exciteブログ ExciteホームExcite Musicトップサイトマップ
Angel Aki Blog アンジェラ・アキのちょっとハーフ・タイム
Angel Aki Blog アンジェラ・アキのちょっとハーフ・タイム
Angel Aki Blog アンジェラ・アキのちょっとハーフ・タイム
Angel Aki Blog アンジェラ・アキのちょっとハーフ・タイム

アンジェラ・アキの
最新インタビュー
[2007-09-14掲載]


【アンジェラ・アキ】

日本とアメリカ。ダブルスタンダードを持つ、個性派シンガーソングライター。 卓越した存在感のあるヴォーカル。そしてダイナミックなピアノプレイ。 日本人の父とイタリア系アメリカ人の母のもと、1977年9月に生まれる。 3歳からピアノを始め、中学校卒業まで徳島県と岡山県で過ごす。 15歳の時、ハワイに移住し、2003年に日本に帰国するまでワシントンD.C.に在住。 大学では、政治経済学と音楽を専攻。大学時代より音楽活動を本格化。 地元のクラブやライブハウス等に定期的に出演。 2005年9月に『HOME』でメジャー・デビューし、2006年1月2ndシングル『心の戦士』をリリース。 3月、3rdシングル「ファイナルファンタジーⅩⅡ」挿入歌『Kiss Me Good-Bye』をリリース。 オリコン・ウィークリーチャート6位と自己最高位を記録。 5月に4thシングル『This Love』、6月には待望の1stアルバム『Home』をリリース、 オリコン・ウィークリーチャート初登場2位を記録、現在もロングセールスを続け、ダブルプラチナを記録。 2006年12月、日本武道館史上初の単独アーティストによるピアノ弾き語りライブを行う。 この快挙となる武道館公演のチケットは発売日に即完し、ライブは大成功を治める。 2007年3月にリリースされた「サクラ色」は、自身のシングルの中で、最速最多の売り上げを記録。 5月23日には、初ドラマ主題歌となるNew Single「孤独のカケラ」をリリース。 今、最も活躍が期待されるシンガーソングライターである。
TODAY
2nd Album
「TODAY」
9月19日リリース

【初回生産限定盤】
DVD付き2枚組
ESCL-3028/9
¥3,500(税込)
このCDを購入する
【通常盤】
ESCL-3030
¥3,059(税込)
このCDを購入する

OFFICIAL WEB SITE
ARTIST DATA



f0071716_9554644.jpg

アンジェラ・アキ MY KEYSブログ
アンジェラ・アキ、初の武道館公演までの道のりを追うスペシャルブログがスタート!
by angelaaki | 2006-11-24 18:59
みなさんのおかげで12/26の武道館ライブチケットが即日完売いたしました。本当にみなさん、応援と愛をありがとうございます!!何度言っても足りません。ありがとうございます。ありがとうございます!満員の武道館は想像できますが、自分が一万4千人の目線の先にいる事がまだ想像できません。。。笑。

そして毎日武道館に向けてリハーサルや体力作りをしています!久しぶりにジムに行ったり、友達の整骨院に通いまくったり。笑。(はっきり言って迷惑?)

本格的に寒くなってきましたね。冬になってから我が家ではよく鍋をしています。寄せ鍋、たらチリ鍋、鳥鍋、キムチ鍋などなど。まだまだ開拓していない鍋ジャンルがあるので色々ためしてみたいです。みなさんはどんな鍋をやりますか?おいしい鍋があれば是非紹介してください!!

みなさんは風邪など引いていませんか?とにかく寒くなってきたので、気をつけてくださいね。
それと、いつも書き込みありがとうございます!!いつも一つひとつ大事に読ませて頂いてます!
by angelaaki | 2006-11-21 10:07
みなさん、私、アンジェラ・アキが、今日(9日)発売の「ぴあ」の表紙になります!!よく読んでいるあの「ぴあ」の表紙になれるなんて夢にも思っていなかったので、感無量です!大至急アメリカに住んでいる家族に送らねば!!(”Oh, アンジー!That's You!”って言うだろうな。。。)

最近は武道館ワンマンライブに向けてのリハーサルと新曲を作っている毎日です。初の全国ツアーで受けた刺激を直接新曲にぶつけています。

(話は変わりますが)みなさんは、過去の出来事から立ち直れたと思っていたのに、ちょっとした事で昔の”あの感情”がよみがえる事ありませんか?たった一つの言葉だったり、なにげなく観ていたテレビだったり、たまたま街中で流れていた音楽だったり、ある匂いだったり。私は急に誰かが恋しくなったり、思いがけない嫌悪感にかられたり、無防備な意識に”のり”の様に張り付く感情に振り回される事があります。

飲み込んでも消化しきれない感情は、一日や二日お腹の底にたまっていますが、ピアノと向き合って正直になろうと決心した瞬間、その感情は不思議と指先を通して出てきます。すると、みるみる内に心が自由になっていきます。だから私の作る曲は、よく自分と向き合う曲になるのかもしれません。

一般的に恋愛、家族と友人関係や仕事には、失敗と成功があり、幸せと不幸があり、両思いとそうじゃない時があります。でも、幸せと不幸、失敗と成功、両思いと片思いの間をさまよう中途半端な状態こそが私たち人間の日々の生活であり、エモーショナル・ジェットコースター(感情の起伏)の意味なのかもしれませんね。アップダウンの中で、ある感情に束縛されたら、自由になる方法を考える。

私の場合、その方法が音楽なのです。

ピアノに、歌に、そして時に目を背けるけど、湧き上がる真実に自由を感じています。
by angelaaki | 2006-11-09 01:40
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。
当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用をお断りします。
Copyright ©1997-2008 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項
- ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム