メンバー全員1986年生まれ。2006年
a flood of circle結成。

バンド結成の翌2007年に早くも1stミニアルバム「a flood of circle」をイン ディーズ・リリース、弱冠ハタチ(当時)とは思えないその音楽観と卓越したラ イブパフォーマンスに注目が集まり、FUJI ROCK FESTIVAL'07に出演。 2008年には2ndミニアルバム「泥水のメロディー」を、さらに3ヶ月連続でライブ 音源をリリースしてシーンに頭角を現し、年末のCOUNTDOWN JAPAN 08/09に出演 を果たす。

2009年1月、初のワンマンライブを新宿ロフトで行いソールドアウト、3月には インディーズラストシングルがTOWER RECORDSインディーズチャート1位、レコ チョクロックうたで1位&2位を獲得し、ロックファンの脚光を浴びる。 同年4月、1st Full Album『BUFFALO SOUL』をSpeedstarからリリース。全国ツ アーを各地で満杯にする中、7月12日の代官山UNITツアーファイナル直前にギタ リストが失踪するも、バンドは入魂のパフォーマンスを披露し、つづくFUJI ROCK FESTIVAL'09、ROCK IN JAPAN FES. 2009のステージも大絶賛を受ける。10 月、東名阪クアトロでの自主ライブ企画開催と同時に失踪したメンバーの脱退を 正式発表し、新たなスタートを切った。

2nd Album
『PARADOX PARADE』

Speedstar Records
VICL-63477
¥2,500(tax in)
2009/11/18

1.博士の異常な愛情
2.Paradox
3.Ghost
4.アンドロメダ
5.月に吠える
6.-session #3-
7.Forest Walker
8.噂の火
9.Flashlight & Flashback
10.水の泡
11.プリズム

◇Guitar by
M-1,3,10 奥村 大(wash?)
M-7,8 菅波栄純
(THE BACK HORN)
M-4,11 竹尾典明
(FoZZtone)
M-2,9 安高拓郎
(椿屋四重奏)
<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
あたりまえの空
毎日目まぐるしい  「きっと想像してた以上に騒がしいナントヤラ」です

BUFFALO SOULツアーに参加してくださる皆さん、ありがとうございます。



6月19日 札幌KRAPS HALL
・初フェリー 牛達がドナドナ状態
・札幌は寒かった 要上着
・前夜たまたまUNISONが札幌ライブだったとのことで、田淵さんと呑む
・そこでEdBUS水野創太さんと出会う
・対バンは皆さん北海道出身のバンドさん。とても格好良かった!全部観ました
・トラブルを猛省。返って吹っ切れました。楽しかったです
・残念ながら慌しく、出航時間の都合上ライブ後すぐ仙台へ 次は北海道満喫したい


6月20日 仙台PARK SQUARE
・仙台には祖母が住んでます。大変馴染み深い土地
・我々は仙台では今までPARK SQUAREでしかやっていませんが、今回過去最高にフロアが賑わっていました。感謝です
・NOVEMBERSケンゴさんがまたしても本を下さった 三島「音楽」 凄く嬉しい。何を返そう!
・ライブ楽しかったです。が自分の持つ役割に対して「---したい」よりも「---すべきだ」と認識しなければならないことを多く発見。そうだ、そう認識すべきだ。
・打ち上げではFoZZtone竹尾兄貴と「ヤングギター」の話で盛り上がる。「ウリジョンロート」って10年ぶりくらいに発語した


6月21日 盛岡CLUB CHANGE
・洗濯物を乾かす間に珍しく岡庭と本屋へ それぞれの勢いで「天体の本」と「釣りバカ日誌7巻」購入
・盛岡は前回イベントで行きましたがライブハウスは今回が初
・初めての土地としてとても暖かいリアクションを頂きました、ありがとうございます。
・とても久々に「SWIMMING SONG」を演奏。
・LOVE LOVE LOVE(レーベルメイト!)と初対バン。実は新宿LOFTのバーで観たことがあったので大分前から知ってたのです。格好良いステージでした。
・BUFFALO SOUL TOURにおけるFoZZtoneとの対バンはこれが最後。コッシーさんVSなべちゃんのわんこ蕎麦対決は次回に持ち越し、一緒に冷麺食べました。またすぐ会える予感。


6月25日 静岡JAMJAMJAM
・初静岡
・STAnと久々の再会!kygさんと手塚治虫さんの話で盛り上がる。
・新清水の楽器屋でディッキー・ベッツ・モデルの弦を発見してびっくり 今は作ってないはず?久々に見た。
・THE LEFTOVER~STAn~未完成VS新世界~セカイイチ と凄く素敵な流れでした。
・打ち上げがなかったのでゆっくり喋れなかったけど濃い面子でした
・PAオカジーさんとの初ライブ。また違った角度から自分の修正点が見えた
・静岡「こっこ」というお菓子は美味しい。仙台「萩の月」と区分は近しい。
・ぐっすり眠る


6月26日 十三FAN DANGO
・ソールドアウト。ありがとうございます。
・NOVEMBERS吉木さんの薦めで店の近くのたこ焼き屋へ 目茶苦茶旨かった。
・caroline rocksはこのツアーで2度目。激しく熱いライブしてました。砂川さんの負傷が心配です。
・久々のcinema staff。ライブが凄く鋭かったです。最後のキレっぷりが印象的でした。今ちょうど新譜聴いています。
・トラブルから「ブラックバード」はハンドマイクで演奏しましたが演奏者としては猛省。
・サブのストラトキャスターはスタッフ54さんの物をお借りしています。実はBUFFALO SOULのレコーディングでもいくつか登場したサウンドです


6月27日 名古屋CLUB UPSET
・ソールドアウト。ありがとうございます。
・もはやUPSETの楽屋に来るとすっかり落ち着く体質になりました。
・NOVEMBERS高松さんのエフェクターを二つ試させて貰い、恐縮なことに最終的にそのうちの一つをお借りした。高松さんの知識は凄いのです。あくまで実践的でそして表現の為に積極的な知識。
・表現の為に積極的だということはNOVEMBERSの4方に共通して感じることで、本当にこのツアーで何度も一緒に演れて良かった。勉強になりました。もうすっかり曲覚えてきました。
・アップセットは東京以外で一番沢山出させて頂いているライブハウス。ソールドアウトの感慨も一塩です
・凄く楽しいライブでした。ここでSWIMMING SONGやれて良かった。
・打ち上げも楽しく。cinema staffは年下を感じさせないレベルの高いバンドですが、呑んだ時のユルさは僕らに近いかもしれません。東京での再会を誓いつつ。caroline rocks(秋に発売予定という音源がとても楽しみ!)と共に東京へ一旦モドリ


ここからはツアー終盤戦。まだまだ研ぎ澄ませたい。
佐々木亮介
by afoc_ex | 2009-06-30 03:20
生きるじたばた
6月13日 横浜F.A.D

THE NOVEMBERSと対決 凄く楽しかったです。皆さんありがとうございます
f0177417_1421042.jpg
久々に関東でライブ というわけでオーミくんが撮りに来てくれたのです
中華街を堪能し満喫し徘徊する我々
f0177417_143735.jpg
なべちゃんの横にいるのは坊主にした岡庭です

うそです ドラムのチューニング兼ムードメイキングで我々に力を貸してくれるアツロウくんです。大変お世話になっています。ライブハウスでどこからともなく和やかな関西弁が聞こえて来たら、それは彼の仕業です

ライブはとても熱く暑かった、良い汗をかきました
f0177417_1472668.jpg
f0177417_147357.jpg
f0177417_1474299.jpg
f0177417_1475435.jpg
ライブ中にも零しましたが、初横浜ライブはお客さんの人数が一桁台だったのです。
故にこの日の熱気はとてもありがたく思われました 感謝しております。
しかしまだまだ、出来ることとすべきことが目の前に山程積まれていることも感じました

NOVEMBERSは本当に素敵なバンドです
僕らは初ツーマンだったんですが、がっちり胸をお借りしました。1曲目のdnimから興奮して楽屋を飛び出してフロアで聴いた、1月の大阪で初めてdnimを聴いた時の衝撃を思い出した。
BUFFALO SOULツアー東日本・名・阪と今後まだまだ一緒にやれることがとても光栄です
小林さんは、凄く真摯なフロントマンです 歌っている時の鬼気迫る様子がとても好きです。
「ストラップの高さ」に関しては僕と真逆のスタンスです。が、本当に見習うことばかりです!
NOVEMBERSと聞くと安西均さんの「十一月」を思い出す僕は安直すぎますね


6月15日 吉祥寺曼荼羅

ソロ弾き語り。平日早めの時間にも関わらず、来て下さった皆さん、ありがとうございます。
目眩がしそうなほど課題ばかり生まれましたが、率直に、楽しかったです。
曼荼羅のマッタリした空気が好きです
これからも時々、ひっそり、しかし着実に、やっていく気です
もっと面白がってもらえるように何が出来るかイメージをする。
そして結局それが自分の楽しみに化けて帰ってくるのです
7月は阿佐ヶ谷で待ってます(SEIKIさん、中尾さん、高畠さん、豪華!)


次は札幌から始まり、以降南下 ツアー後半戦もぐあーと駆け抜けます。

最近いつでも眠い 佐々木亮介
by afoc_ex | 2009-06-17 02:32
ここより他の場所
6月5日 福岡DRUM SON

前日なべと二人でラジオに数本出演。拙いですが必死に喋りました 難しい!
本当、ラジオのパーソナリティを務めてらっしゃる方の技能には脱帽です
スピッツ「天神駅の改札口で 君のよれた笑顔」
というわけで改札を見に行きました。特に何てこたあないのです。普通の改札。
でもとても満足。
ツアー用に持参した本がねた切れし、本屋へ
藤原新也さん荒木経惟さん赤瀬川源平さん 満遍なく写真ぽい感じなのは偶然です
DRUM SONは個性的な場所です。楽屋がわいわいしてました
ライブ初めての地としては、とても暖かく迎え入れて貰えたように思います、有難いことです。
福岡は憧れのバンドを沢山輩出している土地 
精進して、また帰ってきてもっと良いライブを見せたいです。
打ち上げはラーメン屋とも居酒屋ともつかぬ良い雰囲気のところで、FoZZtone兄貴達と。
渡會さんのブログにその模様が載ってましたよ


6月6日 熊本DRUM BE-9

早く着いたので熊本城の近くにある広い公園で昼寝・読書
綺麗な公園で、城も凄く立派だった。眺めもよかった。
移動の車中から「夏目漱石記念館」の文字を発見し気になるが、立ち寄れず。次こそ。
ジンは初めて対バン バンドとしては先輩ですが同い年と聞いてびっくり。
皆さん素敵な人柄でした。ライブもしっかり完成されている感じがして濃く良かったです。
斉藤さんから学んでること教えてもらってることが沢山。この日もそんな感じ
出身小学校的にも先輩ですしね
でまた打ち上げで呑んでしまったわけですが楽しかったので良しとさせて下さい
しかし何日も家に帰ってないと自分内反省点が山積みになって振り返り方が難しいなと実感
スタジオに1週間以上入ってないなんてここ数年で初めてかも知れない。


6月8日 京都磔磔
前日は移動日 福岡の海に寄りました。
あまり深いところまでは行ってないけど海面から海底が見えた。綺麗だった
海で風を吸い込むのは素晴らしく気持ちが良いです。
そして頭では分かってたけどやはり東京湾の不透明さって物凄いなあ
UNISON SQUARE GARDENとTHE NOVEMBERSと同時に対バンって意外と初めてだ
ということに会ってから気付きました。
何より磔磔に飾られている歴代出演者の看板たちの凄さたるや!鼻血出るかと思いました
ジョン・リー、ボディドリー、Dr.ジョン、アルバート・キング、ミーターズなどなど
際限なく「まじで!」を連呼するはめになりました。
(その影響で帰りはほとんどブルースを聴いていました)
ライブは、若輩としては勿論がむしゃらにバッファローのように、演りました。
時間が短かったのは心残りですが素敵なイベントでした
結果またしても打ち上げたわけです。 
ケンゴさんが本をくれました 見る前に跳べ 僕は「鳥」という短編が好きです。
という話を今度の横浜で会ったらしようかと思います


そう次回ライブは6月13日横浜FADです、NOVEMBERSとの2マンです。
真正面から攻めたいと思います。楽しみです 遊びに来てくれる皆さんよろしくどうぞ

佐々木亮介 
by afoc_ex | 2009-06-12 03:20
Goody Goody
BUFFALO SOUL TOURと銘打ち西日本を行脚、
今日12日ぶりに帰宅。仕事するぞー
各地参加して下さった皆さんに感謝致します。
ツアー中盤戦を振り返ろうかと思います。まず神戸高松広島

・090601神戸STAR CLUB
久々のスタ・クラ
前回はSTAnが凄く強烈な演奏をしていた事を覚えていたので("マジヤバイ")、
リハの時あの「お立台」を見て気が引き締まりました
片山ブレイカーズとFoZZtoneも旧知の仲らしく楽屋は和気藹々でしたが、
ライブは皆鬼気迫っていました。
僕は目立ちたがる性分なようで、セッションの時「お立台」に上るのはなかなか気分が良かったりしました。名古屋の反省を踏まえつつ新たな課題との対峙の仕方を考えつつ。
打ち上げは今の所、ツアー中最もハード・コアな内容になったような。
つまり詳しくは書けない系、です 竹尾兄貴凄かったなあ

・090602高松DIME
という具合で二日酔いのメンバーさえ居兼ねない状況の中四国入り
ここからUNISON SQUARE GARDENのツアーに合流する形。
着いたら田淵さんが時代小説を読んでました 司馬遼太郎さん。
僕も父の影響で好きなのです。以蔵の話をした。
竹内電気は初めて。しかし僕は昔Laugh Lineのイベントでライブを観た事があった為、この対バンを楽しみにしていました。
DIME自体、元映画館という不思議かつ素敵な造りで、ライブはとても楽しかったです。
軽く打ち上げ  岡庭と竹内電気斉藤さんが急接近。

・090603広島NAMIKI JUNCTION
勿論ウドンを食べてから高松を発ち(「うどん市場」)、中国地方へ初上陸。
前日と同じ面子。連続して対バンがあると、徐々にバンドの音や曲を覚えてきて楽しいし、単純に付き合いが深まるので面白い。対バンツアーの醍醐味の一つかも知れません
ナミキジャンクションは、楽屋に「ステージはかなり暑くなるので覚悟して下さい」的内容の注意書が貼ってある程に熱しやすいそうですが、観てくれた皆さんのおかげで我々もしっかり汗だくになりました。
個人的にWINDOW開けてーを久し振りにライブで聴きました、好きな曲がライブで演奏されると嬉しい気持ちになりますね。
打ち上げでは竹内電気のサティフォさんと喋りました。
主な議題はスラムダンクについて。
僕の一番好きなシーンは、三井寿「もうリングしか見えねえ」です

佐々木亮介
by afoc_ex | 2009-06-09 15:22
I'll Cure You With Electricity
5月29日 高崎CLUB FLEEZ

相変わらず石畳が素敵な町、高崎。あとFLEEZの近くの楽器店の壁に描かれた巨大なビートルズの絵も素敵だ(青盤のジャケットの、階上からこちらを見下ろしているあれの絵)
Mirraz、嘘つきバービー、つしまみれと濃い濃い面子。観るのが凄く楽しかったです。つられる様に「ブラックバード」の前で演奏したセッションが濃くなったように思います
打ち上げは身内でひっそりと。笑い疲れました。 

5月30日 名古屋HOLIDAY

サカエスプリングというライブサーキットに参加させて貰いました。個人的に僕はこういうイベントが好きだ、うろうろし甲斐のあるようなやつ
名古屋ではもう久しくUPSET以外で演奏していなかったから新鮮だったし、昼の3時から演奏したこと自体もなんだか新鮮な感じ
ライブ後FoZZtoneを観にZIONへ。僕が勝手に認識している「らしさ」が、最初から最後まで貫かれている感じがあって、そして新曲も聴けて、嬉しかったです。


夕方頃、宿にチェックインしようとしたところ偶然My Way My Loveのツアー会場に遭遇、なんとムラタさんのご厚意でライブを見ることが出来ました。目茶目茶壮絶で目茶目茶かっこよかったです。体の芯から痺れました。耳鳴りが止まずしかしそれが全然嫌じゃないのです。


その後栄に戻り、FoZZtoneチームと合流して、久々に素敵な4人の兄貴達と一緒に呑みました。いろんな話した。笑い疲れました。

次は神戸!
佐々木亮介


追記 さりげなく6月と7月の弾き語りライブの情報がオフィシャルサイトにアップされています(最近気づいた)時間のある方、是非遊びに来てくださいね よろしくどうぞ
by afoc_ex | 2009-06-01 09:04


excite.musicmall

カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
公式ブログ
ブログランキングBEST3
ラウドネス二井原実
二井原実 BLOG
「R&R GYPSY」
ランキング1位bottom
ユニコーン
ユニコーンはブログもお好き!?
ランキング2位bottom
TRICERATOPS 吉田佳史
TRICERATOPS 吉田佳史のブログよしふみ
ランキング3位bottom
ア行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇a flood of circle
◇AJISAI
◇アナム&マキ
◇アナログフィッシュ
◇ANCHANG
◇UNLIMITS
◇H.
カ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇Cure Rubbish
◇ケンスペ
タ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇高橋優
◇竹内電気
◇China
◇つしまみれ
ナ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇中島卓偉
◇中山うり
◇ねごとのねごと。
マ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇MIX MARKET
◇Megu Mild
◇MOTORMUSTANG
◇MOMOKOMOTION
ヤ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
ラ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇LITE
◇LAST ALLIANCE hiroshi
◇LAST ALLIANCE MATSUMURA
◇Lucky13
◇LaughLife
◇rega
◇Response THE ODGE
◇ROCKET K
ワ行‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇ワイルドマイルド
過去のブログ
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
◇音楽評論家 平山雄一
おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。