけなんで。

という事で乞うご期待。
『Jeffrey Campbellのスケートシューズで』

迫り来るyour birthday
何が欲しいの?
お決まりの"as you like"
試さないでよ
but i know, it's for you
I found a skate shoes
you know? it's for you
a lovely Campbell shoes
you'll be mine

君は優雅に階段から降りてくる
僕はそれを嬉しそうに見上げている
これはきっと夢じゃない
さぁ踊ろう 誰の目も気にせずに
今日は一年で一番愛すべき日なんだよ

素敵なwrapping and ribbon
開けても良いかしら?
少しはにかんで鏡の前でポーズ
but I know, it's for you
I found a skate shoes
you know? it's for you
a lovely Campbell shoes
you'll be mine

お金も無い 友達もそんなに多く無い
おまけに顔まで貧乏臭い
それでも僕は君を
世界で2番目に幸せにしてあげられる

Happy birthday to you!

BIGMAMA  金井政人
by emm_bigmama | 2012-10-24 12:09 | Comments(103)
簡単って難しい
簡単って難しい。

ふいー何度でも決意しよう。あたいちゃんとブログ書く。

こうしてブログを書く事が久しぶりになってしまっているという事は、
1 怒濤の日々で毎日が充実している証拠
2 人生が若干後手後手にまわっている

大概はこのどちらかなんだけど、うーん、どっちもかな。
でもこの心地の良い疲労感は悪いものではないし、いずれ達成感と呼んでいそうな気がする。

今はね、思い浮かんでいるアイデアを簡単にする、という事が難しい。

そもそも僕自身、仕事柄取材やら何やらで自分の考えを人に伝える際に、
理屈っぽく屁理屈を重ねてしまうのもあって、
デフォルトで難しい方なんですね、なんて構えられてしまったり、面倒くさいやつ何だろうなーなんて警戒されてしまうことがある。


自らをフォローする訳ではないが、

そんな事無いからね!!!そんな事無いんだよ!!!!

僕は自分の事を
"こんなに人間っぽい人いないじゃないか"と、
この2.5枚目くらいの微妙な顔の作りでわりと真顔でそう思っている。
えなりかずきが渡る世間は鬼ばかりにて、
"そんな事言ったってしょうがないじゃないか"と、
ため息まじりに吐き捨てる台詞のテンション感で読んでもらうと具合がいい。

まぁそりゃそうだ人間代表は誰にとっても自分自身そのものだ。


でもそこんとこはもう流石に良い大人なので、
小一時間いただければ大体の人には分かって頂ける。
そういった誤解はすぐ溶ける。ビバ雪解け。

そうしてもう少し踏み込んで来て下さった方はみんなこう思うのだ。

"何だ本当は凄く素直な人なのね!!"

そうそうそう、グッジョーブ。よーしよしよし、どうどうどうどう。
自分を理解してもらいたければ、
なるべく本音を隠さない事が大切なのである。

ただこの話はここで終わらない所がミソであり、
大変残念で収集のつかない所なのだが、
そんな調子で僕と行動を共にしていると次第にこう思うらしいのだ。

"やっぱりめんどくさい奴やなー!!!"

ん?あれれ?
僕自身は凄くフラットに何も変わらずにいるつもりでも、
いつの間にか評価が180度変わってしまっている。

なんでやねん、と思いつつも、
一番付き合いの古い幼なじみ曰く、
どうやら僕という人間は、
"なんて素直な正直な人なのね!!!"

"やっぱり気難しい奴やなー!!!"
がある程度の周期で交互にやってくる生き物なのだそうだ。

何だそれ。前にそんな話をした所、
総長やマネージャーは既に3周目に突入したようだ。
その調子だとメンバーは5週目くらいだろう。
両親は一体何周したんだろう?

飽きず、見放さずに付き合い続けてくれている、
長い付き合いの友人達や関係者諸々に感謝なのである。

皆さんは周りの人からどんな風に思われていますか?
またはそれに対して自分は自分の事をどんな人間だと思っていますか?

気になるー

BIGMAMA  金井政人
by emm_bigmama | 2012-10-23 02:15 | Comments(59)
俯瞰showのMVが出来上がるまで
久しぶりの休日も、
歯医者に行ったらなんだかもう気分が落ちてしまって、
変換で先に出て来たんだけど、まさしく敗者な気分。

この夏、人知れず一進一退の攻防を繰り広げた親知らずとの決着は未だつかず。お願いだから良い子にしててね。

それは置いといて、
先日アップされた"俯瞰show"のMVについて。

"俯瞰show"自体ちゃんと仕上がったのは君ブラツアー終了後だったけど、
実は去年くらいから何となくアイデアはあって、スタジオで僕が弾き語りながら、みんなで軽くセッション!みたいな状況はありました。
そうこうしているうちに"風船夫婦"の方がシングルになることが決まって、その相方をどうしようかなぁーとか考えていた時に、ドラムのリアドくんからあの「チャ、スチャーチャ、チャーチャ(ギターの音)の曲が良い!」とリクエストが入り、僕もイメージが出来そうだったのでわりとすんなりと決まりました。

曲が育っていくと、この曲がどこかミステリアスな雰囲気を持っている事に気付いて、
そうしたら頭の中にアダムスファミリーが出て来てさ(みんな知ってる?)、
僕らのライブでみんながクラップをしてくれる場面がたまにあるけど、

(それ、指パッチンだと新しくね...?)

という悪魔の囁きならぬアダムスが僕の耳もとで囁いてさ、
そのままメンバーに提案したところ、
(こいつ何言ってんの?)
的なそりゃもう氷点下な視線で、全員僕の方を見つめていたので、
まぁ騙されたと思ってレコーディングしてみようぜ!と情熱的に強引に押し切った結果、思いのほか評判は良かったので無事採用されました。やれやれ。

そして最後にタイトルを決める時、
不感、俯瞰、ふかん、症、傷、しよう、
色んな組み合わせがあってどうしようか迷ってたんだけど、
僕の人生も君の人生も誰かの人生も、ヒューマンかもしれないし、ラブストーリーかもしれないし、ミステリーかもしれないし、バイオレンスかもしれないけれど、結局の所どんな人生も客観的に見たら所詮エンタメだな。
とそう思って俯瞰showにしました。

ということでライブ会場ではみんなでレッツパッチン。出来ない人はするフリしながら舌打ちでもOK。

ということで今回は電車の中でMVの撮影になった訳なんですが、
みなさんご覧頂けましたでしょうか?

まずあれだ、良い子は電車で寝そべったりしないように。

レコーディング明けだったので三日間くらいほぼ寝てない状況、
故に究極にナチュラルハイだったので必要以上にクネクネしてます。
がしかし、実際はもっとクネクネしていたのが、おそらく気持ち悪くてカットされてます。

最後に今回協力してくれたタカラトミーの方と1枚。
相鉄の皆さんもお世話になりました!
f0192691_2402115.jpg

by emm_bigmama | 2012-10-03 02:45 | Comments(56)