メンバー全員1986年生まれ。2006年
a flood of circle結成。

バンド結成の翌2007年に早くも1stミニアルバム「a flood of circle」をイン ディーズ・リリース、弱冠ハタチ(当時)とは思えないその音楽観と卓越したラ イブパフォーマンスに注目が集まり、FUJI ROCK FESTIVAL'07に出演。 2008年には2ndミニアルバム「泥水のメロディー」を、さらに3ヶ月連続でライブ 音源をリリースしてシーンに頭角を現し、年末のCOUNTDOWN JAPAN 08/09に出演 を果たす。

2009年1月、初のワンマンライブを新宿ロフトで行いソールドアウト、3月には インディーズラストシングルがTOWER RECORDSインディーズチャート1位、レコ チョクロックうたで1位&2位を獲得し、ロックファンの脚光を浴びる。 同年4月、1st Full Album『BUFFALO SOUL』をSpeedstarからリリース。全国ツ アーを各地で満杯にする中、7月12日の代官山UNITツアーファイナル直前にギタ リストが失踪するも、バンドは入魂のパフォーマンスを披露し、つづくFUJI ROCK FESTIVAL'09、ROCK IN JAPAN FES. 2009のステージも大絶賛を受ける。10 月、東名阪クアトロでの自主ライブ企画開催と同時に失踪したメンバーの脱退を 正式発表し、新たなスタートを切った。

2nd Album
『PARADOX PARADE』

Speedstar Records
VICL-63477
¥2,500(tax in)
2009/11/18

1.博士の異常な愛情
2.Paradox
3.Ghost
4.アンドロメダ
5.月に吠える
6.-session #3-
7.Forest Walker
8.噂の火
9.Flashlight & Flashback
10.水の泡
11.プリズム

◇Guitar by
M-1,3,10 奥村 大(wash?)
M-7,8 菅波栄純
(THE BACK HORN)
M-4,11 竹尾典明
(FoZZtone)
M-2,9 安高拓郎
(椿屋四重奏)
<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
百たびののち
GLORY HILL Signs TOUR 引き続き参加させて頂いてます
ライブはひとつひとつが勝負。ナマモノ。
頭でわかると同時に、この身体が反応しなくちゃ。日々勉強です。

今回は写真が沢山あるので、主に写真でお届け photo by h.o-mi

10月23日 さいたま新都心HEAVEN'S ROCK
f0177417_015691.jpg
f0177417_0151893.jpg
f0177417_0152566.jpg
f0177417_0153140.jpg
f0177417_0154098.jpg
f0177417_0154810.jpg


10月24日 宇都宮HEAVEN'S ROCK
f0177417_193140.jpg
f0177417_194012.jpg
f0177417_194740.jpg
f0177417_195537.jpg
f0177417_110224.jpg
f0177417_1101047.jpg


観てくれた皆さん、ありがとうございます。

オマケ [Champagne]のようへいさんと僕
f0177417_1123750.jpg
顔は出せない!とのことでこの写真しかないんですけど
[Champagne]は今回初めてでしたがとっても自由な感じがして格好良いバンドだなあと思います。
あとようへいさんは帰国子女力が高い。

オマケ2 Epiphone Casino
f0177417_121168.jpg
今レーベルの方に借りているギター。
コントロールの効き方が柔軟で、まろやかな音がします。良きまろやか加減。
そして最近えのもと先生からテレキャスターを頂戴する(!)というこの上ない幸いに恵まれました
今は壊れた状態なのでこれからカスタマイズするのが楽しみ(大さんと色々企み中)
復活したらお披露目しようと思います。

また、ありがたいことに誕生日プレゼントを頂きまして。ありがとうございます。
今年は寝込んで過ごしてしまった、23歳、波乱の予感ですね 
あ、良い意味で。


さー明日はついにWGO東京!大先輩2バンドお迎えして、渋谷で待ってます。
仕掛けもご用意してます。もう自ら率先して楽しむ気です。思う存分。

僕はタネもシカケも知っているわけですが、
時としてそれ以上が起こるから不思議。
明日のステージには何が棲んでいるかな   雨、降んなきゃいいなあ

佐々木亮介
by afoc_ex | 2009-10-27 01:53
SOUL MAN
書き溜め過ぎたー長過ぎて頓挫しないか心配です

“WGO Tour '09”
10.14(wed) 名古屋CLUB QUATTRO 
10.15(thu) 心斎橋CLUB QUATTRO 
・僕らのWGOがついに東京を飛び出した記念すべき二日間
・ゲストは、LUNKHEADとserial TV drama
・両者共通してライブでダイレクトに伝えるということに強烈なこだわりを持ってらっしゃいます。
出演してくれたことに心から感謝します。
・LUNKHEADには実は2年前に一度お世話になっています。
僕らが最初のCDを出す前に、新宿LOFTのイベントに出させて下さったことがあったのです。
深夜イベントでTHE乱苦屁怒として女装してらしたので、今思うと不思議な出会い。
・serialは前々から知っていましたが、今年の大阪のイベントで対バンしたのが初めてでした。
そしてWGO前に新井さんと呑む機会もあったりして。「ヤングギター」が主な話題です。
・我々は名古屋から正式に新体制。皆さんのおかげで楽しく演れました。
・新井さんのソロコーナーは衝撃です。ニューアルバムの曲が格好良かった。コーラスも凄い。
・トラブルがあっても、その分小高さんの熱さはステージを越えて届けられていました 流石です。  
・反省も改善したいこともいろいろあるわけですが、とにかく楽しかった。皆さんに感謝します。
最後は東京渋谷QUATTRO!今あれこれ作戦練ってますので、お楽しみに。


10.16(fri) 神戸STAR CLUB
・ロデオ兄貴達のツアーにお呼ばれ第2弾はスタクラで熱い熱い先輩方と。
・キングブラザーズが全員フロアに降りて演奏を始めた時はとても興奮してしまった
・ロデオキャブレターのライブは毎回鬼気迫っていて、ツアーバンドの強さを感じます。
またどこかでやらせて頂きたいです。
・神戸は次回が決まっていませんが、必ずやまた!


10.18(sun) 水戸LIGHT HOUSE
・GLORY HILLのレコ発ツアー参加初日 しばらくお世話になります。
・僕が認識している限り、ダイブという行為を初めて自分のライブで見た。怪我しないで下さいね
・僕らは多くの意味において結構、大分、浮いていたと思う。だからこそ面白い。
・ジャンル分けみたいなものは現場の外で行われることであって、
やっぱりライブではバンドとフロアの皆さんとのその場のやり取りが全てだ。と改めて思った。


10.21(wed) 横浜Club Lizard
・SCOOBIE DOのツアーに誘って頂き、なんと2マン。胸をお借りしました。
・スクービーの皆さんはとっても気さく。でライブはとにかく流石のファンキーさ、怒涛の盛り上がり!
・石井から「中華街で売っているお面を被ってステージに登場する演出」が提案される。が、全員スルー
・久々オーミ君撮影
f0177417_11395485.jpg
f0177417_1140192.jpg
f0177417_11401142.jpg
f0177417_11402945.jpg
f0177417_11403627.jpg
f0177417_11404361.jpg

オマケ
コヤマさん「君のバンドの"a"は、a tribe called questからきてるのかい」
僕「これからはそういうことにしていきたいと思います」
f0177417_1149938.jpg

というわけでヒップホップ気分。のはずがマツキさんだけ方向性が違う??
Can I Kick It?
Yes, You Can.

年末年始楽しみなライブが沢山決まってます!よろしくどうぞ
佐々木亮介
by afoc_ex | 2009-10-23 12:52
Everyday I Have The Blues
2009年10月14日付で岡庭の脱退を発表しました

この事に関しては我々のサイトに記述されている内容が全てであって
補足の必要はないと思っています
ただ、14日当日、What's Going On名古屋CLUB QUATTROで、
演奏を始める前に岡庭の脱退について話をさせて貰いました。
それを今改めて記しておきたいと思います。
残念ながら名古屋で話した事の詳細な内容は覚えていないのですが
(その時はその時必要と判断した言葉を選んで喋った為です)
心境として揺るぎ無いことを、お伝えします


なぜ脱退なのか なぜ今なのか

一つ目は、7月6日以来、相変わらず連絡が取れていない為。
元気で暮らしているという情報は複数あって、これはメンバー、スタッフにとって何より朗報でしたが
しかしそれでもなお連絡がつかない、岡庭からの意思表示がないという状況は、
彼に復帰の気持ちがないことを僕らに痛感させるものでした

二つ目は、バンドが真摯に活動をする為。
7月6日から現場に残った3人は「絶対に止まらない」と腹を括っていました。
だからこそ新作「PARADOX PARADE」は確信のあるものが創れたし(本当良いアルバムなんです)
ライブも鍛え続けてどんどん自由に演れている実感があります。
しかしメンバー不在という状況=何かが欠けたままの状態として音楽を発信するのは、
作品に対してももライブに対しても聴いてくれる方々に対しても、
不誠実な形になってしまう可能性があるように思えた。
バンド名を冠したイベント「What's Going On」のタイミングで、はっきりさせたかったのです。
今のこの形態こそが、曇りなきa flood of circleの現在形であることを。


そして、
a flood of circleというバンドの中に岡庭匡志の名前があることが、
彼に巨大な、重い、何かを背負わせてしまっているかも知れない、と思っていた。
おれは、岡ちゃん、君とまた会うときは、笑って話せたらいいと思ってるので、
それをちゃんとひっぺがしてやれたらいいと思っていたから。

この3ヶ月間は苦しかった。きっと岡庭も。みんな強い心はもってない。
でも誠実に向き合いたくて、前向きな気持ちを持って、脱退という形を選びました。

だから今はただひたすら、バンドと音楽が肩組んだり殴りあったりじゃれあったりしてるような、
良い感触で活動してます 石井もなべちゃんも、元気。音楽と仲良し。

会えるなら聞きたいことは山程あるけど
話したいことってのは
ノエルギャラガーとoasisについてとか
おれがいつだか薦めたローラニーロのライブ盤の感想とか
チャーリーワッツのストーンズ脱退は誤報で安心したとか
そんなようなこと。彼は音楽がとても好きなやつだから。
いつかまた、どこかで


ご迷惑ご心配をおかけした方々に、改めてお詫び申し上げます。
そして応援して下さる方、手を貸して下さる方々に最大の感謝を。ありがとうございます。


a flood of circle、いまとても瑞々しいです! 
ブルースが魂の叫びなら、やっぱりあるがままに演りたいから

よろしくどうぞ(ライブレポート書く余力が無いのでまた後日)

佐々木亮介
by afoc_ex | 2009-10-18 03:09
Waiting For The Sun
・10月5日 新宿LOFT

"Knock" presented by o-mi
僕らの写真を撮り続けてくれている、オーミ君の写真展が催されました。
LOFTのバースペースにて。これに伴い、深夜にライブイベントが行われました。
こうした形で個人の情熱の下に新しい何かが発信されるのは、素敵なことだと思います。

僕らも然り、オーミ君縁のバンド達の写真が沢山展示されていて、嬉しくなりました
彼との付き合いはバンドの歴史と同じ長さ。
感慨もあったし、だからこそこの先にまだまだ出来ること、すべきことが目の前に山程転がっている気がしてきて、大いに刺激を受けました。

偶然多くの知り合いと遭遇し、久しぶりの方も多く、短くも楽しい夜でした。

ところでここ最近めっきりと、美術館に足を運ぶ機会が減っていることに気付いた
行こうと思って手にしたフライヤーが山になってゆく。あーさびしいなあ


・10月10日 仙台PARK SQUARE

お蔭様で、ライブ復帰しました。
BUFFALO DANCE/泥水のメロディー/Ghost/博士の異常な愛情/プシケ/春の嵐
25分と短い時間になりましたが、観てくだすった皆さんに感謝します
課題をひとつひとつ越えて、12月また仙台に帰ってこようと思います。

で、気温が低かった。僕は寒がりなのでジャケットもニットも着る有様。
既に冬ツアーが思いやられる

この日のライブから文明の利器が物販に登場f0177417_285818.jpg
この白い物体に携帯電話を翳して「ぴっ」とすると、僕らの新曲を聴いてもらうことが出来る、という仕掛けになっているそうなので(僕には仕組みが全くわからない)、各地会場にいらっしゃる皆さんは是非。
上部にプリントされているのはPARADOX PARADEの可視化=ジャケットです。メンバー皆気に入っています。シュールで可愛げがあって核心を捉えている、そんな感じ。
早くお手元にお届けしたい。まじで。


ついにWGOツアー09開催目前 やるぞー 
佐々木亮介
by afoc_ex | 2009-10-12 02:19
Dear Doctor
ご無沙汰しています。
数日前平熱まで戻り、ドクターストップ期間を経て復帰してます。
改めてご心配ご迷惑おかけしました!
待っていてくださる人に、またライブでがつーんと恩返しします。がつーんと。
よろしくどうぞ。
というわけで先月のライブを振り返ろうかと


・9月22日  大阪Shangri-la

お世話になっています深夜イベントの、大阪編。
DJ陣もフロアも、テンションが高くてびっくりしました。
深夜ならではの良い雰囲気でしたね
your gold,my pinkとは、シモキタ・ラウンドアップで再会出来るかな。
朝までいることは出来ず、少し寝て四国へ


・9月23日 松山サロンキティ

なべちゃんはPOMジュースが好き。松山入りしてすぐ飲んでいました。蛇口をひねるとポンジュースが出る、という素敵な都市伝説に憧れているそうです

ここから 鶴のツアーに参加させて貰いました。
レーベルの先輩サクラメリーメンと初めて対バン、齢がひとつしか違わないと聞いてびっくり。上手だし、20歳の時デビューしたそうで、貫禄を感じました。
松山はまた12月に。
こんなにコンスタントに四国に行けるのは稀なので楽しみです。よろしくどうぞ


・9月24日  高松DIME

なべちゃんはUDONも好き。 大さんの知り合いの方の薦めで、「わら家」というお店でうどん食す。生醤油でうどんを食べるなんて。ストイック。

鶴のライブが最高に楽しかった。真似出来ないけどそれが刺激的
この辺りから新曲のタイトルが「博士の異常な愛情」になる。
そして僕の大好きな大先輩のバンドが、僕らのライブを見てくださった
わざわざ楽屋まで来てくださったり、打ち上げでも少しだけど話した。とても興奮した。
こういう時上手に話す能力に欠けているというのは、大変さびしいものである


・9月26日  金沢van van V4

間の日は大阪に一寸寄って、古本屋でピンチランナー調書という本を買い、明石焼きを頂き、後はひたすら移動。久々の日本海側。「尼御前」のインパクト凄かった。

FoZZtoneと再合流。detroit7はもちろん前から知っていましたが初めての対バン
告知を間違えるというミスを犯しつつ(ごめんなさい)、ライブはとても楽しかったです
フロアの入り口にハイ・スタのサインが飾ってあって、それでとてもテンションがあがります
FoZZtoneのライブがとっても自由で格好良かった。竹尾兄貴がフロアでソロを弾いていたっけ
兄貴といえば、我々のニューアルバムに参加してくれました!まあこの話はまた後日。


・9月27日 新潟CLUB JUNK BOX MINI

このツアーではそれまでとセットリストをかなり変えていまして、
「春の嵐」や「ノック」のようにあまり演奏して来なかった曲を入れたり、
「Ghost」「博士の異常な愛情」のようなニュー・アルバムの曲も演奏しました。
新潟は最終日だったので区切りと言いますか総まとめと言いますか、濃くなったと思います

今はまた「PARADOX PARADE」に入っている曲をライブに向け準備中。
楽しみが増えるばかり。ああ、アルバム、本当に早く皆さんに聴いて欲しい


病みあがって昨日は撮影したりアルバムの取材を受けたり
f0177417_1191626.jpg
今日は乃木坂で対談というのをやってきます。

wash?もレコーディング中だそうでとても楽しみ 佐々木亮介
by afoc_ex | 2009-10-06 11:19


excite.musicmall

カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一
おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。