アナログフィッシュ佐々木健太郎ブログ


佐々木 健太郎 (left)
(ササキ ケンタロウ)
・・・vocals, bass

斉藤 州一郎 (right)
(サイトウ シュウイチロウ)
・・・drums, chorus

下岡 晃 (center)
(シモオカ アキラ)
・・・vocals, guitar


<佐々木健太郎 ライブ情報>

RELEASE INFORMATION
アナログフィッシュ
ベストとライヴの2枚組!
【 ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE.-ANALOGFISH:THE BEST&HIBIYA YAON LIVE.- 】

2012年3月7日 発売
¥3,000(税込)
PECF-1039/40

<収録楽曲>
[DISC1]
1. 荒野
2. Light Bright
3. 確率の夜、可能性の朝(Feat.前野健太)
4. 曖昧なハートビート
5. 最後のfuture
6.PARADOX
7. ガールフレンド
8. アンセム
9. Living in the City
10. ナイトライダー2
11. Hello
12. のどかないなかのしずかなもぐら
13. バタフライ
14. Na Na Na
15. Hybrid

[DISC2]
1. TEXAS
2. SAVANNA
3. LOW
4. ロックンロール
5. TOWN
6. UNKNOWN
7. NO WAY
8. 平行
9. 戦争がおきた
10. 風の中さ
11. PHASE
12. Fine


<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
TSUNMA1132
アナログフィッシュ3月7日リリースにしました初のベスト&ライブ盤『ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE』を皆さんにより楽しんでいただきたく、セルフライナーノーツを書かせてもらっております。


【8】


Mー11【Hello】


“でかい世界を笑う巨大な僕の妄想/せまい世間が笑う小さな僕の声”



※このラインは確か上京直後くらいからあって、その後様々なアレンジで編曲を試みるも頓挫。


でも、本当にその言葉が力をもっていれば、相応しい時期に相応しい場所におさまっていく。


確か、年明けにデビューを控えた大晦日のライブで披露した気がする。


これから始まる、新い年の幕開け、これから踏み込んでいくであろう未知の領域に対する、予感、期待、ちょっと、不安、それらがこの曲と共に始まっていくんだな。と、感じた。


それからアナログフィッシュのライブの熱量を一段階上げる為の重要な曲として、様々な土地で、シチュエーションで、本当にたくさん演奏した。


この曲で使用したベースは僕と同じ年のギブソンEB−Ⅲ。


ビンテージなので、デッドポイントも多く、ピックアップの感度も、現行の物のそれと違い、扱いが難しいじゃじゃ馬なんですが、この曲にはピッタリハマりました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE.
Analogfish:THE BEST AND HIBIYA YAON LIVE.
2012.3.7 release
¥3,000(税込)
PECF-1039/40 felicity cap-137


<収録曲>
[Best Disc]
1.荒野
2.Light Bright (New mix)
3.確率の夜、可能性の朝 (Feat.前野健太) (new)
4.曖昧なハートビート
5.最後のfuture (初CD化)
6.PARADOX (New mix)
7.ガールフレンド
8.アンセム
9.Living in the City
10.ナイトライダー2
11.Hello
12.のどかないなかのしずかなもぐら
13.バタフライ
14.Na Na Na (new)
15.Hybrid


[Yaon Live Disc]
1.TEXAS
2.SAVANNA
3.LOW
4.ロックンロール
5.TOWN
6.UNKNOWN
7.NO WAY
8.平行
9.戦争がおきた
10.風の中さ
11.PHASE
12.Fine
by emm_analog | 2012-03-25 22:29 | Comments(4)
TSUNMA1131
アナログフィッシュ3月7日リリースにしました初のベスト&ライブ盤『ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE』を皆さんにより楽しんでいただきたく、セルフライナーノーツを書かせてもらっております。


【7】


Mー10【ナイトライダー2】


“腐りはじめた生ぬるい夜風/腐敗臭を振り払って/生きているためにスピードをあげろ”


“車はもうほとんどない/僕らはただ変わるしかない/明日もそう新しくはない/そんなのしってるよもう/ナイトライダー”


※アナログフィッシュの三人と赤いタンクのバイクに乗る友人と、深夜バイクで海を見に行った時の事を歌ったとおもわれる。


死んだ様な夜の町や、目の前で価値を下げる世界や、そう新しく無い明日の中を、魔法がかかった赤いタンクのバイクが走り抜けていく。


僕はその時洗濯してて、急に呼び出されて州のバイクの後ろに乗って行った。


なにか特別な事をしたわけじゃない。ただ深夜の街を4人でバイクで走って、空港や海を見に行って、缶コーヒかなんか飲んだのかな。


当時は、特別それが面白いとは感じなかったけど、何故か今でも克明に思い出せる。


訳のわからない人達との訳のわからない時間よりずっとずっと。



そんな瞬間が奇跡で、そんな瞬間だけが、輝いている。端から見たら、何でもないような事だろうと。


みんなも、あるでしょ。そんな宝物みたいな時間が。



ベースフレーズに関しては、自分の作ってきたベースフレーズの中でもかなり好きなフレーズです。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE.
Analogfish:THE BEST AND HIBIYA YAON LIVE.
2012.3.7 release
¥3,000(税込)
PECF-1039/40 felicity cap-137


<収録曲>
[Best Disc]
1.荒野
2.Light Bright (New mix)
3.確率の夜、可能性の朝 (Feat.前野健太) (new)
4.曖昧なハートビート
5.最後のfuture (初CD化)
6.PARADOX (New mix)
7.ガールフレンド
8.アンセム
9.Living in the City
10.ナイトライダー2
11.Hello
12.のどかないなかのしずかなもぐら
13.バタフライ
14.Na Na Na (new)
15.Hybrid


[Yaon Live Disc]
1.TEXAS
2.SAVANNA
3.LOW
4.ロックンロール
5.TOWN
6.UNKNOWN
7.NO WAY
8.平行
9.戦争がおきた
10.風の中さ
11.PHASE
12.Fine
by emm_analog | 2012-03-18 21:44 | Comments(5)
TSUNMA1130
アナログフィッシュが3月7日リリースになりました!!!!!初のベスト&ライブ盤『ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE』を皆さんにより楽しんでいただきたく、セルフライナーノーツを書かせてもらっております。


僕の拙い文章より歌詞を引用して見ていただいた方が、はるかに理解してもらい易いと考え、僕の気に入っているリリックの一部を引用しながら、書かせていただきます。



【6】


Mー9【Living in the city】


“良いや悪いに関わらず全てそろってる/それはきっと僕らに選ばれるのを待ってる”



※このラインが大好きです。『情報や物に溢れかえって大事な物を見失った現代』というよく聞く一般論に対するアンチテーゼ



『なら、自分に必要なものは自分で選ぶしかないんだよ。』という意味にも聞こえるし、『なら、可能性は無限大』という意味にも聞こえる。


僕が推測するに彼は、いつの間にか忍び寄って、巧妙に僕らを操ろうとするモヤモヤと得体の知れない大きなうねりに、敏感に反応して、少しでも抗っていこうとする姿勢があると思ってんだけど、この曲にもそれが表れている。気がする。


晃がデモ作りに本格的にDTMを導入し始めた時期の曲。
ある日僕の住むアパートに来て、5曲ほど入ったデモを聞かせてもらった時、この曲が一番印象に残った。


演奏面では、江古田のスタジオにひたすら入り、ひたっすらアレンジを練った気がする。


今思えば一日中、ひたすらアレンジ漬けで、それはそれで楽しかったな。
近所の定食屋がうまかったな。


ベースプレイには、フレーミングリップスをかなり参考にした気がする。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE.
Analogfish:THE BEST AND HIBIYA YAON LIVE.
2012.3.7 release
¥3,000(税込)
PECF-1039/40 felicity cap-137


<収録曲>
[Best Disc]
1.荒野
2.Light Bright (New mix)
3.確率の夜、可能性の朝 (Feat.前野健太) (new)
4.曖昧なハートビート
5.最後のfuture (初CD化)
6.PARADOX (New mix)
7.ガールフレンド
8.アンセム
9.Living in the City
10.ナイトライダー2
11.Hello
12.のどかないなかのしずかなもぐら
13.バタフライ
14.Na Na Na (new)
15.Hybrid


[Yaon Live Disc]
1.TEXAS
2.SAVANNA
3.LOW
4.ロックンロール
5.TOWN
6.UNKNOWN
7.NO WAY
8.平行
9.戦争がおきた
10.風の中さ
11.PHASE
12.Fine
by emm_analog | 2012-03-15 09:22 | Comments(2)
TSUNMA1129
アナログフィッシュが本日3月7日リリースになりました!!!!!初のベスト&ライブ盤『ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE』を皆さんにより楽しんでいただきたく、セルフライナーノーツを書かせてもらっております。


僕の拙い文章より歌詞を引用して見ていただいた方が、はるかに理解してもらい易いと考え、僕の気に入っているリリックの一部を引用しながら、書かせていただきます。



【5】


Mー8【アンセム】


“伝えたい事は空にあって/両手広げてキャッチするが/迷いながらいつも/迷いながら”


“僕の身体を駆け巡った/世界を彩るメッセージを/探してるよいつも/探してるよいつも”


※この曲もティーンエイジファンクラブや、オーズリー、スローン辺りを良く聴いていた時に出来た曲です。


最初出来た時はそれほど自分の中で印象に残って無かったんですが、ある日友人のライブを下北沢に見に行って、一曲目の1音が鳴らされた瞬間に全てが繋がって曲が完成しました。


その夜そのバンドのメンバーは僕の家の押し入れで寝て、帰っていきました。ドラえもん。


12弦ギターとアコースティックギターは僕が弾きました。


コーラスアレンジは州一郎。なにげに彼がバンドでギター一番うまい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE.
Analogfish:THE BEST AND HIBIYA YAON LIVE.
2012.3.7 release
¥3,000(税込)
PECF-1039/40 felicity cap-137


<収録曲>
[Best Disc]
1.荒野
2.Light Bright (New mix)
3.確率の夜、可能性の朝 (Feat.前野健太) (new)
4.曖昧なハートビート
5.最後のfuture (初CD化)
6.PARADOX (New mix)
7.ガールフレンド
8.アンセム
9.Living in the City
10.ナイトライダー2
11.Hello
12.のどかないなかのしずかなもぐら
13.バタフライ
14.Na Na Na (new)
15.Hybrid


[Yaon Live Disc]
1.TEXAS
2.SAVANNA
3.LOW
4.ロックンロール
5.TOWN
6.UNKNOWN
7.NO WAY
8.平行
9.戦争がおきた
10.風の中さ
11.PHASE
12.Fine
by emm_analog | 2012-03-10 13:12 | Comments(3)
TSUNMA1129
セルフライナーノーツは続いておりますが、皆さんベスト&ライブ盤いかがでしょうか?楽しんでもらえてたら最高に嬉しいです。


感想など是非聞かせてください。


さて、明日はアナログフィッシュタウンミーティングです。ゲストにやけのはらさんを迎えて。


どんな夜になるんだろう?


スタートしてみるまで分からないけれど、きっと特別な夜になる様な予感がしてます。


今日タウンミーティングに向けて最終リハーサルを終えたところ。


今回のタウンミーティングは小屋のブッキングからメンバー主導でやっている。まあ、相当助けてもらいながらだけど。

そんな事は当たり前の事かもしれないけど、今まで当たり前の事じゃなかったので、自分たちにとってはまた新しい一歩。


より自分たちで作り上げている感じが強い。


そんな意味でも特別な夜。


皆さんと楽しみたい。


是非!!!!!!!
by emm_analog | 2012-03-09 00:31 | Comments(1)
TSUNMA1128
アナログフィッシュが本日3月7日リリースになりました!!!!!初のベスト&ライブ盤『ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE』を皆さんにより楽しんでいただきたく、セルフライナーノーツを書かせてもらっております。


僕の拙い文章より歌詞を引用して見ていただいた方が、はるかに理解してもらい易いと考え、僕の気に入っているリリックの一部を引用しながら、書かせていただきます。



【4】


Mー7【ガールフレンド】


“今夜もこの世界中/ナナメに見渡すフリをして/本当は僕の前で/笑う君に見とれたのです”


※かつて夜の公園で作曲していたんですが、無意識のうちにメロディーとリリックが同時に降りてきた曲です。こねくり回しながら構築していく自分にとっては珍しい曲。サウンド面ではティーンエイジファンクラブみたいな、美しいコーラスワークが頭をチラチラよぎっていたと記憶してます。

12弦ギター初めて弾きました。


出来上がった時の自分の評価より、それを上回って周囲の評価が高く、そういうのは、意外だけど、凄く発見ですよね。自分が思っている長所は必ずしも周囲のそれと一致してない場合もあるっていう一つの例。大好きな曲です。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE.
Analogfish:THE BEST AND HIBIYA YAON LIVE.
2012.3.7 release
¥3,000(税込)
PECF-1039/40 felicity cap-137


<収録曲>
[Best Disc]
1.荒野
2.Light Bright (New mix)
3.確率の夜、可能性の朝 (Feat.前野健太) (new)
4.曖昧なハートビート
5.最後のfuture (初CD化)
6.PARADOX (New mix)
7.ガールフレンド
8.アンセム
9.Living in the City
10.ナイトライダー2
11.Hello
12.のどかないなかのしずかなもぐら
13.バタフライ
14.Na Na Na (new)
15.Hybrid


[Yaon Live Disc]
1.TEXAS
2.SAVANNA
3.LOW
4.ロックンロール
5.TOWN
6.UNKNOWN
7.NO WAY
8.平行
9.戦争がおきた
10.風の中さ
11.PHASE
12.Fine
by emm_analog | 2012-03-07 21:36 | Comments(2)
TSUNMA1127
アナログフィッシュが3月7日リリースする初のベスト&ライブ盤『ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE』を皆さんにより楽しんでいただきたく、セルフライナーノーツを書かせてもらっております。


僕の拙い文章より歌詞を引用して見ていただいた方が、はるかに理解してもらい易いと考え、僕の気に入っているリリックの一部を引用しながら、書かせていただきます。(今回の3曲もG・Vo下岡晃のペンによる楽曲です)


※ちなみに本作品によせてMUSICA編集長有泉智子女史が素晴らしいライナーノーツを書いてくださっていますので、そちらも読みながら楽しんでいただけたら。



【3】


Mー4【曖昧なハートビート】


“時計の針あわせるのはもうやめた/何度やっても結局ズレるから/長い夜もあればその逆もあるように/心の有り様で全ては決まる/曖昧なハートビート/信じてるぜ”



※曲の原型は前回書いた斎藤一時離脱中の4人編成アナログフィッシュ(ベース佐々木、ギター下岡、ドラムビッツ、鍵盤木村ひさし)の時にバンドに持ち込まれ、ビッツくんが「叩きながらリリックがザクザク刺さってきまス。」とあの大柄な体で言っていたのが印象的です。


レコーディングは斎藤復帰後。鍵盤には引き続き木村ひさしさんを迎えて、ミックスは『世界は幻』、『日曜日の夜みたいだ』、『Fish My Life』、「Life goes on」を手がけている柏井日向さん。


それまでのアナログフィッシュの楽曲は尻上がりにテンションが上がっていくタイプの曲が多かったんですが、この曲は一曲通して一定のテンションで、“あえて抑圧的に、タイトに演奏していく事で今までとは別のベクトルのカタルシスを生み出す。”ということを(出来ているかどうかは別として)心がけたと記憶してます。


Mー5【最後のfuture】



“最後の一人は/静かに息を吐いた/固いベッドの上/無菌室の中/何のためなのか分からなくなってる/高名な医師が/蘇生を繰り返してる/未来は誰の物”



※配信リリースのみの楽曲でしたが、今回初の音源化。

この並びで聴いてみると、全く違った聴こえ方をして、本作品でこの曲の隠れていた本当の魅力が引き出された様な気がしています。


ベースプレイはFlaming Lips 「Race For The Prize 」が下敷きにありました。
ドラムはビッツくん(現HINTO)、ピアノは木村ひさし(Clingon)



Mー6【PARADOX (New mix)】


“普通に異常なワールドで/異常に普通なデイズ/普通に異常なワールドで/異常で普通なライフ”


“「何が正しい」とか/「誰がおかしい」とかじゃなくてさ/何を信じるか/どれだけ信じられるかなんだよ”


※下岡からデモを聞かされた時は、彼がそれまで作っていたどの曲ともタイプが違って、とても新鮮でした。


レコーディングではドラムに髭のフィリポとコテイスイを迎えて。


今回はこの曲をプロデューサーの吉田仁さん(サロンミュージック)にリミックスしていただいた。


オリジナル盤との違いも是非楽しんでみてください。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE.
Analogfish:THE BEST AND HIBIYA YAON LIVE.
2012.3.7 release
¥3,000(税込)
PECF-1039/40 felicity cap-137


<収録曲>
[Best Disc]
1.荒野
2.Light Bright (New mix)
3.確率の夜、可能性の朝 (Feat.前野健太) (new)
4.曖昧なハートビート
5.最後のfuture (初CD化)
6.PARADOX (New mix)
7.ガールフレンド
8.アンセム
9.Living in the City
10.ナイトライダー2
11.Hello
12.のどかないなかのしずかなもぐら
13.バタフライ
14.Na Na Na (new)
15.Hybrid


[Yaon Live Disc]
1.TEXAS
2.SAVANNA
3.LOW
4.ロックンロール
5.TOWN
6.UNKNOWN
7.NO WAY
8.平行
9.戦争がおきた
10.風の中さ
11.PHASE
12.Fine
by emm_analog | 2012-03-04 19:54 | Comments(3)
TSUNMA1126
我々アナログフィッシュが3月7日リリースする新音源『ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE』を皆さんに更に楽しんでいただきたく、セルフライナーノーツ的なものを書かせてもらっております。


今回、この作品は私の相棒であるシンガーソングライター下岡晃の楽曲中心に構成されており、それは我々の意図するところであり、我々アナログフィッシュが今、世界に向けて発信したい世界観であります。


それをより楽しんでいただくためのスパイスになれたら、幸いです。


僕に多羅尾伴内氏並みの文章力があったらいいのだけど、もちろんそうでは無いし、下岡晃の歌詞を
引用して見ていただいた方が、はるかに理解してもらい易いと考え、僕の好きな彼のリリックの一部を引用しながら、書かせていただきます。



【2】


Mー1【荒野】


“「選べるものが1000あろうが1つだろうが変わりはしないわ」”


“彼女曰わく「大事な物はどれかじゃなくてそれしかないの」”



※当初は三人だけでセッションしていて、その時から良い感触だったんですが、当時、斎藤、下岡がよく聴いていたpassion pitやTV ON THE RADIO といったバンド達にインスパイアを受けるうち、三人のサンウド+αの現在の形になりました。


後奏のザワザワしている感じは、プロデューサーの吉田仁さん(サロンミュージック)の『ヘイジュード的な大団円を彷彿とさせるものをやってみたら。』というアイデアからです。

僕の声が一番目立ってます。自分ではポールマッカートニーのつもりです。


ちなみにSorrys!のタカシもその中に参加してくれています。



Mー2【Light Bright】



“なだらかな坂を下りながら緩やかに終わってしまう”

“誰かが止まるのを待ちながら誰もが止まれずに”



こんな分かり易いリリックで、誰もが薄々感じていながら言葉にできずにいた、世界が抱える閉塞感や、僕たちの『当事者意識の希薄さ』や、『飼い慣らされてしまっている現状』を的確に言い当てているリリックを他に、知らない。

この曲をセッションしていたのは2008年〜2009年だったと記憶しているが、当時は自分も世界も飽和状態で、窒素寸前の日々を代弁してくれる曲でした。

ドラムはビッツくん(現HINTO)
鍵盤は木村ひさし(Clingon)です。

斎藤がバンドを離れている時の4人編成アナログフィッシュ。この4人編成にもとても手応えを感じていたし、そのピークの演奏をパッケージできたと思っています。


Mー3【確率の夜、可能性の朝 feat.前野健太】


“確率の夜を越えて/可能性の朝を行こう/今日は何かができそうだし/何にもできそうも無いよ/悲しい出来事さえ/可能性の一部だと/知る事で僕たちは/もっと自由になれそうだよ”


『痛みが人を強くする』、『悲しみが優しさにかわる』などのステレオタイプなリリックと似ているようで、その強度は比べものになりません。


このラインは同じソングライターとして、『素晴らしい。』その一言に尽きます。


この曲は巨大な可能性を秘めていたにも関わらず(当社比)なぜかお蔵入りになり、この曲のエッセンスが後に、【荒野】などといった曲達にに派生していった。と、記憶している。


そういった意味でも重要な楽曲だし、今回リリースできて、非常に嬉しく思ってます。


前野健太くんが2番を歌ってくれてます。その部分は、彼が下岡のリリックを受け作詞してくれたものです。


とても色気のある素晴らしい声です。


余談ですが、先日の前野健太ワンマンは素晴らしかった。


この曲を前野くん含め演奏できる機会があったら、やりたいね。


ちなみに第2回アナログフィッシュタウンミーティングで魚群(お客様)の皆さんとレコーディングしました。


つづく


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE.
Analogfish:THE BEST AND HIBIYA YAON LIVE.
2012.3.7 release
¥3,000(税込)
PECF-1039/40 felicity cap-137


<収録曲>
[Best Disc]
1.荒野
2.Light Bright (New mix)
3.確率の夜、可能性の朝 (Feat.前野健太) (new)
4.曖昧なハートビート
5.最後のfuture (初CD化)
6.PARADOX (New mix)
7.ガールフレンド
8.アンセム
9.Living in the City
10.ナイトライダー2
11.Hello
12.のどかないなかのしずかなもぐら
13.バタフライ
14.Na Na Na (new)
15.Hybrid


[Yaon Live Disc]
1.TEXAS
2.SAVANNA
3.LOW
4.ロックンロール
5.TOWN
6.UNKNOWN
7.NO WAY
8.平行
9.戦争がおきた
10.風の中さ
11.PHASE
12.Fine
by emm_analog | 2012-03-03 09:24 | Comments(4)
TSUNMA1125
3月になった。本当に早い。アナログフィッシュでライブして、弾き語りして、お酒を呑んで、バタバタしているうちにきづいたら3月になってた。


ただ、例年に無くアクティブに動いているつもり。うん。悪くない。


さあ、今月7日にはアナログフィッシュ新音源『ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE.』がリリースされる。


そこで、なんか、3月なった事だし、なにか新しい事をって事で、不定期にこの音源のセルフライナー的な物を書いてみようと思う。


誤字、脱字、勘違い
、尻切れトンボ。などはやんわり見ていただけたら、幸いです。


【1】


今回の音源は、明確なコンセプトのもと、過去のアナログフィッシュの作品から、選曲した物です。


そのコンセプトというのは、ズバリ、ソングライター『下岡晃』。ということになると思う。


自分の事に関してイマイチ客観的になれないのと同じで、メンバーの事に関しても客観的な目線で書けているか、イマイチ解らないが、『下岡晃』というソングライターは、日本語のロックが誕生してからこっち、本当に重要なソングライターの一人だと僕は本気で思っているし、同じソングライターとして、その才能に常に嫉妬し、どう立ち向かうか研究し、時に憎み、そして、愛すものである。僕は。だから、誰よりも彼の才能を理解している、気がしている・・・と、いいんだけど。



『こんな詩を書いたら、人が感動するだろう。』という、ステレオタイプな希望は彼の曲の中には皆無だと思う。


あるのかないのか、分からない無責任な、ただ響きが良いだけの希望では無く、この世界、時代に、僕らがこの両手で掴むことの出来る、ちゃんと実在する希望を書ける、数少ないソングライターだと思う。


一聴してシニカルな印象を持ったとしても、彼のうたには、最終的に希望が歌われている(気がする)。


『誰にでも扱える言葉』で、『誰も歌え無かった真実』を提示して、『かつて誰も到達出来なかった地平』へ聴く人を誘う。彼はそんなソングライターだと僕は思っている。


この音源では、そんな曲達が選ばれ、ふさわしい場所に並べられている。


つづく

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


ESSENTIAL SOUNDS ON THE WILD SIDE.
Analogfish:THE BEST AND HIBIYA YAON LIVE.
2012.3.7 release
¥3,000(税込)
PECF-1039/40 felicity cap-137


<収録曲>
[Best Disc]
1.荒野
2.Light Bright (New mix)
3.確率の夜、可能性の朝 (Feat.前野健太) (new)
4.曖昧なハートビート
5.最後のfuture (初CD化)
6.PARADOX (New mix)
7.ガールフレンド
8.アンセム
9.Living in the City
10.ナイトライダー2
11.Hello
12.のどかないなかのしずかなもぐら
13.バタフライ
14.Na Na Na (new)
15.Hybrid


[Yaon Live Disc]
1.TEXAS
2.SAVANNA
3.LOW
4.ロックンロール
5.TOWN
6.UNKNOWN
7.NO WAY
8.平行
9.戦争がおきた
10.風の中さ
11.PHASE
12.Fine
by emm_analog | 2012-03-02 02:19 | Comments(3)