MASATO KANAI (from BIGMAMA) OFFICIAL BLOG

2002年東京にて結成。バイオリンを擁した5人編成のロックバンド。
2006年UK PROJECT内RX-RECORDSにて7月5日にミニアルバム「short films 」(RX-006)を発表。
同年10月、メンバーの脱退によりしばらくの間、活動を休止。
2007年2月10日恵比寿LIQUID ROOMにて新メンバー安井 英人(bass)、東出 真緒(violin)を迎え活動を再開。
2007年6月6日に3曲入りのシングル「BOYS DON' T FLY」(RX-011)、9月5日に2曲入り限定シングル「Neverland」(RX-013 Sold out)、 そして、待望の1stフルアルバム「Love and Leave」(RX-015)を発表し、25000枚以上のセールスを記録。
2008年9月17日には3rdシングル「Weekly Fairy Tale」(RX-022)をリリースし、オリコンインディーズチャート1位、オリコンシングルチャート初登場43位を獲得。
そして待望の2nd Album「Dowsing For The Future」を12月3日にリリースし、全国ツアー「ここ掘れワンワンツアー2009」を大成功させる。
2009年11月4日3rd Album「and yet it moves~正しい地球の廻し方」リリース。リリースツアーもSOLD OUT続出で、ファイナルの赤坂ブリッツを即日完売。
2010年10月にはロックとクラシックを融合させたコンセプトアルバム「Roclassick」をリリース。全曲ミュージックビデオを撮りおろすなど話題を呼び、オリコンウィークリーチャート初登場17位を獲得。
リリースツアーも大盛況で、12月25日のクリスマスには初の席有りホールライブを九段会館で行った。
2011年3月30日に渋谷AXで行われた「Roclassick」リリースツアーのグランドファイナルもチケットが即日完売。
5月08日には、BIGMAMAだけに母の日に自主企画兼チャリティーダブルヘッダーライブを行った。
7月に「秘密とLucy」、9月に「#DIV/0!」と初のLIVE DVD「〜母と行く、魅惑の映像世界の旅~」をリリース。
そして、2012年に4th ALBUM「君がまたブラウスのボタンを留めるまで」をリリース。



RELEASE INFORMATION
BIGMAMA
4th ALBUM
『君がまたブラウスのボタンを留めるまで』

2012.01.25 Release
RX-055 /
¥2,940(tax in)

〈収録曲〉
1. beautiful lie, beautiful smile
2. #DIV/0!
3. 最後の一口
4. until the blouse is buttoned up
5. 荒狂曲"シンセカイ" ~orchestra編~
6. Zoo at 2 a.m.
7. "Thank You" is "Fxxk You"
8. アリギリス
9. I'm Standing on the Scaffold
10. 週末思想 
11. 秘密
12. 母に贈る歌

BIGMAMA
3rd ALBUM
『秘密とLucy』

2011.07.06 Release
RX-048 /
¥1,050(tax in)

〈収録曲〉
1.秘密
2.Lucy


BIGMAMA
3rd ALBUM
『and yet, it moves
~正しい地球の廻し方~』

2009.11.4 Release
RX-032 /
¥2,520(tax in)

〈収録曲〉
1.Overture
2.かくれんぼ
3.I Don't Need a Time Machine
4.as one(2009/7/22)
5.No Way Out
6.Lovescape
7.Where's The Ring?
8.Accelerate
9.Broken Apart
10.The Right
11.ダイヤモンドリング(2035/09/02)
12.Roll It Over

<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
傷付かない簡単な方法
それは本気にならないこと。

仕事でも恋愛でも勉強でもそう。
基本性格カテナチオな守りの私金井ですが、
自分の人生でいつ本気だした?
って聴かれるとう〜ん。
と考えてはしまう。なんか足りない気がして。
いや足りてない事ばかりなんだけど。

なんかさー思い出したんだけど昔TVでオリンピックの応援を松岡修造さんがしてたわけですよ。
んで確か負けちゃったんですよ。日本選手が。
そしたらさー松岡さんが、

「僕の応援が足りなかったんですかねー。。。」

て本当に悔しそうに言ってて。

んなわけねーだろ(笑)

と当時僕はブラウン管の前で全力でツッコんでしまったのを
今でも鮮明に覚えているんすけどね。
これこの人本気で言ってるんだったら、
ある意味逆にピンポンというか本当天才と思って。

普段あまり熱血情熱大陸系の人とは馬が合わない私ですが、
いろいろ心の端っこくらいに感じることはあったりします。

着地何が言いたいかというと修造LOVE。
じゃなかった、本気ってなに。何だろう。




ピエロが玉乗りしてるの見て思ったんすけど、
飽きもせず地球が廻り続けているのって
今日もきっと地球のどっかで
オスがメスのお尻追っかけてるからなんだろうな。


そんな今日この頃。

明日は(てかもう今日か)久しぶりにライブ。
脱レコーディングモード!!
てな具合にこちらも楽しませてもらいますです。

BIGMAMA     金井政人
by emm_bigmama | 2009-05-30 03:40 | Comments(51)
REC続いてます
続いております。
巨匠、先日から楽器が違います。
f0192691_1533210.jpg


やはり思うのは、
僕はレコーディングほど自分の事を嫌いになる瞬間は無いなぁと。
でも出来上がった時の色んな人の顔を想像するとね。うん。

そんな感じ。

世界が明日終わろうと一向に構わない。
ただ願わくば僕の寝てる間にそっと終わらせて欲しい。
終末思想に興味は無いんだ、
それより週末の話をしようよ。



BIGMAMA 金井政人
by emm_bigmama | 2009-05-26 02:06 | Comments(37)
recはじめました。
BIGMAMAレコーディング始まっております。
昨日はドラム録りが終わったでやんす。

写真はレコーディング前に今か今かと出番を待つ巨匠柿沼。
巨匠、楽器が違います。
f0192691_1032631.jpg

そして初登場エンジニアおさむさん。

f0192691_1034719.jpg


ではでは今日も張り切って行ってきますー。

BIGMAMA  金井政人
by emm_bigmama | 2009-05-20 10:10 | Comments(46)
F-X 09
f0192691_23145143.jpg

海の中○し海浜公園で行われたF-X行ってきやした。
(行った人ならわかるはず)
ステージから皆様挟んで海!
っていう絶景この上ないシチュエーション。

ピキーン!!!!
とインスパイアオブジョイトイがクリオネのごとく舞い降りて
帰りの車の中で1曲書きました。今日バンドで合わせました。
メンバー曰く、うまく仕上がればおそらく次のアルバムの1曲目だと。

会場にいた皆様、FUJIKINGはじめスタッフの皆様、
本当にお疲れ様でございます。

下の写真はPOLYSICSアンコール時のうちのロックスター。
f0192691_23155719.jpg


もう何か最近色んな人に助けられてばっかりす。
ありがたいっす。
何かね、全然ギリギリなんですけど悲壮感いっぱいのギリギリではなくて。

人間は一人じゃ生きていけないの!!
なんて気持ちはさらさら無いんですけどね。
別に本気で人間なんて一人でも生きていけるもんだと思うから。

でもあれね、
僕はもう極めて相対的な人間なんで。
色んな人に自分を見つけてもらって、
今はそれを拾い集めてます。
そんな感じ。
明日は渋谷です!出順が発表になってますね。
1番なんでお見逃し無く!


BIGMAMA 金井政人
by emm_bigmama | 2009-05-12 23:49 | Comments(41)
斜めの美学
例えば劇場型の舞台があるとするじゃないですか。
こういうのってよく、「出演者だけでなく裏方の人も含めて一つのものを作り上げる〜」
みたいな事を言う。みんな。
それはやはり私もそう思うのですよ。

そうなるとそれ含めて全部見たいじゃないですか。
裏側の人の動き含めて全部見たいじゃないですか

そういう願望ってどうしたら叶えられるか。
真正面から見るとその表側のキラキラっした舞台しか見えなくて、
仮に裏側から見ても今度はレストランの厨房覗いて料理見ないで帰るようなもんで、
それでいて割り切って横から見ると、それはそれで一面しか見えてなかったり。

とするとどこから見たら良いのかというと、
斜め上から見るのが一番なんか良いんでないかと。
表舞台が十分に見えて、適度に裏方が見えて。
何か一番全体を見渡してる気がする。


何が言いたいかっていうと、
これって多分僕の理想の物事の本質を見極めるバランス。

本質を見極める何て書くとすげー偉そうで賢そうで嫌なんですけど、
要はザクって言うと、
表側ちゃんと見つつ、裏側を想像しつつ。
実際の人生上から見渡す事は出来ないから、斜めから入る。
これ僕の思う「斜めの美学」。
基本的に物事や人と出会う入り口においての
信じる事と疑う事のバランス。

ただこんな話をすると現代っ子は斜に構えちゃって〜なんて言われそうだ。
まぁまさにそうだと思います。
もうこのご時世斜に構えさせたら、
僕か滝川クリステルかどちらかだと思います。

だって斜に構えてる方が楽じゃーん。みたいな。
でもそれっていざという時に、いち早く反転して我先に一目散に逃げ出す準備をしているだけなんですよね。
僕の場合。

あまり物事に対して真正面に向き合うのが得意でない僕のマズいとこ。
失った時の事を想像して本気でいる事が怖くて、
好きな物も好きだと言えず、
嫌いな物は別にないというか、興味を持たないものなんだろうけど。
だから何かに打ち込んでいる人に、凄く憧れたし凄く嫉妬した。
そんな青年期。
まぁ今もそんな変わんないですけど。

なんか弱ってる時には思考回路もダウナーです。
まだ治らないよー。

BIGMAMA 金井政人
by emm_bigmama | 2009-05-07 01:33 | Comments(45)
24
どもども。
無事また1つ歳をとりました。
あれもそれもこれもみなさんのおかげです。
今後ともよろしくっす。

が。しかし。現在くたばってます。
風邪か?

うーん。


BIGMAMA 金井政人
by emm_bigmama | 2009-05-05 12:54 | Comments(57)