メンバー全員1986年生まれ。2006年
a flood of circle結成。

バンド結成の翌2007年に早くも1stミニアルバム「a flood of circle」をイン ディーズ・リリース、弱冠ハタチ(当時)とは思えないその音楽観と卓越したラ イブパフォーマンスに注目が集まり、FUJI ROCK FESTIVAL'07に出演。 2008年には2ndミニアルバム「泥水のメロディー」を、さらに3ヶ月連続でライブ 音源をリリースしてシーンに頭角を現し、年末のCOUNTDOWN JAPAN 08/09に出演 を果たす。

2009年1月、初のワンマンライブを新宿ロフトで行いソールドアウト、3月には インディーズラストシングルがTOWER RECORDSインディーズチャート1位、レコ チョクロックうたで1位&2位を獲得し、ロックファンの脚光を浴びる。 同年4月、1st Full Album『BUFFALO SOUL』をSpeedstarからリリース。全国ツ アーを各地で満杯にする中、7月12日の代官山UNITツアーファイナル直前にギタ リストが失踪するも、バンドは入魂のパフォーマンスを披露し、つづくFUJI ROCK FESTIVAL'09、ROCK IN JAPAN FES. 2009のステージも大絶賛を受ける。10 月、東名阪クアトロでの自主ライブ企画開催と同時に失踪したメンバーの脱退を 正式発表し、新たなスタートを切った。

2nd Album
『PARADOX PARADE』

Speedstar Records
VICL-63477
¥2,500(tax in)
2009/11/18

1.博士の異常な愛情
2.Paradox
3.Ghost
4.アンドロメダ
5.月に吠える
6.-session #3-
7.Forest Walker
8.噂の火
9.Flashlight & Flashback
10.水の泡
11.プリズム

◇Guitar by
M-1,3,10 奥村 大(wash?)
M-7,8 菅波栄純
(THE BACK HORN)
M-4,11 竹尾典明
(FoZZtone)
M-2,9 安高拓郎
(椿屋四重奏)
<   2010年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
無題
僕は今、前を向いている。

無神経でがさつで目の粗い僕のポジティブさは、
先天的なようでいて、実は最近はっきりと自覚したものだ。


僕のごく身近な大切な人が、最近この世を去ってしまった。

床に伏したその人から最後にもらった言葉が、今僕を動かしている。
下に向きかけた僕の顎を、ぐいと持ち上げている。

最後にその人と会話したのはツアー中で、僕は苦しんでいる時だった
(バンドに関する苦しみではなくて、
もっと個人的な未来への漠然とした不安についての苦しさだった)。

残された体力では、長い会話は出来なかった。
けれど、その人は少ない言葉から多くを察してくれて、
「亮介、体に気を付けて、明日もがんばれ」
と小さく、でも力強い言葉を僕に投げかけた。

体が蝕まれて自分の明日のことさえ考える余裕がないかも知れないのに、
僕のために搾り出してくれた言葉。

思い出話だって沢山あるけど、今お前の明日のこと考えろ、と言われたのだ。

それからは、その言葉が、僕の中で息をしている。
その人がこの世界からいなくなっても、息をしている。

だから僕は今、前を向いている。


僕はもう「体に気をつけて明日もがんばる」他ないのです。
大切な人を亡くしても、明日は来てしまうし
かなしくても、ちゃんと毎日腹が減るわけです。




公式発表の通り、a flood of circleのメンバーが変わりました。
石井康崇から、HISAYOへ。
明日のライブが、今のバンド編成では最初の動きになります。


石井の脱退が事後報告になってしまったことで、
その唐突さが誰かのショックを過剰に膨らませてしまったかも知れません
事実、別れを言いたかった、知ってから最後のステージを見たかった、
と何人かの方に言われました。
でも、あえてステージで別れを言わずやり切った石井のライブに対する気持ちと決意を、
分かってくれとは言わないけれど、少しだけ想像して頂けたら幸いです。

石井は元気でやってます。新しいこと、彼はもう始めてます。
石井の新しいことが、実を結ぶ日が楽しみです。
綺麗事じゃなくて、もちろんケンカでもなくて、
もっと単純な、勝負みたいな気でいます。
僕は僕の意志でバンドの存続を決めたわけだから。
僕は僕で実を付けたい。



HISAYOさんは、僕らの気持ちを汲んでくれて、
とてつもなく熱い心意気でバンド加入を決めてくれました。

ここから新しいものを作り上げていくための大きな武器であり、頼もしい味方です。
一から音を組み立てるわけだから凄く難しいけど、
やっぱり情熱を持ってロックンロールすることは、とても楽しい。

僕はなべちゃんとHISAYOさん、サポートの曽根さんに
バンド・マンとして全開で全幅の信頼を置いている。




そんなわけで非常に個人的な事情の為に、
(いや個人的じゃないロックンロールなんて無いと思うんだけれども)
俺は明日の為に、今日を全力でロックンロールすることに決めた。
俺はばかで本当によかった、何も後ろめたくないもん、恥ずかしいことだらけでも、
取り繕わない。周りが見えても見えなくても、できることがひとつしかない。

明日、
お前ここからだろうって背中押してくれる人も、
変化を見るのが怖いけど意を決して観てくれる人も、
興味ないけど観る人も、

全員笑わして帰す。それが目標。いや面白い話の用意なんてのはないんだけれど、
ロックンロールだけはちゃんとある。
以上。よろしくどうぞ

佐々木亮介
by afoc_ex | 2010-12-24 04:28


excite.musicmall

カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一
おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。