MASATO KANAI (from BIGMAMA) OFFICIAL BLOG

2002年東京にて結成。バイオリンを擁した5人編成のロックバンド。
2006年UK PROJECT内RX-RECORDSにて7月5日にミニアルバム「short films 」(RX-006)を発表。
同年10月、メンバーの脱退によりしばらくの間、活動を休止。
2007年2月10日恵比寿LIQUID ROOMにて新メンバー安井 英人(bass)、東出 真緒(violin)を迎え活動を再開。
2007年6月6日に3曲入りのシングル「BOYS DON' T FLY」(RX-011)、9月5日に2曲入り限定シングル「Neverland」(RX-013 Sold out)、 そして、待望の1stフルアルバム「Love and Leave」(RX-015)を発表し、25000枚以上のセールスを記録。
2008年9月17日には3rdシングル「Weekly Fairy Tale」(RX-022)をリリースし、オリコンインディーズチャート1位、オリコンシングルチャート初登場43位を獲得。
そして待望の2nd Album「Dowsing For The Future」を12月3日にリリースし、全国ツアー「ここ掘れワンワンツアー2009」を大成功させる。
2009年11月4日3rd Album「and yet it moves~正しい地球の廻し方」リリース。リリースツアーもSOLD OUT続出で、ファイナルの赤坂ブリッツを即日完売。
2010年10月にはロックとクラシックを融合させたコンセプトアルバム「Roclassick」をリリース。全曲ミュージックビデオを撮りおろすなど話題を呼び、オリコンウィークリーチャート初登場17位を獲得。
リリースツアーも大盛況で、12月25日のクリスマスには初の席有りホールライブを九段会館で行った。
2011年3月30日に渋谷AXで行われた「Roclassick」リリースツアーのグランドファイナルもチケットが即日完売。
5月08日には、BIGMAMAだけに母の日に自主企画兼チャリティーダブルヘッダーライブを行った。
7月に「秘密とLucy」、9月に「#DIV/0!」と初のLIVE DVD「〜母と行く、魅惑の映像世界の旅~」をリリース。
そして、2012年に4th ALBUM「君がまたブラウスのボタンを留めるまで」をリリース。



RELEASE INFORMATION
BIGMAMA
4th ALBUM
『君がまたブラウスのボタンを留めるまで』

2012.01.25 Release
RX-055 /
¥2,940(tax in)

〈収録曲〉
1. beautiful lie, beautiful smile
2. #DIV/0!
3. 最後の一口
4. until the blouse is buttoned up
5. 荒狂曲"シンセカイ" ~orchestra編~
6. Zoo at 2 a.m.
7. "Thank You" is "Fxxk You"
8. アリギリス
9. I'm Standing on the Scaffold
10. 週末思想 
11. 秘密
12. 母に贈る歌

BIGMAMA
3rd ALBUM
『秘密とLucy』

2011.07.06 Release
RX-048 /
¥1,050(tax in)

〈収録曲〉
1.秘密
2.Lucy


BIGMAMA
3rd ALBUM
『and yet, it moves
~正しい地球の廻し方~』

2009.11.4 Release
RX-032 /
¥2,520(tax in)

〈収録曲〉
1.Overture
2.かくれんぼ
3.I Don't Need a Time Machine
4.as one(2009/7/22)
5.No Way Out
6.Lovescape
7.Where's The Ring?
8.Accelerate
9.Broken Apart
10.The Right
11.ダイヤモンドリング(2035/09/02)
12.Roll It Over

<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
スティーブ・ジョブズが言ってたよ。
明日からレコーディングです。

昔は曲作りやレコーディングが思うように上手くいかなくってさ、
「二度と曲なんて持っていくものか!」なんて、
よく逆切れしてなだめられていたもんだ。
何だか自分の連れて行った子供に似合わない服を着せられてるような気分でさ、
それでも良いものを作らなきゃって、
お互いぶつかってすり減りながらも形にしてさ、
勿論その時の良さもあったと思うけど、
結果的に自分の意見を押し付けてしまう場面も多々あった。

それがアルバムを重ねて行くにつれて、
どんどんお互いを掴んで来たというか。

明日から録音するその曲は僕が持っていったものが、
他のメンバーそれぞれの感性でどんどん磨かれていって、
もうキラッキラに輝いている風に感じるよ。
(いや、まぁ曲はオドロオドロしい曲なんだけど。)

相変わらずカッキーのアレンジセンスは抜群だし、
リアドのドラムはスタイリッシュなんだけど味がある。
今回の東出はマルチな才能を発揮しているし、
そして英人のベースは絶対にマネ出来ないと思う(渋過ぎて)。
(いや、まぁ曲はオドロオドロしい曲なんだけど。)

今回の曲をマネージャー(ちおろ)に聴かせたら、
「これは2歩先に行っちゃったね...。」と苦笑いされてしまったけれど、
まぁそれが2歩先でも3歩前でも100歩先でも良いじゃんか。
僕は他のメンバーを改めてカッコいいと思える曲を用意出来た事が単純に嬉しいし、
そのプレイは見ていて聴いていて純粋に楽しいんだ。

だからあんまり期待しないで楽しみに待ってて(笑)。

スティーブ・ジョブズがこう言ってたらしいよ、
「本当に大事な事を、本当に一生懸命出来る機会は2つ3つくらいしか無い。」って。

僕にとってそのうちの1つは、間違い無く今だと思ってる。
by emm_bigmama | 2012-06-27 01:55 | Comments(48)
packaged
"言葉"なんつーものは薄っぺらいもんだ。

決してポテトチップスで言う中身の揚げてある芋の方ではなく、
その芋を容している袋に書いてある単なる紹介文の方の話なわけである。

"てめーもっとちゃんと働けよ"と思いながら「お疲れ様でした。」と言う事なんて簡単だし。
"めんどくせー!!まじこいつめんどくせー!!"とか思いながら「申し訳ございません...。」なんて謝る事も可能だ。
極論"死ね"と思いながら「ありがとう。」なんてということだって出来る。
まぁこれはかなりの上級者向けのテクニックだけれども。

言葉の中にきちんとそのままの"中身"が、その"本心"が、隠されているとは限らない。

たまたま目的も節操も無く本屋をうろうろしていて、
白石一文さんの『この世のすべてを敵に回して』
というタイトルを見た時に、
あぁ自分もこんな事を考えながら歌詞を書いた事があったなぁとふと思い出した。


どこかで野島伸司がこっそりと自分の人生に台本を書いていたんじゃないかと未だに信じて疑わないくらい、僕の青春時代は混沌としていた。
これは君が見ず知らずの男に襲われて文字通り身も心もボロボロになった時の話だ。

高校時代はアンチ体育会系"汗ダメ!絶対!”を心のスローガンに掲げていたけれど、
この時ばかりは望まれるならなんだってしようとそう心に決めてみた。
『この世のすべてを敵に回して』
まるでこの本のタイトルのような覚悟を勝手にその胸に秘めて、
そりゃあもうそこいらの牛や馬よりも、全盛期のアジャコングよりも鼻息を荒くしていた。
何だって出来る気がしていたし、そのつもりだった。


ただ唯一僕に望まれた事は、”何もしない事”だった。

拍子抜けしたと同時に、どこかで安心してしまったのを憶えている。

それ以降僕の方から"その話"をする事は無かったけれど、
後日一度だけ、急に思い出したかのようにその話をされた。

「あーあ、掴まったら、ち○こ切り落としちゃえばいいのに。」
「いや、まぁそうだねぇ。ハムラビ法典的にはそんなにズレちゃいないけどねぇ。」
「まぁ、もう別に良いんだけどね。」

そんな話を淡々とする顔を眺めながら、
本心はもっともっと奥の深い所に隠されているような気がしてたまらなかった。
そしてその言葉の中身は、きっと一口で人を殺せるような強力な毒の入ったポテトチップスだったんじゃないかと今では思う。

(隠れてなんかいないで、出ておいて。)

以前ブログに
この世の中で最も切ない言葉、文章って何だろう?
という事を考えて作った歌詞がある。

と書いた事があるのだけれど、それは自分的には『かくれんぼ』という曲の、
「さよならでいいから聴かせてよ」という部分がそこに該当する。
(遅れましたのはソーソーリー、だって話すと長くなっちゃうんだもん。)

この曲自体は幽霊出て来たり、まぁざっくり作り話ですけども、
歌うと時折自分の淡ーい青春時代の事を思い出すんだ。

余談だけどその数日後、進路希望調査票にて、
ずっと空白のままにしていた希望学部の欄に、なんとなく法学部と書いた。
超なんとなくだ。
まぁ志望動機の欄には流石にその話は書けなかったけど。


「君が世界を敵にまわしても、僕が全部味方にしてあげるから。」
だなんて今考えても我ながら風呂敷の広げ方が宇宙規模だと思う。でもそれだけ必死だったんだろう。
今となって付け加えられる事があるとすれば、
”敵”とか”味方”とかそういった類いよりも、
事実圧倒的に多いのは"他人"って奴だ。

自分が思っているよりも、他人は自分になど興味は無いし、
またそれと同じように他人の言葉の中身を一々開けていく必要も無い。

知らぬうちに毒を食わされていることもあるだろう。
これからどれだけの言葉を開けて、その中身を確かめていくのだろうか。

そんな事を考えながらの夜の作業は小腹が空く。
ポテチなんてしばらく食べてないなぁ。。
by emm_bigmama | 2012-06-26 03:06 | Comments(52)
子猫の話の続き
思っている事や考えている事が多過ぎて、
なかなかアウトプットが追いついて行かないや。

前に書いた"子猫の話"なんだけど、

少しだけ続きがあってさ、
次の日レコーディングが終わって帰りに寄った時にはすでにもう無かったよ。
色々コメントありがとう。勉強になりました。
ただまぁこれは少し言い訳なんだけど、
その時は夜12時をまわっていたし、
僕は電話も財布も持ち合わせていなかったんだ。
家に帰ってからうーん、あれでよかったのかなぁと色々考えては見たのだけど、
保健所も24時間そういった対応が出来るようにはなっていないらしいし、
動物病院で働いている友達が、"連絡くれればうちで処理するよー"なんて
後日談で言ってくれたりもしたけど流石にこの時間に、とか考えてしまって、
結局の所、
近所の交番くらいまで運んでおまわりさんにでも相談するのが一番良かったんじゃないかなと今は思ってる。

下手クソに歳をとるとダメね、わからない事を人に聴けなくてダメね。
気をつけなきゃだね。

ただ前にもおばちゃんの時に書いたと思うけど、
これで何かが何かに轢かれてるのを見たのは5回目だ。


ハト
酔っぱらいのおっちゃん
おばちゃん


そろそろ勘弁して欲しい。
でもきっとこんなような事が日本中で、世界中で腐る程起きているんだろうなぁ。

皆様セーフティドライブですぞ。
いやでも動物は飛び出してきちゃうもんなぁ。。。
by emm_bigmama | 2012-06-19 21:47 | Comments(27)
「俯瞰症」
生きてく事は面倒臭い 
だけど死ぬ方がもっと面倒臭い
着の身着のまま流れ行くままに

やれば出来る子と言われて 
やり通した試しなどありゃしない
後悔とアソコは先に立たず

もう何にも感じないんです

白でもない黒でもない 
そう灰になって舞い上がれ
SでもないMでもない 
まあベッドじゃ臨機応変に
正義でもない悪でもない
ただただ見守るだけで
不感で浮かんで
あぁもう 不感症

一人孤独など耐え難い
だけど誰かと居るのは邪魔臭い
誘いが無ければ引き蘢ります

生まれた時に持つ主観性
でもきっとそれじゃあまだ未完成
そう大人に必要なのは客観性
でもきっとそれはただの世間体
此処だけの話もうどうだって良い
世界の終わりなどどうだって良い
僕が気持ち良く眠っている間にどうぞ終わらせて

不安で不感で 不感で浮かんで
浮かんで俯瞰して 悲観して消えた

ご飯じゃないお風呂じゃない
それともアタシ?って言われたい
ジムでもないザクでもない
親父にもぶたれた事は無い
他の誰でもない借り物じゃない
自分を遠くから眺めて
俯瞰して悲観して
あぁもう 俯瞰症

上を見上げて劣等感
下を見下し今度は優越感
鏡を見れば情けないアタシ
by emm_bigmama | 2012-06-19 01:54 | Comments(46)
ツアーを終えて
2月から始まったツアーが全行程終わりました。
このツアーに参加してくれた皆さんに、
改めて感謝の気持ちを。
ありがとう。
ここを見ていない人も沢山居るだろうから、
そういう人にはここを見ている人が代わりに伝えてくれると嬉しいな。

たまにさ、逆に感謝の気持ちを伝えてもらう事があるんだけど、
何かそれはちょっとだけ違うよ。
僕はみんなに"ありがとう"と言って欲しいのではなくて、

君の生きる今日、そして明日、
何かちょっと嫌な事があっても、
君の方が大人になってやって欲しいんだ。

きっとそれは巡り巡って僕の元へ返って来るから。

僕らの曲を愛してくれる、ただそれだけで良いんだよ。

それでいてもし、余力が残っているのであれば、
BIGMAMAというバンドが、それを支える皆が、
如何に最高かという事を、
僕と一緒に叫んで欲しい。

僕は今BIGMAMAというバンドが、
そしてそれを支えてくれる皆が、
最高だという事をもう世界中に叫び散らかしたい気分なんだ。
全然納得いってないんだ。
自分で言うのもなんですけど、もっともっと評価されるべきバンドなんです。
他ならぬ皆がそれを証明してくれていると思うんです。

そんな事を確信したツアーでした。

もう今は"次"に対するモチベーションで溢れてるよ。

BIGMAMAの音楽の中心には"ライブ"があって、
つまりはそこに居る君達と一緒に作ってると思っている。

この先ももっともっと気持ち良いライブして、
もっともっと凄い子を産んじゃおう。
そして一緒に育てていこう。

またライブハウスでお待ちしています。

BIGMAMA 金井政人
by emm_bigmama | 2012-06-05 21:31 | Comments(112)