MASATO KANAI (from BIGMAMA) OFFICIAL BLOG

2002年東京にて結成。バイオリンを擁した5人編成のロックバンド。
2006年UK PROJECT内RX-RECORDSにて7月5日にミニアルバム「short films 」(RX-006)を発表。
同年10月、メンバーの脱退によりしばらくの間、活動を休止。
2007年2月10日恵比寿LIQUID ROOMにて新メンバー安井 英人(bass)、東出 真緒(violin)を迎え活動を再開。
2007年6月6日に3曲入りのシングル「BOYS DON' T FLY」(RX-011)、9月5日に2曲入り限定シングル「Neverland」(RX-013 Sold out)、 そして、待望の1stフルアルバム「Love and Leave」(RX-015)を発表し、25000枚以上のセールスを記録。
2008年9月17日には3rdシングル「Weekly Fairy Tale」(RX-022)をリリースし、オリコンインディーズチャート1位、オリコンシングルチャート初登場43位を獲得。
そして待望の2nd Album「Dowsing For The Future」を12月3日にリリースし、全国ツアー「ここ掘れワンワンツアー2009」を大成功させる。
2009年11月4日3rd Album「and yet it moves~正しい地球の廻し方」リリース。リリースツアーもSOLD OUT続出で、ファイナルの赤坂ブリッツを即日完売。
2010年10月にはロックとクラシックを融合させたコンセプトアルバム「Roclassick」をリリース。全曲ミュージックビデオを撮りおろすなど話題を呼び、オリコンウィークリーチャート初登場17位を獲得。
リリースツアーも大盛況で、12月25日のクリスマスには初の席有りホールライブを九段会館で行った。
2011年3月30日に渋谷AXで行われた「Roclassick」リリースツアーのグランドファイナルもチケットが即日完売。
5月08日には、BIGMAMAだけに母の日に自主企画兼チャリティーダブルヘッダーライブを行った。
7月に「秘密とLucy」、9月に「#DIV/0!」と初のLIVE DVD「〜母と行く、魅惑の映像世界の旅~」をリリース。
そして、2012年に4th ALBUM「君がまたブラウスのボタンを留めるまで」をリリース。



RELEASE INFORMATION
BIGMAMA
4th ALBUM
『君がまたブラウスのボタンを留めるまで』

2012.01.25 Release
RX-055 /
¥2,940(tax in)

〈収録曲〉
1. beautiful lie, beautiful smile
2. #DIV/0!
3. 最後の一口
4. until the blouse is buttoned up
5. 荒狂曲"シンセカイ" ~orchestra編~
6. Zoo at 2 a.m.
7. "Thank You" is "Fxxk You"
8. アリギリス
9. I'm Standing on the Scaffold
10. 週末思想 
11. 秘密
12. 母に贈る歌

BIGMAMA
3rd ALBUM
『秘密とLucy』

2011.07.06 Release
RX-048 /
¥1,050(tax in)

〈収録曲〉
1.秘密
2.Lucy


BIGMAMA
3rd ALBUM
『and yet, it moves
~正しい地球の廻し方~』

2009.11.4 Release
RX-032 /
¥2,520(tax in)

〈収録曲〉
1.Overture
2.かくれんぼ
3.I Don't Need a Time Machine
4.as one(2009/7/22)
5.No Way Out
6.Lovescape
7.Where's The Ring?
8.Accelerate
9.Broken Apart
10.The Right
11.ダイヤモンドリング(2035/09/02)
12.Roll It Over

<   2008年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
面倒ですぞ奥さん

まさかのツアーファイナル後に名古屋、大阪、代官山。
帰宅後家に近所が工事のため騒音が爆音ファックにも関わらず、
それに一切気づかず、いつになく死んだように寝てました。
どうも最近MCが噛み過ぎなことから、
「カミカミ王子」の愛称をいただきました金井政人です。
あざす。やめれ。

TRIBAL CHAIRレコ発おめでとうございます。
相変わらずライブに対する意気込みから、S男とM男の見分け方までいろんなことを教わってます。
残りのツアー事故のないように。願ってます。

Getting Betterは9mmの卓郎君が居たり、細美さんがDJしてたり、その他にもいろんな出会いがあって楽しい日和。
そしてね、何より片平さんと知り合えて良かったっす。
12周年おめでとうございます。今後ともよろしくです。

いやぁ、なんとまぁやっと落ち着いて文章を書く時間あってね、何から書き出してやろうこの野郎なテンションかと思いきやね。

なんだか最近自分含め、ちょっと人間が怖かったりするんですよね。

「それがどこまで本心で、それがどこまで上っ面なのか。」

逆を言えば、

「自分のどこまでが本心で、どこまでが上っ面なのか。」

僕基本的に猫どころか熊被ってますくらいの確信犯的にONとOFFがわかりやすい人間なんですけど、

なんていうか本音と建前のそのギリギリ境目での
誰かのバランス感覚を、
自分のバランス感覚を、

最近ちょっと見過ぎているような、見失ってるような気がしてます。

そういった場面で「信じ抜く部分」と「疑い抜く部分」を間違えちゃいけないなと改めて思う。

んでまたね、本質的にはいろんな説があって善人悪人いろいろ居るかも知れないけど、

50%天使で50%悪魔な人間が一番スタンダードなんじゃないかと僕は思う。

人から愛されれば天使多めで頑張れるし、
嫌なことあったら悪魔多めで壊れてくんだろうし、

初期設定はいろいろあんだろうけど
多くの人はそういう自分の「本音」の中のバランス感覚と戦ってんだきっと。
んでまたその「本音」と「建前」が戦ってくわけだ。

人間は面倒ですぞ奥さん。

だからこそライブハウスみたいに嘘の通用しない、嘘の必要ない空間で得た実感であったり快感であったりに、心を洗われたりするのかもしれません。

BIGMAMA                  金井政人
by emm_bigmama | 2008-04-22 02:03 | Comments(1)