アナログフィッシュ佐々木健太郎ブログ


佐々木 健太郎 (left)
(ササキ ケンタロウ)
・・・vocals, bass

斉藤 州一郎 (right)
(サイトウ シュウイチロウ)
・・・drums, chorus

下岡 晃 (center)
(シモオカ アキラ)
・・・vocals, guitar


<佐々木健太郎 ライブ情報>

RELEASE INFORMATION
アナログフィッシュ
ベストとライヴの2枚組!
【 ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE.-ANALOGFISH:THE BEST&HIBIYA YAON LIVE.- 】

2012年3月7日 発売
¥3,000(税込)
PECF-1039/40

<収録楽曲>
[DISC1]
1. 荒野
2. Light Bright
3. 確率の夜、可能性の朝(Feat.前野健太)
4. 曖昧なハートビート
5. 最後のfuture
6.PARADOX
7. ガールフレンド
8. アンセム
9. Living in the City
10. ナイトライダー2
11. Hello
12. のどかないなかのしずかなもぐら
13. バタフライ
14. Na Na Na
15. Hybrid

[DISC2]
1. TEXAS
2. SAVANNA
3. LOW
4. ロックンロール
5. TOWN
6. UNKNOWN
7. NO WAY
8. 平行
9. 戦争がおきた
10. 風の中さ
11. PHASE
12. Fine


<   2013年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
TSUNMA1206
ずいぶん久々の更新になってしまいました。

僕らの新しい『NEWCLEAR』は楽しんでいただけてますでしょうか?



2012年はかなりライブをやった年なんだけど、そんな中育ってきた曲や、それを受けて生まれた曲や...


 自分の曲に関しては、『goodbye girlfriend』なんて、また僕の新たなアンセムたる曲が出来てしまったなぁ。なんて、自分で言うなって話ですが。

『希望』なんかも、今までの自分に無かった感触の曲が出来たと思ってる。

晃作曲の楽曲を歌うという試みもしてます。僕に届いてくる評判は今のところすこぶる良くて嬉しいです。
 

あと、大事なのはサウンド面。今回もサロンミュージックの吉田仁さんにプロデュースしてもらったんですが、ちょっと専門的な事になってしまいますが、

あまりコンプなどで圧縮しないミックスで、飽和状態でつぶれてしまいがちな部分も良く出ていると思います。俺たちの演奏や音色のダイナミズムを味わっていただけたら。

まあ、このアルバムに込めた思いを、あまり多くあれこれ書いても、この数年色々あったのは、あなたも、そして俺たちも一緒なので、そいつは胸にしまい、自分で考えるとして、省かせていただきますが、

2013年に、このアルバムを作れたのは、とても意義あることだったと、思ってます。

本当に。

たくさん聴いて、楽しんでください。

さあ!ツアーはじまるよ!

俺たちは三人で音を鳴らすのを楽しむから、それを見にきて!
あなたが、そいつを見て、歓声や、ハンドクラップや、目を閉じて体を揺らしてくれたら、それはアナログフィッシュの音楽の一部だから。

よろしくね!
by emm_analog | 2013-05-14 15:33 | Comments(10)