Woman.excite
安間千紘のオフィシャルブログッEX

【安間千紘公式ブログ】
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 安間千紘オフィシャルサイト↓
安間千紘 OFFCIAL WEBSITE
   ちくびウサギ公式HP↓




安間千紘 (あんまちひろ)
9月7日生まれ。
東京都出身。血液型0型。
身長 154cm
3size B 82 W 56 H 82
足のsize 24cm
スキ→猫、ケロロ、ガンダム
オリジナルキャラクターに『ちくびウサギ』『ちくびねこ』などがある。
(どちらも商標登録済み。)

プロフィール
1987年ミュージカル「アニー」でデビュー。
その後NHK大河ドラマ「春日局」の主役幼少期に抜擢される。
TBS連続昼ドラマ「命みじかく」で主人公の少女を好演し高視聴率を得る。

10年間の子役時代でミュージカルから「渡る世間は鬼ばかり」などの現代劇・和物まで様々な舞台を踏み、また数々のテレビドラマに主役、ゲスト主役として演じ評価を得る。

現在は舞台・テレビの出演に加えタレント養成所、劇団、バレエ・ダンススタジオなどで特別講師を務める等、振付師、インストラクター、プライベートコーチとしても幅広く活動中。
ジャズダンス、タップダンスを主に得意とし、クラスに合わせて行う即興的なレッスンスタイルに定評がある。

'01年より名倉加代子率いるジャズダンスカンパニーに合格。現役メンバーとして活動。

東京都教育委員会「青少年を育てる課外部活動支援事業」特別芸術講師、「オリンピック・パラリンピック教育推進事業に伴う指導員」として都立高校に就任。
多感な時期である学生の心と身体に素直に触れながら、芸術を発信する上でのプロ意識(品性やマナーなど)をしっかり伝える事で、芸術を通して社会や環境、家族、自分…未来に繋がる気付きのきっかけ作りとなる指導がモットー。

近年では、フジテレビ「愛の迷宮」のタイトルバックに作品イメージ女性として振付/出演をし、好評を得る。

----------------------
(預かり)
ハーヴェストプロダクション
〒180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町
3-32-2 
代表 0422-71-7731
FAX03-6763-1176
-----------------------
記事ランキング
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
ブログジャンル
画像一覧
検索
弾丸静岡旅! 祖母のお見舞い&美しい花屋台の御祭り…
こんにちは☆

弾丸静岡旅!!
…かなり疲れました〜(;´∀`)

疲れがガンガンに残る中、明くる日も娘関係の大切な用事があり、丸一日ドタバタしていましたが…

連休全て、家族で価値ある時間を過ごせました。

慌ただしくとも、娘はよく寝て、よく食べ、よく楽しみ、よく動き…
とーーーっても元気です(笑)


という訳で、静岡でのこと…
d0224894_01524412.jpg
祖母にも逢いに行き、元気な様子で良かった♡
ひ孫である一加のことも、存分に可愛がってくれ「あたしゃもう死ぬよ…」という得意台詞(-ω-;)が出たので、安心しました(笑)

そう言っているうちは、元気な証拠です(笑)たはは。

娘もこの夏に挑戦させて頂いた舞台や、大人に混ざってのジャズダンスLesson、お世話になっている先生のお名前まで出して、嬉しそうに報告していました(o´ω`o)

私が幼少から何を報告しても「調子にのっちゃあかんに!」と言っていた厳しい祖母(;^ω^)も、ひ孫には大変甘々で「そうかぃ、立派だよぉ…」となでなで。
まるで私も一緒に撫でてもらっているかのように、幸せな気持ちでした。。
d0224894_00155322.jpg
母が用意していた祖母の大好きなおやつ(月餅やちょっと贅沢なあんぱん等)を一緒に食べて、
私は、恒例の『お顔のメンテナンス(おひげ抜きw)』も施し(笑)

旦那くんも手を握ってじっくりお話して…
(祖母は旦那くんが大好き♡)

キラキラお日様の下、笑顔で「またね〜!大好きよ〜!」と、見えなくなるまでバイバイしました。

次は冬かな。。
お着物来て、逢いに行こう!!


さてさて、父の地元の御祭りのこと。

「すっごく綺麗なんだよ、大きくって、立派で、お花が一杯でね…とにかく皆に見て欲しいんだよ。」と、父の話ではなんだか漠然としていて、誰も想像出来ておらず(笑)

折角なので、あえて事前にネット検索もしないで、全く解らない状況でお楽しみにすることに( ̄∀ ̄*)

車を走らせていると、見つける住民が全員が襦袢を着ていて…ビックリ!

「そろそろ、屋台が見えるはずなんだけどな。。きっとあちこちから出てくるから。。音でね、解るかもね。。」
と言う父に、
「屋台って食べ物とかが出てるアレのこと?あちこちから?音??」とさらに謎が深まっていると…

ついに遭遇!!!!大感激!!!!!
d0224894_00240339.jpg
ピンクのお花!!!!!

コレが『屋台』なのね〜!!!(゜ロ゜;ノ)ノ

御前崎の御祭りでは…ピンクのお花が可愛くて、豪華でカッコいい『花屋台(二輪屋台)』が練り歩くのです!!

しかも、「あぁ、これは子供用だね。ちっちゃいもん。パパも小さい頃に屋台の上に乗ってたんだよ〜」と父。
…これでちっちゃいの??十分立派だけど(汗)

「てっぺんに人形が1体しかいないでしょ?大人のは2体いるの。車輪ももっと大きいんだぞ〜☆」とのこと。

娘も大興奮!!

早速、御祭り専門のお店(田舎らしく、大きくて贅沢な店舗にびっしり御祭り関係が揃います!)へ行って、店員さんに丁寧に見繕ってもらって…
(しかもちょっと大きくて、特別に縫い縮めて下さって(泣))

じゃーん!
d0224894_00570395.jpg
店員さんが選んで下さったのは、真っ赤な桜吹雪柄
家族も娘も「絶対これ!」と即決めでした(笑)

そして鈴付きの火の用心袋(裏は交通安全。写真は裏側が映ってますね…)もなんだか可愛い。

急遽だったのに、一色揃え、なかなか豪華なセットになりました(笑)

しかし、髪の毛がこれじゃイカン!とダッシュで近所の薬局へ行き、ヘアピンを買って…

お店で色々買った髪飾りをあーでもないこーでもないとやってみて。。
※なんせヘアアレンジのセンスゼロの私なので。

どうしても天狗さんを付けたかったので、こうなりました(笑)
天狗さんは奇跡のバランスで髪にくっついていています(;^ω^)
d0224894_00564806.jpg
地下足袋も、すっごく歩き易いのだと、ズンズンご機嫌!!
…とかいって、パパに甘えん坊

いざ、花屋台へ!!

と、屋台の方へ進むと土手が見えて、父がふらりと登ってしまい(;´∀`)
続いて娘と旦那くんも…

するとお空に、まるで龍神のような雲が!!!
なんだか私達を導いてくれているかのように見えて、感動しました…
(勝手な見方ですが(;^ω^))
d0224894_01022969.jpg
父の名は、地元に伝わる桜ヶ池の龍神様が由来なのです。。。


ようやく屋台の列に辿り着くと、
本当だ!!子供屋台より遥かに大きい!!

※写真では子供屋台と変わらないように見えますが、威勢の良さに近づけないだけで(笑)本当に大きいですよ〜

進行ペースはとてもゆっくり。
日差しの強い秋空の下(体感温度はもう真夏のようでした)、皆様汗だくで引いていました。。

ゆっくり進んでくれるので、じっくりと見物が出来、落ち着いて写真も撮れます☆

独特のかけ声もカッコいいですよ(*´∇`*)
d0224894_01195000.jpg
本当にこの屋台をひくのは、かなりのパワーが必要なのだそう。

難関所(カーブや坂道など)では一層踏ん張るので、雪駄が脱げてしまうのもしょっちゅう。
周囲の仲間が拾っては履かせてあげていました〜(;´∀`)

「お兄さん、拾ってあげて、履かせてあげてたね!みんな優しいね!」と娘(笑)

皆さんの迫力や汗だく振りを見ても、車輪の音(ギュィィィィィ、バオォォォォウゥン、グオォォオォォン…と、まるで猛獣がうなるような音!)を聞いても、よく伝わります!!

可愛いピンクのお花からは想像出来ない、もの凄い音なのですよ〜!!

これが街中だけでなく、坂がキツい細い山道や、歩きにくい畑道まで練ってゆくとのこと、凄い!!

この日も車内から遠くの山に花屋台が見えて、感動しました!!(写真撮れず)

伝線の下をくぐるときは、こうして倒して擦りながら進みます。
それも見応えがあります(*´∇`*)
d0224894_01205766.jpg
娘も、皆さんの激しいかけ声や、威勢の良さに感化され、記念写真がほとんど厳ついポーズ(笑)

時々「ちょっと男の子みたいよねぇ〜 恥ずかしいかも〜♡」なんて言って照れていましたが「自分から勝手にやっとるのに、なんやねん(笑)」と旦那くんにツッコまれていました(笑)


父の幼い頃は、もう見物の人で街が埋め尽くされていたらしく、それはそれは大盛況だったとか。

ですが段々と祭りが分散化されてしまい、父の年代が中心になる頃には、居る人全員が参加者…という感じになったそうです。

それでも、この素晴らしい花屋台の御祭りは、土地の方々が誇りと愛をもって、しっかり継続されていて。
d0224894_02105459.jpg
「パパも自分が参加しないで観るだけなのは初めてだから、なんだか不思議だったし、嬉しかったな。。こんなに美しい御祭り、世の中の人にもっと知って欲しいよなぁ…あの可愛いお花も街の皆で作るんだよ。。」と少し寂しそうに話していました。。。

父の弟が御祭りの班の上役を務めた時は、父も駆けつけたそうですが、それもだいぶ前の事…

末永く、引き継がれていって欲しいなと願います。


知らぬ間に手が真っ黒になっていた娘(爆)
そういえばどこかの手すりを持って歩いたような(;^ω^)

ぼそりと「…なんじゃこりゃ」と衝撃を受けていて(笑)
※まさかのジーパン刑事の殉職シーンの台詞そのまんまで。

おちゃらけて楽しそう(笑)
d0224894_01354171.jpg
手も綺麗にして、食べ物の屋台でチュロスや焼きそばを買って…

人気のない坂付近で小腹を満たし…

御墓参りをしてから…

どんぐり拾いや、ヒコーキ飛ばし(旦那くんが薬局にあったガチャガチャで買ったらしい)で遊んで。
お腹のポッケは、どんぐりで一杯!!
d0224894_01390003.jpg
本当は夕方から花屋台に光が灯り、さらに美しいとのことなのですが…

次の日も早くから予定があり、断念。
いつか夜も観に来れたらいいな…

襦袢のまま、富士川のSAで夕ご飯を食べました(笑)

御祭りショップで小さなお面をいくつか買ったので、帰りはおかめさんを後ろに♪
私は年甲斐も無くソフトクリーム片手に自撮り...(((´ω`;)
d0224894_01414048.jpg

母も、嫁いで一度も見た事がなく、ようやく観ることが叶い感動していました。。。

いつもこの時期に帰省するのは、スケジュール的に本当に難しくて…(泣)

でも、本当にまた観に来たい!!

次は恵比寿さんのお面を付けようかしら♡
d0224894_01432162.jpg
日記の裏面には、花屋台をイメージしたのか、お花の中に襦袢を着た自分を描いていました☆

色を入れてしまって見にくいですが、天狗さんの長いお鼻や怖い目も描いたようです(笑)
どんぐりは、並べてスケッチしていました。

(日記は、表はひらがなで文章がメイン、裏はイラストと英語でコメントを付けるスタイル)

d0224894_01432695.jpg
孫のこんなに嬉しそうな顔を見て、父も大変幸せそうでした…

父にとって思い入れ深い、大切な御祭りを家族で味わうことが出来て、本当に良かった♡

d0224894_01431661.jpg
↑アプリに入ってたどんぐり画像、だいぶ汚れていてリアルですね…(笑)

しっかし、眉毛・・・「しゃもじ」か「れんげ」のようです(笑)
いつか自然と抜けるのか?思春期になったら整えるのだろうか…(-ω-;)


旦那くんは、終始運転。。お疲れさま!!

父も旦那くんのお陰で日頃の疲れが癒されるそうで、いつも心から感謝を伝えています(o´ω`o)
ありがとう。


今週もかなりドタバタですが、時や出逢いを大切に、
心のままに楽しんで、過ごしたいと思います。

では☆

……………………………………
スマホの方は、下の画像クリックでLINEスタンプの販売ページへ☆
d0224894_16205560.jpg
●安間千紘オフィシャルメール
(各チケット申込&Lessonお申し込み含む)
info@anma-chihiro.com
●安間千紘 OFFCIAL WEBSITE→http://www.anma-chihiro.com
●ちくびウサギ公式HP→http://chikubiusagi.com
Twitter(主にブログ更新のお知らせをしています)

……………………………………

by chihiro_anma_ex | 2017-10-10 11:41
TOPへ
<< トランポリン効果。 そして私は... 「“信じる”は、“愛する”って... >>






ちくびウサギって?
「ちくびウサギ」
安間千紘の登録商標です。
[登録番号]第5736941号
━━━━━━━━━━━
幼い頃からお手紙を書く時
ハガキの角や、便箋の封の側に
ちいさくウサギを描いていました。
ハートや、お星様を持ったウサギ。

それに、私にも在る「ちくび」も加えました。
ちょん、ちょんっと付け加えただけだけどなんか可笑しかったし
相手もお手紙を読む前に、ほんの少し微笑んでもらえたらいいな、と。

大人になってからも「ちくびウサギ」はお手紙に綴った心をスムーズに繋げてくれる、潤滑剤ような感覚で描き続けています。

…あちこちのさりげない空白に「ちくびウサギ」を描くようになって、いつの間にか周囲の人達が『ちぃちゃんのちくびウサギだ!』と言ってくれるようになりました。

ダラダラと長く、まとまりの無いブログでは、1番伝えたい事は「ちくびウサギ」が代弁してくれる。

だから、公式ブログのタイトルは
【ちぃちゃん家のちくびウサギ。】

ヘンテコで真面目な私の廻る心と、私の中にいるシンプルな想いが在る場所です。


・・・なーんて(笑)

woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム