MASATO KANAI (from BIGMAMA) OFFICIAL BLOG

2002年東京にて結成。バイオリンを擁した5人編成のロックバンド。
2006年UK PROJECT内RX-RECORDSにて7月5日にミニアルバム「short films 」(RX-006)を発表。
同年10月、メンバーの脱退によりしばらくの間、活動を休止。
2007年2月10日恵比寿LIQUID ROOMにて新メンバー安井 英人(bass)、東出 真緒(violin)を迎え活動を再開。
2007年6月6日に3曲入りのシングル「BOYS DON' T FLY」(RX-011)、9月5日に2曲入り限定シングル「Neverland」(RX-013 Sold out)、 そして、待望の1stフルアルバム「Love and Leave」(RX-015)を発表し、25000枚以上のセールスを記録。
2008年9月17日には3rdシングル「Weekly Fairy Tale」(RX-022)をリリースし、オリコンインディーズチャート1位、オリコンシングルチャート初登場43位を獲得。
そして待望の2nd Album「Dowsing For The Future」を12月3日にリリースし、全国ツアー「ここ掘れワンワンツアー2009」を大成功させる。
2009年11月4日3rd Album「and yet it moves~正しい地球の廻し方」リリース。リリースツアーもSOLD OUT続出で、ファイナルの赤坂ブリッツを即日完売。
2010年10月にはロックとクラシックを融合させたコンセプトアルバム「Roclassick」をリリース。全曲ミュージックビデオを撮りおろすなど話題を呼び、オリコンウィークリーチャート初登場17位を獲得。
リリースツアーも大盛況で、12月25日のクリスマスには初の席有りホールライブを九段会館で行った。
2011年3月30日に渋谷AXで行われた「Roclassick」リリースツアーのグランドファイナルもチケットが即日完売。
5月08日には、BIGMAMAだけに母の日に自主企画兼チャリティーダブルヘッダーライブを行った。
7月に「秘密とLucy」、9月に「#DIV/0!」と初のLIVE DVD「〜母と行く、魅惑の映像世界の旅~」をリリース。
そして、2012年に4th ALBUM「君がまたブラウスのボタンを留めるまで」をリリース。



RELEASE INFORMATION
BIGMAMA
4th ALBUM
『君がまたブラウスのボタンを留めるまで』

2012.01.25 Release
RX-055 /
¥2,940(tax in)

〈収録曲〉
1. beautiful lie, beautiful smile
2. #DIV/0!
3. 最後の一口
4. until the blouse is buttoned up
5. 荒狂曲"シンセカイ" ~orchestra編~
6. Zoo at 2 a.m.
7. "Thank You" is "Fxxk You"
8. アリギリス
9. I'm Standing on the Scaffold
10. 週末思想 
11. 秘密
12. 母に贈る歌

BIGMAMA
3rd ALBUM
『秘密とLucy』

2011.07.06 Release
RX-048 /
¥1,050(tax in)

〈収録曲〉
1.秘密
2.Lucy


BIGMAMA
3rd ALBUM
『and yet, it moves
~正しい地球の廻し方~』

2009.11.4 Release
RX-032 /
¥2,520(tax in)

〈収録曲〉
1.Overture
2.かくれんぼ
3.I Don't Need a Time Machine
4.as one(2009/7/22)
5.No Way Out
6.Lovescape
7.Where's The Ring?
8.Accelerate
9.Broken Apart
10.The Right
11.ダイヤモンドリング(2035/09/02)
12.Roll It Over

カテゴリ:未分類( 311 )
広島CLUB QUATTRO 14th June 2014



新潟からちょっと間が空いたので丁寧にリハ。

ワンマンでもイベントでも来てるし、広島のクアトロはもう慣れっこだからか、

リハーサルの段階からなんか調子がいい。


楽屋のある屋上は見晴らしが別にいいわけでは無いのだけれど、

昔から若干サボリ癖がある私は屋上そのものに愛着があるため、

無条件で清々しい気持ちに。


万全の状態でいざ本番。

そうだ、この日からギターチェンジの仕方を変えた。

結果、最初のギターチェンジで盛大に頭をぶつけオデコが腫れる。

あ、今もまだ膨らんでる。

僕の周りには何故か広島出身の友達が多くて、

みんな楽しくなると“わやじゃけぇ”と言うのでそれが染み付いてしまった(笑)。

ブラウスが翌日の日本戦の応援も兼ねて日本代表応援verに。

なんか勝てそうな気がした(この時は)。


今の所このツアーで一番何も考えず歌っていた。

それは多分無心で自分が楽しんでいた証拠。

ただその反面、後半から気持ちと共に演奏が荒くなっていったので反省。うおー。

2時間きっちり最後まで良い音を鳴らしたい。明日の岡山への糧に。うおー。


岡山に向かうお弁当がむさし。

なんかよくわからないけど美味しい。


そして岡山のホテルに到着。日本戦まで、寝るか、起きてるか、うーん。<つづく>




溜まっている質問に少しずつ、答えるよー。


自分がしたい事と親の願い、どっちをとったほうがいいと思いますか?

>最終的には自分かなぁ、自分の人生なので。ただ結果で親を納得させるだけの心意気が無ければやめときな。


仕事辞めたいけど辞める勇気が出ませんどうしたらいいですか?

>辞めたいと思ってる人と一緒に仕事するの周りの人結構しんどかったりするから、なるべく早く勇気出してあげて。


将来の仕事を選択することにすっごい悩んでるんですけど、厳しくてしんどくても、ほんとにやりたいことを優先すべきですか?

>楽な仕事なんてものはそもそもほとんど無いと思うっす。どうせなら好きなの選ぼう。


ロックDJさんや、ロックDJイベントの存在ってどう思いますか?

>曲を流す=代わりにライブしてもらってるようなもんだから、やるなら責任持ってしっかりやってくれとは思うよ。中途半端なのは認めん。


音楽をする上でというか働く上でというか、これだけは譲れないもの!ってなんですか??

>別に無いかなぁ。席でも何でも譲れるくらいの方がスマートかと。


愛想を良くするにはどうすればいいですか?

>うーん、人の痛みや苦労を知れば自然に。というか心の無い愛想は人をイライラさせる事もあるので気を付けて。


朝起きるととてつもない虚無感でいっぱいになってしまいます。どうしたらいいですか?

>いやいや、朝から満足感あったらどないすんねん。楽しみは自分で用意しないと。


好きな人がいます。好き?って聞かれて、好きって答えたけど…ありがとうとしか返ってきません。これってどーなんですか?

>そのままコピペして本人に送ってみてケロ。


見合い連敗(涙)何をお守りにしたらいいですか!?

>どうせならすげービビッと来るまで粘ったら?妥協で残り物な恋愛をしないように。お守りなど要りません。


マオちゃんの他にもチェロやヴィオラとかを入れた生ストリングスと一緒にライブで演奏したりすること、考えたことありますか?

>座席指定の公演などでは何度か9人体制のBIGMAMAで何曲かやってるよ。出来るならいつか増員してツアーも連れて廻りたいね!


ダイバーについてどう思いますか?

>怪我するなよ、怪我させるなよ、色んな楽しみ方をしてる人がいるからな、以上3点。


友達と好きな人がかぶったらどうしますか? ズバリ、友情と恋、どちらを選びますか?

>単純に人間単位で10年後一緒に居て楽しそうな方。


BIGMAMA 金井政人



by emm_bigmama | 2014-06-18 04:00 | Comments(31)
NIIGATA LOTS 31st May 2014


「その説明に全然納得いかないんですけど!!!!」


病院にて名前を呼ばれて待合室に入り診察室の前の簡易的な椅子で、

僕は自分の前の順番の女性が激高するのを扁桃腺を腫らしながら朦朧とする意識の中で聴いていた。

聴こえて来た内容を要約すると、

先生曰くそれは”病気”ではない、という見解。

ただ納得いかない患者が絶対にどこかおかしいと主張、

本当に先生が仕方なく最終的に紹介出来るのは精神科になってしまうと説明。


さらに患者激昂!!


というのを

そんなに怒れるならあなた元気やん。ピンピンやん。早くして、、、

なんて言える残りHPもなく僕はそっと自分の番を待っていた。

他の患者も居るので、診療時間後にもう一度ゆっくりお話ししましょうということで双方納得。一時停戦。

いやー、医者って大変な仕事だろうなぁ。


僕はこの仕事をしている上で、

いつだって体調なんて壊せないんだけれど、

特に各地一年で一度しかライブで行けない場所で調子が悪いです、

なんて姿は絶対に見せられないのである。

二、三日リハも頑張り過ぎない様に、あまり歌い過ぎない様に。

僕がこの仕事をしている上で唯一ストレスに感じる瞬間は、

こんな風に自分をセーブしている時かも知れない。


僕のプロフィール欄にこういった項目があるならばこう付け加えてもらって仕方ない。

【季節の変わり目×】

苦手なもの、季節の変わり目。

である。


いざ新潟へ。

空気が良いからか到着したら自分の体調も気にならなくなった。

うす、良い感じ。

東横に行きたかったけど勇んで黒ウーロン茶を買ってる隙に置いて行かれる(笑)。

おとなしくしてろってことね。と明日に向けて鋭気をチャージ。


ただ自分の中のジンクスというか、

そういったいつもと違う状況のライブの時は自分の中で過剰に気持ちや力が入って、

いろんなものが爆発する時がある。

それがこの新潟のライブだったのではなかろうか。

Sweet Dreamsを歌いきった時に気が付いたらフロアでみんなの上に居た。あれ?

f0192691_22130392.jpg

変なとこ触ってしまってごめんなさい!と謝られたけど、

あれは俺が悪いので大丈夫(笑)。別に楽器じゃなきゃ何触られても大丈夫。僕は。ふかんしょう~。

それとは全く関係無いだろうけどライブが終わったら沢山の人達が外で待っていてくれていた。

近隣の迷惑になってなきゃいいけど。

新潟のみんなのあったかさが何だか身に染みた夜でした。

いろんな奇跡が起きたライブだったね。


残りHPが無くなっていたのか目覚めたらもう東京だった。


もう大丈夫なんだけど次の日念のため病院へ、

またしても診察室の前で30分以上待たされる。何事!?もううんざりなのである。

聴こえて来た内容を要約すると、

患者さんが色んな視点から、”先生ありがとうございます”

と感謝の気持ちをこれでもかと連ねていてる。連呼している。

あなたも元気やん、ピンピンやん。早くして、、、

他の患者も居るので、と先生が何とか上手く丸め込むまで数十分。

いやー、医者って大変な仕事だろうなぁ。



タレかつはちゃっかり食べている。

f0192691_22130039.jpg
歌舞伎揚げみたいな味で好き(褒めてます)。

BIGMAMA   金井政人

by emm_bigmama | 2014-06-11 22:21 | Comments(26)
SAKAE SPRING 8th June 2014




去年はソロでお世話になったんだけど、

今年はBIGMAMAとしてSAKAE SPRING。

名古屋はやっぱり歌声がでかくていいね。超いいね。

いつも名古屋でライブするの楽しみにしてる理由。

はじまってすぐ機材が色々トラブってヒヤっとしたけど、

会場の熱気で一瞬でそんなのどうでもいいわと思った。暑っ。

あっという間、気づけば終わってた。

名古屋ではじめてのSwan Songがあそこまでやれると思ってなかった。

来月が楽しみになった。

でももっともっとイケたなぁー。あー。あー。あー。

短時間でも全部出し切って最後1mmも動けなくなるようなライブがしたい。

この悔しさは来月のワンマンにぶつけます。


ライブサーキットはさ、入場規制とかあってさ、

色々思っていた様に楽しめない部分もあると思うんだ。

BIGMAMAのTシャツ来てて見れなかったっていう人にも沢山会ったし。

何百人入れずに待っています、みたいな話はやっぱりちと心が痛い。

だからせめてこういう時は自分もなるべくフラフラしてサインでも何でもしたいと思ってる。

いや、でも本当はライブ見て欲しいんだけどさ。

そこんとこはどうか気軽に、色んな音楽に出会って欲しい。

勿論BIGMAMAを見てもらえないのはとんでもなく悔しいのだけれど、

それぞれのアーティストもきっとこの日のために精一杯準備して来ていると思うし、

僕らにもそういう新人時代があって(いや、今でも新人だと思っているけど)さ。

主催しているZIP-FMは自分が初めてレギュラーを持たせてもらった大切な局だから、

っていうのもあるかもしれないけど、

よりこのイベントそのものを楽しんで欲しい気持ちが僕にはある。


来年のために行列で待っている人達も、

並びながら退屈しないような方法を色々提案しておいたよ。

ファストパスみたいなのも出来ないのかね。



終わってから名古屋の大きく言えば東海地区でのBIGMAMA新しい事のちょい打ち合わせ。

東海地区でもっとBIGMAMAの特別な事が出来るかも知れないなぁ。

内密に。

ほら、良いお客さんに恵まれて、その地区ででどんどん良い話がくるとか理想的じゃない?

ちょっと遠出したら手羽先サミットやってた。

f0192691_23552087.jpg



手羽先好っきゃねん。


BIGMAMA 金井政人

by emm_bigmama | 2014-06-09 23:58 | Comments(26)
百万石音楽祭 7th June 2014




沢山いろんな言葉を準備や用意していたはずなのに。

途中MCで僕の口から出て来た言葉は。

「一回目から出たかったー!!!!!!!」(本フェスは2回目)

でした(笑)。


去年出たアーティストから色々話には聴いていたんだけど、

百万石まつりと一緒にあるのも凄く良いね。

地域のお祭りも楽しんで、

ロックフェスも楽しんだら余計に楽しいに決まってるじゃんか。


前回のアルバムツアーの時は金沢スタート。

いまだに良く憶えている。

ライブ後インタビューしに来た石川テレビの森ちゃんが、

ボロボロ泣きすぎて(多分感動して)インタビューにならなかった(笑)。

今回のツアーでは行けず、

とても寂しかったので、

このイベントに呼んでもらって余計に嬉しかった。

ホールに似合うような音像の大きい曲を多めに。

そういう時は音が遅れてワンワンしてしまうのでもっとビシッと突き抜けるような歌声が欲しくなる。畜生。練習や。

あともうちょっとRoclassickからの曲もやりたかったのも本音。

それはまたの機会にでも。


初めて見てくれた人も沢山いたのかな?

うす、BIGMAMAというバンドやってます。

現在ツアー中、ワンマンはもっと楽しいよ。是非遊びに来て。

また呼んでもらえる様に、もっと良い曲書いてもっと良いライブをしなくては。

どうか地元のみんなでもっともっと盛り上げて、大切にしていって欲しい。


ちょっと早く行って会場ウロウロしたり、他のバンドも見てた。

久しぶりにライブを見たテレフォンズは新譜の曲があったりでとても新鮮。

石毛がとても気持ち良さそうに歌うのがセクシーに見えて大人の色気がプンプンした。良い香り。

直前の怒髪天さんも素晴らしくて気合いが入った。

アレキサンドロスもAdventureを初めてライブで聴いた。

散々盛り上げた後の染みるバラードが良いよね、っていう話をたまにするんだけど、まさにそんな感じだったよね。


f0192691_22470705.jpg

あとね、一回百円でセグウェイ乗れたんだけどマジ欲しい。



by emm_bigmama | 2014-06-09 22:48 | Comments(28)
Sendai Rensa 17th May 2014



「寒っ!!!」

仙台について出て来た僕の一言目。

東京はもう結構暑い。

暑がりかつ、荷物を増やしたく無い自分にとって厚着は大敵なので、

デフォルト薄着なのだがここはミステイク。


ホテルの部屋に荷物を置いて、

とりあえず夕飯でも食べに行こうとフロントまで降りると既に他のメンバーが。

みんなお腹減ってたのね。

特に待ち合わせをしたわけではないが、集まった面々で牛タンとディープキス。

最近は東京でも仙台風の牛タン(要は厚切り)食べれる様になってしまったので、

そこまで期待値が高く無かったのですが、結局美味しいよね。1.5人前。

f0192691_22424990.jpg

その後、ランニングシューズを持って来ていたので、軽くランニング。

明日のライブの事を考えながら、観光しながら、沢山食べたし。

途中、仙台城跡の看板を見つけ、

城を見つけたらそれは落としたい(だって男の子だもの)。

導かれるままに仙台城へ。

f0192691_22424424.jpg

途中もの凄い登り坂で多いに後悔するも、

頂上へ到着。伊達政宗。(僕の名前の候補に政宗もあったらしい。)

f0192691_22422818.jpg

凄いいい眺め。

見渡すのカップルがちらほら。あ、夜景スポットだったんですね。

f0192691_22423196.jpg

写真を撮っていたら、カメラを持っていたカップルに頼まれる。

快く引き受けカップルの写真を撮るも、

僕のインナーに着ていたシャツが下ネタTだったのを軽くいじられる。

ちょっと仲良くなったところでサヨナラ。ナイスカップル。

帰りは下りだったので楽チン、、、でなく危ないくらい。気を付けながら着ホテル。

読書しながらのんびり就寝。

早起きしてどっか出掛けよう、と思いつつも、

二度寝、三度寝。結局集合時間丁度に車へ。ですよね。


リハは軽めに。起き立ててで声もまだ起きてない感じ。反省。

楽屋にこんなものが!!!!!

f0192691_22422480.jpg

美味しく頂きつつ。お土産にもって帰るパターン。


いざ本番。

Sweet Dreamsを歌いきった時に、

何かが溢れて来て止まらなかった。


つまらない事もイらっとする事も沢山あるんだろうけど、

楽しい事沢山あるから。

ちゃんと見つけて、ちゃんとその手に。

それを頭の中にイメージして。


今回のライブ、僕が喋るタイミングが1回あるか無いかくらいなんだけど、

なんの打ち合わせもなしに、真緒ちゃんが喋り出していて爆笑。余程楽しかったんでしょう。きっと。

一曲目から熱いし、暑いしもう大変。

No.9が初日よりももっと反応が良くてびっくり。Swan Songも良い手応え。

剣がナイ~の運動会パートで走り出したい衝動にかられるのは私だけではないはず(笑)。

どうぞご自由に(怪我しない様にね、笑)


ほぼ一年ぶりの仙台、仙台で久しぶりの曲を多めに、

去年一度しか来れなかったからさ。

ARABAKIもMEGAROCKSもまた来たいなぁ。


二本目終えて、良いツアー廻れるという事を確信。

次は三本目新潟。乞うご期待。


BIGMAMA  金井政人



by emm_bigmama | 2014-05-20 22:48 | Comments(39)
Zepp Tokyo 11th May 2014


いつも通りのアラームで目が覚める。

ストレイテナーのシンペーさんが早起きして2.3キロ走ってライブすると丁度いい、

というのを見習って健康的に早起きするも、

何だかベッドが、布団が、枕が、僕の事を離してくれない。ような気がする。


うん、疲れをきちんととるのも大切!なはず!

と満を持して二度寝。二度寝ラブ。


からのちょい寝坊を経て、急いで準備し、

メンバーと集合してから会場入り。

車で海沿いを走ると何か気分がいい。あ、グラサンどこだっけ(おでこにかかってました)。

早くから皆がグッズを買いにきてくれてたり、待っててくれてたり、

嬉しいが当日暑かったからちと心配。テイクケアー。


リハ前にボイトレの先生に会う。

歌がうまくなりたいのでまた改めてお世話になることにした。

ので今日はライブをリハから見てもらう。

気持ちよく歌う方法を教えてもらってる。


リハ開始。初めてライブハウスで鳴らす曲がいくつもあって、

その瞬間はやっぱり凄くドキドキした。

さてこれが皆と一緒だとどうなってしまうのだろう。

興奮でも不安でも緊張でもないこのワーという気持ちは何とも説明し難い。ワー。

一曲ずつ入念に確認。

準備は万端、あとは自分次第だ。うす。


珍しく用意してもらった食事があんまり喉を通らない。

というか、なんかもう気持ちがライブに向かっていてそれどころじゃない。

けど腹が減っては戦もあのアレも出来ないので、

ウイダーイン。レッドブル。

多分日本で一番この組み合わせを愛用しているのは僕だ。


本番前に[Alexandros]のヒロくん登場。

昨日までここで2daysしてたのに、3daysやんか。

手ぶらでごめんっつってたけど、来訪が何よりの手土産。とても愛おしい。ありがとう。


アナウンスがあってSEが鳴る。

の前にメンバーで手を合わせる。いつもの奴。


歓声がきこえる。

心にブワっと火がつくような感じ。もっと来い、もっと来い。

待たせたな東京。会いたかったよライブハウス。




ーーーーーーーーーーーーーーーー

ここから先は、BIGMAMAとライブハウスに来てくれた皆さんだけが知っている話。

ハイライトとしては、

新譜の中でNO.9を皆が曲を聞き込んで遊んでるのがたまらなかった。

パーフェクトグレイもそう。まだイケルと思うけど。

熱烈なリアドコールに嫉妬する他の面々。

ロイヤライズで悦に浸ってたらちょっとやりすぎ笑われたわ(笑)。

Sweet Dreamsをゼップ規模ワンマンでやるのはじめてだったかな、

とにかくいい景色だった。負けない様に歌うからさ、この歌は皆の歌だ。

年に一度の”母に贈る歌”の前に、

母が来ているにも関わらず、母が死んだ場合の話をする私の空気の悪さ。


終わってからテレフォンズのノブ君登場。どうやら開場時間を間違えたらしいが、偉く楽しんでくれていたようで嬉しい。彼が居ると空気が柔らかくなる。

アソビウスの甲斐君も来てくれた。ご飯たべにいくいく詐欺してる。俺。

ごめん近いうちに、ありがとう。

ここに書いてない人もありがとう。皆楽しんでくれてたようで何より。


さて仙台移動中。

初日を終えて、この一週間さらに研ぎ澄ませてきた。

久しぶりの曲をあとでもう一度確認しよう。

夜は牛タンかなぁやっぱ。


BIGMAMA   金井政人





by emm_bigmama | 2014-05-16 16:12 | Comments(51)
May 2014
前回の誕生日のくだり、色んな所で手紙やメッセージ頂きました。少しずつ目を通しては心を揺さぶられております。

 7  しずか  ふみか  りょぺーい  ぽぽぽ  yuzu-exc みき もか  とび  Mぁい  a-  あいぺ  あやのん  まこ  かば  ふみか y pi_n_po_n あかり  LITTLEMANA  なつき  ちろる  りほ  まほ  kumi  いずみ  りえ  ゆうき  ☆さち☆  ふみや  くま  megu  なっち ゆうき 朱雀  ましお  まっちゃ  ちいちぁん  ののか こてっち ナダヤマ こうや  eLICa  ゆめあ どん  ナナシ  ちよ  ゆぃりん  Appleパーカーのまきちゃん さとぅー  美由貴  sakiko  史織。  抹茶  あづみ  しゃも  ☆あんこ☆   しほ  ゆりえ  美遊    かすみんち。 ペラフィネ  枝里  ゆかりんりん  コボリン  blue  うーちゃん  かき  悠莉  rika  田仲まぐろ  神戸のくるみ  いち  SaoRi  なみ  KUMIKO  どこかのOL  mylove0314 まな  makaron555 ゆきりんご キョウカ  むー

すー  しろ 


コメントありがとう。しかと受け止めました。

本当はここだけじゃないんだけどね、ツイッターは流れちゃってこういう時不便ね。


皆さんに恥ずかしく無い様に生きねば。

f0192691_23220076.jpg
タワヨコ行って来た。お店の愛に感謝。ちょっと泣いた。ちょっとね。店員さんも泣いてた(笑)
f0192691_23202367.jpg
次何読もう。皆様おすすめあります?
f0192691_23230787.jpg
バナナのやつ飲めぬまま次のシリーズへ。今回のクッキーの奴はうーん。うーん。
f0192691_23224157.jpg
湖池屋ラブ。
f0192691_23201055.jpg
f0192691_23202980.jpg
最近ラジオのため名古屋に行く機会が増えて嬉しい。FIND OUT。皆様木曜日の夜は一緒に夜更かし。レッツ夜更かし。
f0192691_23205015.jpg
f0192691_23193480.jpg
ツアー用に足元をダイブすっきりさせた。下の奴はアコギようの秘密兵器。優秀。
f0192691_23211274.jpg
Roclassick Tour開幕。全国の皆様にライブハウスで会えるのを何より誰より楽しみに待っています。

そろそろブログ引っ越すかも(多分)。

BIGMAMA 金井政人

by emm_bigmama | 2014-05-14 23:30 | Comments(74)
夢のまた夢のまた夢のまた夢。


レベルで言うと29になりました。

来年からは減ります(本気)。

f0192691_00162368.jpg

流石に自分の人生、さいたまスーパーアリーナで誕生日を祝ってもらう事は想像してなかったです。

その場に居合わせてくれた皆さん、

各所にメッセージをくれた皆さん、本当にありがとう。

まだまだ全部読み切れないんだけど、

なんか落ち込んだときのためにとっておこうかな(笑)

そして、鹿野さん。

夢のまた夢のまた夢のまた夢、みたいな時間だったよ。

単純に”ありがとう”という言葉しか出て来ない瞬間って、この先人生でいくつあるんだろうな。

感謝の気持ちはちゃんと音楽で返します。うす。

f0192691_00164537.jpg

あーあーあーあー

もっともっと期待されたいし、

もっともっと成長したい。


僕はBIGMAMAというバンドで、

もっと沢山の人にモノに場所に出会いたいし、

一人一人ともっと深くコミュニケーションをとりたい。


親から産まれてさ元々からっぽだった自分に、

どんどんに中身を詰めてもらってる感覚なんだ。

(たまに歌詞が押し出し式で出てっちゃったりもするんだけど。)

適当で軽薄だった自分が、

やっと地に足つけて生きてる気するんだ。


この前さ、下北沢で目の前を大学の新歓のコンパでもあるのかな、

“Rock研究会”なる団体が歩いていてね、

5~60人いたのかな、

メンバーほぼ全員揃っていたんだけど、

ちょっとそこ邪魔です、どいて下さい的なエアーを出されて道を譲ったんだけどさ、

あ、俺らは研究されるとこまで辿り着いてないんだな、って笑ったよ。

んでその後無性に泣きたくなったけど。

別にキャーキャー言われたかったわけじゃなくて、道を譲りたく無かったわけじゃなくて、

なんか全然届いて無ぇなぁって。


俺がもっと中身のある人間になって、

もっともっと歌もギターもレベルアップしろってんだな。

わかってる。足りない事だらけだ。畜生、今に見てろ。


そう、だから今はRoclassick Tour、このツアーにすべてを賭けるよ。

今後の事とかは一回忘れて、このツアーでバンドの全てを出し切る。

今はそういう気持ちで準備をしているよ。

(悔しい事に)地方ではまだチケットがあるからさ、絶対に見逃さないで欲しい。


全く知らない赤の他人の幸せを願う事は、

まだやっぱり未だにちょっと難しい。ちょっとな。不幸になればいいとは決して思わないけど。

俺はマザーテレサみたいにはなれねーや。

ただそれでもさ、死ぬほど自信を持って言えるのは、BIGMAMAの音楽を好いてくれてる奴らには、

なるべく笑ってて欲しいし、絶対に負けないで欲しいし、上手くやって欲しいし、騙されないで欲しいし、

偽らないで欲しいし、最後には信じて欲しいし、良い人生を送って欲しい。

BIGMAMAの音楽を好いてくれてるみんなの幸せを誰よりも心から願ってる。

ここに辿り着いてくれた皆の幸せを願ってる。

当たり前か。

そして願ってるだけじゃなくて、その願いをちゃんと形にしていく。

それだけは約束出来る。

音楽の趣味嗜好の変化は気分屋だから許せ。全部最高に楽しんでやってるから。


別に言い訳じゃないけどさ、まだ完成品じゃないから、間違ったり足りない事があったら、

いつでも教えておくれ。


そして、たまにでいいから力を貸しておくれ、

日本中に世界中にBIGMAMAの曲を響かせてみたいんだ。


これからもよろしく。

今日は飛び切り愛を込めて。

f0192691_00132196.jpg
いつもありがとう。


BIGMAMA  金井政人




by emm_bigmama | 2014-05-07 00:17 | Comments(87)
April 2014 ”2”
久しぶりにメンバー5人で、発売日にCDショップを廻って来た。愛のあるコメントにたまに本気でウルッとくる。


f0192691_17483868.jpg
f0192691_17485707.jpg


f0192691_17481719.jpg


f0192691_17483188.jpg

f0192691_17484968.jpg

f0192691_00142381.jpeg
合間を縫う様に美術館巡り。インプットインプット。
f0192691_00141086.jpg
今年は広島が強いですな。
f0192691_00143774.jpg
北海道はお魚が美味しい。
f0192691_00234485.jpg
最近自分がマカデミアナッツが好きな事に気付いた。食べ過ぎ注意。
f0192691_00140477.jpg
北海道限定ものを頂く。良いですな!
f0192691_00135584.jpg
アナと雪の女王が凄く凄く良かった。なんか綺麗な百点の答案用紙眺めてるみたいで良かった(褒めてます)。

明日からまたツアーのリハ。頑張り時やん。素敵やん。
BIGMAMA  金井政人

by emm_bigmama | 2014-04-26 00:18 | Comments(26)
最後の一口



「ねぇ、お兄ちゃん、”好き”と”愛してる”ってどう違うの?」




「聴いて、お兄ちゃん、リクちゃんに好きって言われたの。」

ヒナは母親にバレない様にこっそりと僕に耳打ちをした。

この春から姪っ子は、幼稚園に入園し、どうやらそこでの生活を充分に謳歌しているようだ。

「それでね、今度はリョウくんがね、ヒナの事、愛してるって言うの。」

「ねぇ、お兄ちゃん、”好き”と”愛してる”ってどう違うの?ねぇ、どっちの方がヒナの事幸せにしてくれるの?」

ピュアというものは時折”凶器”にも”狂気”にも感じられる。

姪っ子は小さなその両手の平で悩ましい顔を包み込む様に頬杖を付きながら、

僕の顔を穴がいくつも空くんじゃないかという程にじっと見つめている。

「さぁ、どっちだろうね。」

所為幼稚園児の恋愛話など、映画のオープニングでこの結末ってどうなるの?と聴かれるのと同じだと判断し、

適当な相づちであっさりその場を切り抜けるつもりだったが、

どうやらヒナは僕の事をそれで許してくれそうにもない。

答えに詰まった僕は、とりあえずコンビニデートへ誘い、

好きなアイスを買ってあげることでその場を切り抜けた。

お金で解決しようとするのは大人の悪い癖だ。

小さな子供と一緒に暮らす事を僕はまだ想像出来ないでいる。

一ヶ月と持たずに僕の顔も財布も胃袋も、

機関銃で打ち抜かれたかの様にどれもきっと穴だらけだ。


久しぶりに実家に帰ると、

時間がゆっくり流れている様な感覚に陥る。

実家のある駅は、丁度急行の電車が各駅に変わる境目にあり、

ここまでは急行を使って”急いで生きる人”が住んでいて、ここから先は各駅停車で”のんびり生きる人”が住んでいる。

時折そんな線引きを大袈裟にしているように思えてしまう事がある。

駅からの道のりでの人の歩くスピードや、会話のスピードから何まで、

全てがほんのちょっとずつスローモーションに感じられて、

日々自分が如何に生き急いでいるのかを、時に悲観的に、たまに誇らしくも思う。

急いで生き疲れては郊外のゆったりと流れる時間に浸りたくなって、

のんびりしては時折都会のスピード感に気後れする自分に嫌悪感を抱く。

結局どちらをとっても無い物ねだりなんだろうなと、定期的に堂々巡りをするだけなのだが。


電車にのって今住んでいる家に戻る時、彼女から連絡があった。

三つ年上の恋人は僕がこの会社で働く様になってから最初に出会った人だ。

新人研修のときの僕の指導係で、

大学を卒業するそのギリギリまで遊びほうけていた自分にとって、

スーツを着こなす女性はまず例外無く魅力的に見えたし、

丁寧な言葉遣いや気配りに、そのまま自分もついでに大人になったような気分も味わえて、

恋愛のいろはだけでなく、自尊心も満たして貰える所が良かった。


ただそんなぬるっとした感情で始まった恋愛も、

相手によってはそれもまた素晴らしくもなるもので、

時折目移りしてみるものの、結局は彼女を失う事を恐れて僕はその一線を踏み越えないまま今に至る。

何度もその白線が、滲んでは前後左右し、陣地取りのような争いを経ての話であるが。

彼女に愛想を尽かされそうになる度に、

僕は幾度と無くその線を消して、彼女の方に歩み寄っては、新しく線を引き直した。


急に明日が休みになったので、少し付き合えという誘いだった。

彼女の最近のトピックを一通り聴き終えた後に姪っ子の話をした。

“好き”と”愛してる”という違いや基準についてである。

余程の愛の伝道師、哲学者でもない限り、そんな答えをズバッと導きだせるはずも無く、

議論が堂々巡りを繰り返しているうちに、腹は満たされ、酔いもまわった。

ラストオーダーを、と店員が尋ねると、彼女がメニューのスイーツの欄ををみながら悩んでいる。

どちらか決めかねているようだ。

「決められないなら、僕も食べるから、好きなの2つ選びなよ。」

時折女性にはスイーツに対して執念のようなものを感じるが、

おそらく僕を筆頭に男性は皆ドライだ。実の所、甘ければ何でも良いのである。


彼女は僕の言動を気遣いだと素敵に勘違いし、

運ばれてきたケーキを嬉しそうに写真とった後に、いざ、実食。

しばらく無言で2つのケーキを交互につつく時間が続いた。

フォークが食器にあたる音と、コーヒーカップを受け皿に置く音以外にあまり音は無く、

今まで聴こえていなかった店内のBGMがうっすらとその隙間に聴こえてくるだけだ。

決して口コミサイトで評判であったり、見かけが特別なケーキではないのだが、

目の前の人間が美味しくものを含めて、僕はなんだかとても美味しく思えていた。

気付けば、残すところは最後の一口。

僕はまだ少し胃袋に余裕があったが、

おそらく彼女も同じ気持ちだろうと思い、

最後の一口を自然と彼女の口元に差し出していた。


美味しいそうに頬張る彼女のその表情に見とれながら、

僕は自分にとっての愛の形がなんとなくわかったような気がしていた。


所為”愛”の表現の仕方や、その”定義”の仕方なんてものは十人十色、ウン十億人のウン十億色、

人それぞれあってしかるべきだと思う。

僕の場合、次に姪っ子会った時にはこんな気持ちだと話そうと思う。まだその話題に興味があればの話だが。


最後の一口。


BIGMAMA   金井政人

※この物語は"最後の一口"から創作されています。



by emm_bigmama | 2014-04-25 20:01 | Comments(29)