The Diary Of  Lady B BECCA

The Diary Of  Lady B BECCAThe Diary Of  Lady B BECCA

Profile
BECCA BECCA

1989年5月9日生まれ、20歳。ロス在住(オレゴン州ポートランド出身)。

2歳の頃から自分を表現するために歌を歌いだす。その後、クワイアー(合唱団)等に参加して、自分が歌える機会を探しながら、10歳からギターを弾き始め、曲作りを開始。高校1年生の頃、夢への実現が始まる。「家族ぐるみで付き合いをしていた友人が、学校で歌っていたクワイアー(聖歌隊 /合唱団)でのパフォーマンスを録音してメレディス・ブルックス(Meredith Brooks)に渡したのがきっかけなの」(ベッカ)。
90年代、アラニスのライバルとして、“ビッチ”のヒットでマルチ・プラチナに輝いたアーティスト、ソングライターのメレディス・ブルックスは、ベッカの歌声を聴いて驚いた。「ベッカは強力な歌声の持ち主。その上、ソングライティングの能力も備えていることを知った時、私は彼女に大注目したのよ。」(メレディス) その後、ベッカは、14歳にして、ロスに移住し、メレディスと曲作りを開始する。そして、ライヴ活動を開始、17歳の時には、ライブでの口コミもあり、そのデモと彼女原作のコミック(「コミックスを通して私という人間と、私の音楽を表現したい。」(ベッカ))をのせた彼女のマイ・スペース・サイトが全米3位になるほどアクセスが殺到!

その噂とデモが衝撃的を呼び、ソニー・ミュージックと18歳にして契約。19歳でメジャー・デビュー!デビュー前にサマソニ08を満杯し、パフォーマンスは見た人全員が、絶賛!デビュー・シングル「I'm ALIVE!」(アニメ「黒執事」エンディング・テーマ)ヒットの中、08年11月、デビュー・アルバム「ALIVE!!」をリリース(オリコン洋楽アルバム週間初登場8位)。

同11月、ジャパン・ツアーを大成功に収める。09年日本を歌った「SHIBUYA」が配信リリースされ、動画サイトで初音ミクがカバーし、話題となる。9月には音楽Fes[LIVE for LOVE]への出演での来日も決定!

BENNIE KとBENNIE BECCAを結成し、デビューから1年、早くも2ndアルバムをリリース予定。

Links
Release Information

Best Album
『BEST』

2011.3.2発売
SICP-3023/¥2,520(税込)
この商品を購入する
  • [収録曲]

  • 1. I'm ALIVE!
    2. If U Could See Me Now
    3. Leave Me Alone
    / BENNIE BECCA
    4. Dreamer (English Ver.)
    / BENNIE BECCA
    5. SHIBUYA
    6. TURN TO STONE
    7. Lose You Now
    8. Perfect Me
    (Album version)
    9. Love Or Leave
    10.KAMINARI GIRL
    (English Ver.)
    / BENNIE BECCA
    11.How Will You Know
    12.Don't Save Me
    13.Guilty Pleasure
    14.Falling Down
    15.Kickin' & Screamin'
Music Clip「TURN TO STONE」
「I'm ALIVE!」
Music Clip視聴
<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
バレンタインデー☆ ~後編~
今日は本当に素晴らしい夜を過ごしたわ。
とっても美味しいタイ料理屋さんに行って、
お店の装飾の写真を撮ってきたよ。
全てバレンタインデー仕様になっていて・・・超可愛かった!
お店からは、全てのテーブルにシャンパン&バラの花のプレゼント。
皆も素敵なバレンタインデーを過ごせてたらいいな☆
写真を楽しんでね♪

f0170412_1743364.jpg

f0170412_1734630.jpg

f0170412_17479.jpg


I had a really great evening.
I went out to this yummy thai restaurant and
I took pictures of the decorations.
It was all done up for Valentine's day...super cute!
They gave free champagne and roses to all the tables.
I hope you all had a good one.
Enjoy the pics!
by beccachan | 2009-02-14 23:57 | 日記 | Comments(5)
バレンタインデー☆ ~前編~
ハッピー・バレンタインデー!
そこら中に愛が溢れてるわね。
もしバレンタインの相手がいないなら、今すぐ見つけに出かけて!
もし愛する人がいて、でもその気持ちを伝えるのを恐れているなら、
今日が告白するのにパーフェクトな日よ!
思い切ってやってみて、恋をして、たくさんチョコレートを食べてね。
私にとっては、皆がバレンタインの人よ! 愛を込めて。

今私のお腹の中にある、すごく美味しいヴィーガン・ケーキ(チョコ)の写真!
f0170412_16461973.jpg


Happy Valentine's Day!
Love is in the air.
If you don't have a valentine yet, go out and get one!
If you love someone and are scared to tell them,
today is the PERFECT day!
Take risks, fall in love, and eat lots of chocolate.
You are all my Valentines! XoXo

Here's a picture of this amazing VEGAN cake that
I found that is now in my tummy!
by beccachan | 2009-02-14 15:40 | 日記 | Comments(2)
恐怖の出来事。。。Part ②
前回からの続き。。。


天使の彼:
よーし、さぁ君。彼女から離れて車に戻りなさい。

クレイジー男:
(ちんぷんかんぷんで支離滅裂な、聞き取れない言葉を話しながら怒っている)

少しずつ、でも確実に、天使の彼はそのクレイジーな男をその男の車に連れ戻したの。車はナンバープレートがついていないPT Cruiserで、道を渡ったところの赤い(違反)部分にとめてあったわ。

天使の彼はこちらにやってきて、大丈夫かと私に聞いたわ。私はまだどうすることもできずにその場に立ち尽くしていたんだけど、次第に「ありがとうございました。」と震えた声ながらも、つぶやけるくらいになったの。

今までの人生で9-1-1(アメリカの緊急通報用電話番号)に電話をしたこともなかったし、彼は正確に言えば犯罪を犯したわけではないから、そうすべきかどうか決心がつかなかった。だから、お母さんに電話をしたんだけど、最終的には彼女が9-1-1に電話をしたわ。そして2分以内に5台のパトカーが私の家の前に現れたの。私は彼らに、クレイジーな男は道の対面側に停まっているPT Cruiserの中にいると思うと伝えた。彼らは懐中電灯を照らして車の窓の中を覗いたんだけど、彼はそこにはいなかったのね。それで、私が警官に状況を報告している間に、それ以外の警官たちは近所で私が説明したクレイジー男を探したの。

約10分後、ある警官が私の説明と一致する男を見つけたから、私に確認して欲しいと言われたの。どうやら、PT Cruiserの中でブランケットの下に隠れていたみたい。私はパトカーの助手席に乗り込んで(超すごいの!)男が捕らえられているコーナーまで行って、彼に懐中電灯を向けたわ。2度目にライトが彼を照らした時、私は確証をもって言ったの「彼よ」って。

私にずっと質問をしてきていた警官は男に質問をするから、私に彼の車の側で待つように言ったわ。警官は数分後に戻ってきて、その男が精神分裂病で治療が必要だったと教えてくれた。それで、彼らはクレイジーな男をなだめて、この近所を立ち去るように言ったの。その男が法的には罪を犯していないから、逮捕をすることができなかったのよね。警官は次回もし何か起こった時には、遠慮なく連絡をしてくるようにと言ったわ。というわけで、私はやっと正常な意識に戻って、彼らにお礼を言っていつも通りの夜に戻ったの。あー、怖かった!


Angel Man:
Alright now sir, you need to get away from her and go back to your car.

Crazy-Angry-Man:
(gibberish...CRAZY TALK...inaudible angry words)

Slowly but surely, he escorted the man back into his car, which happened to be a PT Cruiser with no license plates that was parked across the street in the red (illegally).

Angel Man proceeded to ask me if I was okay. I was still standing there not quite knowing what to do with myself and eventually I was able to mumble "Thank you sir" over and over again through a shaky voice.

I had never called 9-1-1 before and I wasn’t sure if it was something I needed to do, since the man had not really committed a crime. So I called my mom who called 9-1-1 immediately. Five cop cars appeared at my house within 2 minutes of calling. I told them that I thought he was in the PT Cruiser across the street. They shined the flashlight into the windows of the car and said he wasn’t in there. The cops searched around the neighborhood for the man I described while I gave a report to another cop.

After about 10 minutes, the cop told me they had found a man that fit the description and they wanted me to identify him. Apparently he had been hiding under blankets in the PT Cruiser. I got in the passenger’s side of the policeman’s car (so awesome!) and we drove up to where the man was being held on the corner and I shined the spotlight onto him. The second the light hit him, I confirmed: “that’s him”.

The cop I had been questioned by asked me to wait by his car so that he could question the man. He came back a few minutes later and told me that from what he gathered, the man was just a schizophrenic and needed to be on medication. They calmed the man down and told him to leave the neighborhood. They couldn’t take his rights away by arresting him since technically he hadn’t committed a crime. The policeman told me not to hesitate in calling them next time. I thanked them all and went about my night, feeling as enlightened as ever...
by beccachan | 2009-02-06 17:10 | 日記 | Comments(6)
恐怖の出来事。。。Part ①
昨晩、今までに経験した中で最も恐ろしい出来事の一つが起こったのよ。

私のアパートの外で、怒鳴り声が聞こえて、男の人がすごく怒っているみたいだったの。こういうことは私の近所ではまぁまぁよくあることだから、この時はそこまで気にしていなかったの。この近所はとっても素敵な所なんだけど、ただいい人ばかりが住んでるっていうわけじゃないのよね。私はウェスリーを散歩に連れて行かなきゃいけなかったから、その怒鳴り声がやむまで少しの間待っていたの。まぁ、明らかに、十分に待たなかったわけだけれど。。。外に出た瞬間、道の反対側にいたその男は私に向かって突撃してきたの!彼は私の目の前にやってきて、私はそこに立ったまま凍り付いちゃった。恐怖で身がすくんじゃったの。

これから、私達がどういう会話をしたのか、書いてみるわね。

クレイジー男:
おい!おい、お前!これから俺はお前の住んでいるビルの写真を撮るんだよ!あぁ?そんな顔で俺を見るな!お前達はいつも俺がここら辺に現れるとそういう目で見るんだよな!お前も俺に向かってクラクションを鳴らしただろう!

私:
あのー、どうなさいましたか?

クレイジー男:
むむむ。。。自分が何したかわかるだろう!!俺に向かってクラクションを鳴らしていただろう!俺はお前の住んでいるビルの写真を撮って、誰かに見せるんだ!

(この時点で明らかにわかったことは、私を助けてくれるような人は外に誰一人としていなくて、私はこの男と完全に2人っきりだということ。私ったら携帯電話も持っていなかったの。もう絵に描いたような危機的状況だったわけ。もし私が走って逃げたらきっと彼は追ってくるだろうし、もし助けを求めて叫んだら私を攻撃してくるかもしれない。そんな時、彼が靴も履いていないことに気づいて、この男はただ怒っているだけじゃなくて、精神的な病気なんじゃないかと感じたの。すると、もし彼が更に怒ったり私に近寄づいたりしてきたら、私の命が危険にさらされる可能性もあるんじゃないかと思ったわ。)

私は彼に視線を向けながら、そこに立ち尽くして、どうしていいかわからなかった。その時突然、この状況下で天使のように見えた男の人が道を挟んで対面側のビルから外に走り出てきて「おい!彼女から離れろ!お嬢さん、大丈夫かい?」と叫んだの。

私:
えぇぇーーっと。。。???

私はちゃんと返事ができなかったの。正直、自分が大丈夫かそうじゃないか定かじゃなくて。そうしている間も、私は怒鳴り散らしているクレイジーな男に注意を払って、彼に傷つけられないように気をつけていたわ。天使の彼は私の明らかな災難に気づいて、通りを横切ってこちらにやってきてくれたの。そして、そのクレイジーな男と私の間に立ってくれた。

続く・・・


One of the scariest things I've ever experienced happened to me last night.

I heard yelling outside my apartment and it sounded like a man was really angry. I didn't think too much about it because those sorts of things happen in my neighborhood fairly often. It's a nice neighborhood, just not very many nice people live in it. I had to take Wesley for a walk, so I waited a little while until after the yelling stopped. Well, apparently, I didn't wait long enough. The moment I stepped outside, a man from across the street came charging at me. He got right up in my face and I stood there frozen, basically because I was paralyzed with fear.

I will now attempt to make a record of the conversation
we had.

Crazy-Angry-Man:
HEY! HEY YOU! I'm going to take pictures of your building! Oh, don't you look at me like that! You people always look at me like that when I come around here! YOU WERE HONKING YOUR HORN AT ME!

Me:
Uhh sir, what's the problem?

Crazy-Angry-Man:
Uhhh... YOU KNOW WHAT YOU DID!! You were honking your horn at me! I'm going to take pictures of your building and show them to someone!

(At this point, it became clear that there was no one else outside to help me and that I was completely alone with this man. I didn’t even have my cell phone on me. I was the epitome of vulnerability. If I ran away, he would chase me. If I yelled for help, he might attack me. I noticed that he wasn’t wearing any shoes and I got the feeling the man was not just upset, but clinically insane, and that if he got any angrier or closer to me, my life would be in danger.)

I stood there staring at him, not knowing what to do, when suddenly a man that resembled an angel at this point ran outside of his building from across the street and shouted "HEY! You leave her alone! Are you okay ma'am?"

Me:
Uhhhh...???

I couldn't respond because frankly, I wasn't sure if I was okay yet or not. I was focused on the yelling Crazy-Angry-Man to make sure he wasn't going to hurt me. Angel Man noticed my obvious distress and came running across the street. He angled himself between me and the Crazy-Angry-Man.

To Be Continued…
by beccachan | 2009-02-04 10:47 | 日記 | Comments(5)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Excite musicの連載ブログ

[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2013 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム