Walk This Way Walk This Way Walk This Way
release information

『Nayuta』

『Nayuta』
2008/02/27 On Sale 


【初回限定生産(CD+DVD)】
NFCD-27069/B
¥3,800 (税込)

この作品を購入する 【通常盤】
NFCD-27070
¥3,059 (税込)

この作品を購入する

Live DVD同時リリース決定!

『The New Day Rising ~Walk This Way~2007』

『The New Day Rising ~Walk This Way~2007』
2008/02/27 On Sale 


NFBD-27068
¥4,725 (税込)

この作品を購入する
<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
プリプロの毎日
毎日ひたすら集中して曲作り、プリプロの日々です。

左にあるアーティスト写真が変わりましたね。
今回は、僕のフェイバリットアーティスト&アルバムのひとつである「Paul Simon」のジャケット風です。違いは、僕の衣装ではフェイクファーだと言う事くらいかな?素晴らしいアルバムなので、未聴な方は機会があったら聴いてみるのもいかがでしょうか。

明日は2日の福岡でのアコースティックライブのリハーサルとバンドでの
プリプロです。久しぶりの福岡でのライブ、とても楽しみです。
by air-blog | 2007-10-30 23:26
あのー
f0115811_715329.jpg

もすこし整理した方が演りやすくないかいお二人さん?(だが自分もそうなのでよくわかる)

昨日(もうおととい)はHave Funのミュージックビデオの収録がありました。ニューシングルHave Fun/Holy Sorryのレコーディング自体はマスタリングも含め、既に1ヶ月前に全ての作業を終えていたので、久しぶりに客観的に接するとあらためてとてもいい感じだな、と思ったのでした。今回のビデオの監督はIちゃんと大統領コンビ。上がりが楽しみ。

そして自分の出番終わりでバタバタと先に失礼して急いでニコのレコーディングへ。着いたらちょうどご飯をオーダーするところでラッキー。笑

そして今日も引き続きニコレコーディング。いい感じで進んでます。しかししかしプロデュースというのは本当に大変な仕事。でも本当に勉強になります。

この現場は雰囲気がとてもいいです。プロジェクト全員が、とにかく何があろうと何がなんでもやるぞ!!という本気さがこちらにちゃんと伝わってきて、とても気持ちが良いのです。だから現場、仕事に行くのが単純にとても楽しい。そしてそんな環境だからこそ、非力ながら僕も本気で精一杯頑張ろうと思わせてくれます。素晴らしいことです。

今日久しぶりにレイボーンを深夜スタジオの帰りに車の中で爆音で聴いてたら、Testifyのライブテイクの所であまりの興奮に、気がついたら鼻血が出てました。

グナイ!
by air-blog | 2007-10-21 07:01
最近は
f0115811_23515287.jpg

先週からひたすら毎日ニコのレコーディングの日々です。
今日は今月のセッションでは最後のリズム録りでした。
とてもいい感じ。

明日からはギターなどのダビング。ということで、帰って明日からの作戦を練るとしましょう。

AIRの方はといえば、12月にHave Funというシングルが出ます。
年末だからというわけでもないですが、パーティーチューンなので
お楽しみに。2曲めはなんとなく冬の歌です。
by air-blog | 2007-10-17 23:51
そして翌日
翌朝、朝霧が見れるかな…と早起き。
もう少し遅い時期から良く見られるという事…

少し見れました。写真ではあまり見えませんが実際はもっと見え、幻想的で素晴らしかった。
f0115811_1255066.jpg


素晴らしい日の出も堪能出来てパワーをガッツリ頂く。
さて今日も元気に!…

二度寝しました。

そして後ろ髪をひかれながらも天文台公園をあとにし、麓へ。ブランチにと、前日バクちゃんがパンフで見つけた佐用名物、ホルモン焼きうどんを探しに。そして一力さんというホルモン焼うどん一筋の専門店へ。気合い入ってます。気持ちよく迎えてくれたお店のお母さんが目の前で焼いてくれます。いわゆるB級グルメといった風情満点。つけダレにつけて食べる所がポイント。常連のおばあちゃんと一緒に食べました。

これは確かに今まで体験した事のない味。朝から満腹。
ごちそうさま!
f0115811_1544776.jpg


佐用をあとにし、一路姫路へ。今度は智頭線で。
f0115811_25460.jpg


さて、バスは夜発なのでそれまで何しよ?ということで、姫路駅のインフォメーションセンターで無料貸し出し自転車がある事を発見。早速借りてまずは姫路城へ。

今日もいい天気だねー
f0115811_2312395.jpg

お父さんも昔は悪かったんだぞ!
f0115811_2212289.jpg


僕は小さい頃登った事があるらしい。かすかに記憶があるな。
上まで登って景色も堪能。

さて次は…明石まで行って明石焼を食べに行こう!おー!行っちゃう?…と、体力と運動神経はそこらの若いものには絶対負けない自信のある30過ぎの男二人が夏休みの中学生ばりのアイデアに沸き立つも、どちらともなくうやむやに。ここがおじさんのエライところなのです。

そしてバクちゃんが、海の方に行くのもいいね、とグッドアイデア。
反対側の姫路港方面だね。
いいね、行こう!

これが思ったよりも遠かったようで、そろそろかな…と思ってもなかなか着かず。やっとそれらしくなってきたぞ…

着いたー
f0115811_323574.jpg

もっと西の海水浴場方面に行こうかと思ったんですが、この距離感で行くとまだ結構あるということが判明。自転車返却の時間に間に合いそうもないし戻りますか。明石、行かんでよかった…

結構走ったー。行きでずっと走ってきた道は、父が高校まで住んでた家の前の通りで、その家の前を今日走っていた事が後日判明。もちろん何も知らなかったので不思議なものです。親子なんだな。

あーお腹すいたーということで、さて夕食!ちょっと気になったお店で姫路名物二品、姫路おでんと夢前地方の夢そばをチョイス。

姫路おでんは左の生姜醤油につけて頂くとのこと。僕とバクちゃんは蕎麦好きだがえこちゃんがいたらこれは食べれなかったなー。あまりの空腹に蕎麦の写真を撮る余裕もなし!写真は既に3皿め。相当食べました。
おいしかったー(なぜか不思議とこの写真だけこんなにデカくアップされました笑)
f0115811_3192166.jpg

その後駅前のミスドに飛び込み、食後のデザートにドーナツを食べ
(2個ずつね)バスに乗り込んだのでした。

ということで、そんな素晴らしい時間を過ごし、翌日からはいつもの日々に戻りました。時間がなかった為2日めブログは少し時間が空いてしまいましたが、とにかく素晴らしい時間でした。煮詰まってましたが、気分転換ベタな自分が初めて曲作り中に気分転換が出来ました。

季節が変わって見れる星が変わったら絶対また来よう!
by air-blog | 2007-10-13 04:54
兵庫県立西はりま天文台公園
ひたすら曲作りの毎日。そんな中、先日、ずっと行きたいと思っていた
兵庫県立西はりま天文台公園に行ってきました。
一般の人が宇宙を眺められるように公開している望遠鏡としては
なんと世界最大の「なゆた」が目当て。

今回は、宇宙、星といえばこの人、心の友(byジャイアン)MUFASの紳士の方、大和田くんと二人旅。恒例の深夜バスに飛び乗ってまずは姫路へgo! 僕は前日までの曲作り作業がたたり、即爆睡。繊細なバクちゃんはバスの中などで眠れるはずもなく、ほぼ一睡も出来ず。

そして姫路からは特急を使わず、あえて姫新線でゴトゴトゆっくり。
約3倍の時間をかけて最寄り駅、佐用に到着。
f0115811_121174.jpg

そして天文台公園に到着。素晴らしい環境と景色。
f0115811_126468.jpg
に、大喜びの大和田くん。
f0115811_1275351.jpg

この南館になゆたが。宇宙基地っぽくてなんだかかっこいい!
ダイバスター、出動!
f0115811_144283.jpg

今回はここに宿泊して夜の観望会に参加。そしてじっくり夜空を楽しむ、という旅なのでチェックインまでまだ時間がたっぷり。ひとしきりアスレチックで遊んだり散歩したり、リファレンスルームに行ったりした後は、ひたすら外で昼寝。(右下、大自然の中、ベンチの上でなんとか眠りにつこうとする大和田くん)
f0115811_1392629.jpg
そうこうして目を覚ますと陽が暮れ始めました。
f0115811_144958.jpg
夕暮れも素晴らしい。
f0115811_1534292.jpg
f0115811_1545279.jpg
秋なのです。
f0115811_1542644.jpg

そしていよいよ観望会へ。なゆた圧巻!
この角度から見ると、おじさん的にはマジンガーZか何かの
顔のように見えます。
f0115811_22269.jpg
準備万端。
f0115811_254821.jpg
なんだか乗り込みたくなるねー
f0115811_262787.jpg


写真にも少しあるように、夕暮れ時辺りから相当怪しい雲行きになり、ここまで来たのにせっかくの観望会、星空も、これはさすがにダメか…という空模様。バクちゃんに、これで晴れたら本当に本当の晴れ男認定だと言われたのでいつものおまじないを。そしていざ時間になってみると、観望会ナビゲーターの研究員さんもびっくりの、今日は最近では本当に珍しいほど良く観えます!という素晴らしい観望夜となりました。ヘヘン!

残念ながらここまでの写真のようにこの携帯のカメラで、息をのむほど素晴らしい惑星や星達、銀河を撮影出来るはずはもちろんなく、これはやはり実際に生で観た人達だけの喜び。天王星、海王星、アンドロメダをはじめ、あまりにも輝かしいベガ、惑星状星雲(たしかM57だったか?)、様々な二重星や星雲星団などを次々と堪能。感動。そして外に出て研究員さんの解説のもと、肉眼での天然プラネタリウム(通称天プラ)でも、天の川、アンドロメダ、すばる、そしてきれいにはっきりと優雅な白鳥や、カシオペア、イルカ(!!)に思わずほろり。

僕らはみんなここから来て、そして誰しも一人ももれることなく、いずれ絶対ここに帰っていく。自分にとって、そして命あるもの全ての、本当の本当のふるさとなんだ、という事を肌で感じ、そしてこの大宇宙がとても身近に感じ、優しく温かな気分になりました。きっと今の時代を思いきり生きて、そしてやがて死んだら、知りたいことで頭がいっぱいになっているこの宇宙の事が、あー、こういう事だったのか!こうなってたのか!とわかるのではないかと、死んでからの楽しみが明確になりました 笑。死んでからも楽しみがあるというのはなんとも嬉しい、幸せなことです 笑。

なのにこの地球上で人間は、同じ出身の仲間であるにもかかわらず、些細な、小さな小さな、つまらないくだらない私利私欲の為に今日も戦争、紛争が絶えない。なんて小さく、くだらない事なんだろう。

ましてや日常のせちがらいギスギスした事や悩み事など、大局観から本当に本気でどうでもよくなります。全くもって小さな小さな、なんでもないこと。

そして観望会終了後もしばらく外で寝転んでひたすら星空を堪能。流れ星も二人合わせて4、5個バッチリ。

素晴らしい1日。美しすぎる1日。
何とも言えない幸福感、そして時空間に抱かれているような安心感に包まれながら眠りにつきました。

ということで続きはまた。(と言っても後はたいしたことは何もない)
by air-blog | 2007-10-06 05:28