execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<   2013年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
アイスランド国営放送予算カット撤回の請願書に署名を!
 ビョーク、シガーロス、ムーム等の音楽を通してアイスランド文化に興味を持つようになった方々にお願いがあります。

 ご賛同いただける方は、経産省が掲げたアイスランドの国営放送RUVの予算カットを抗議し、文科省から撤回を訴えるようネット署名をお願いしたいのです。

 以下の懇願所のリンクはchange.org上にあり、長いために縮めてあります。

Menntamálaráðherra: Íslensk stjórnvöld: Afturkalla uppsagnir á RÚV og niðurskurð
 (文部大臣及び関係各位:RUVの予算カットとレイオフを白紙に)
http://tinyurl.com/p8eclhj

 アイスランドの経産省がこのほど、アイスランドの文化促進、保持の要である国営放送RUVの予算をカットすることを発表しました。このためRUVの社員60名ほどがレイオフされます。

 アイスランドの音楽アーティストを含む文化人を中心に、これに対して強い反発を起こしています。

 アイスランドは総人口32万人の小国であるため、放送局はここが要です(実質的にはここだけと言っても過言ではありません)。経済的には広告収入などで独立採算制をとっていますが、政府からの予算も受けています。経産省はこのほど、「国営放送は政府機関のひとつであるからには、予算カットは当然」という発表をしました。

 そこで、文化は経済的問題とは別に考えるべきであることを、文科省大臣と意志決定を行う関係各位に訴えるのがこの懇願所の目的です。平たくは、文科省から経産省に文句を言え、ということです。

c0003620_16492388.jpgRUV
http://www.ruv.is/

 2008年の経済崩壊以来、アイスランドのアーティストは様々な予算カットに晒されてきました。上記のサイトを見ればわかりますが、RUVにはふたつのテレビチャンネルと、ラジオも2チャンネルあります。ネットでも一部のテレビ番組や、音楽番組のラジオが聴けるため、全世界から視聴されているアイスランドの唯一の放送局です。

 RUVは放送局として、「アイスランドの言語、文化、歴史等を広く知らしめる役割を負う」ともサイトに明示されています。
 が、この大幅な予算カットにより、音楽の分野では、音楽番組が少なくなり、そのクオリティも維持できるかわかりません。出演料が減額される可能性も色濃いでしょう。多くの文化人の活躍の場が奪われるかもしれません。

 日本のように、中央のキー局、地方局など、いろいろな放送局が存在しているのであればまだしも、正直なところまともな放送局はRUVしかありません。ここの予算カットは外国人の私も大きな衝撃です。海外に居ながら、アイスランドのニュースを見たり、時にはラジオを聞いたりして楽しませてもらいました。アイスランド語の勉強に役立てている人も多いことでしょう。

 このニュースを受けて早速私も署名しましたが、果たして外人が署名して何になるのだろうか?と思いました。けれど、よく考えれば、国外からポツポツ署名が入っているのも悪くないどころか、「それほど国際的に注目されているという認識がなかった」と気づき、これが国内だけの問題ではないことを提議できるかもしれません。なので、こうしてブログでお願いすることにしました。

-------
2013年12月10日追記
 有能な現場の人間がカットされ、上層部はひとりも解雇されていないことに着目し、無能な上層部を人員カットするよう求める署名が新たに加わりました。ご協力いただければ幸いです。
Stjórn Ríkisútvarpsins: Við undirrituð skorum á stjórn Ríkisútvarpsins að framlengja ekki ráðningarsamning við núverandi útvarpsstjóra.
http://www.change.org/petitions/stj%C3%B3rn-r%C3%ADkis%C3%BAtvarpsins-vi%C3%B0-undirritu%C3%B0-skorum-%C3%A1-stj%C3%B3rn-r%C3%ADkis%C3%BAtvarpsins-a%C3%B0-framlengja-ekki-r%C3%A1%C3%B0ningarsamning-vi%C3%B0-n%C3%BAverandi-%C3%BAtvarpsstj%C3%B3ra?utm_campaign=new_signature&utm_medium=email&utm_source=signature_receipt#share
---------
 なので、アイスランド文化に興味をお持ちのみなさま、ぜひご協力いただければ幸いです。署名するところは簡単な英語なので分かると思います。署名後、謝辞と共に他の人にも署名を誘うよう即すメールが入ってくると思います。お手数ですが、ウルサイ場合は自分のメールアドレスをchange.orgからunsubscribeしてください。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif


by icelandia | 2013-11-30 16:49 | News | Comments(0)
アイスランド・エアウエイブス2013のレポート、間もなく開始!
 もうすぐ12月ですね。数年間サボッたアイスランドの13人のサンタをどう扱おうかと思案中です。いろいろな音楽もご紹介したいし、アイスランドのウール製品も仕入れてきたので、それも暖かいのでぜひ愛用していただきたいのですよね・・・。あれこれ、頭の中にはあることが、いつも牛歩で恐縮です。
 
さてさて、これからアイスランド・エアウエイブス2013年のレポートもし始めますね。

 今年のアイスランド・エアウエイブスも本当に凄かった。凄すぎて、全貌を掴むのは無理!私が最初に見た2003年から10年も経っていることもあり、内容も規模も全く別物のフェスです。5日間で行われたライブの数は、たぶん500近いのではないでしょうか。いや、もっとか・・・。そしてそのほとんどが、素晴らしい内容!
c0003620_3223156.jpg

 国際的な音楽フェスとして充分すぎる充実度で、これだけアイスランド・エアウエイブス慣れしている私でも、どうしていいやら困ってしまいます。

 なので実は、今年はフェスの楽しみ方を少し変更してみました。例年の私は、1日でめいっぱい数をこなし、あれもこれも見たろう!聞いたろう!という貪欲なフェス生活でした。

 でも今年は、メインとなるライブを一つ決めて、大人の女性らしく(?)ゆったりと音楽を楽しむ方向でいってみました。とはいいつつ、ガッツリ一日10組見た日もありましたが(笑) 

 そういう訳で、これまでの10年間、フェス中の毎日を時間を追ってレポートをお伝えしていましたが、今年は試験的にベクトルを変えておおくりしますね!
***

 ICELANDiaショップでは、12月までにニット製品をショップにだすべく作業中です(って私ひとりでやってるからノロくてごめん)。時々このリンクを覗いてみてくださいね。ツイートして、売り切れちゃった商品も既にありますが(去年も評判上々だったひざ掛けです!)、まだまだあれこれ出しますので、ぜひお楽しみに!出揃った時にはまたお知らせしますね。
アイスランド伝統のニット製品一覧
http://icelandia.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=879861&csid=0

アイスランド音楽コンピ『Iceland White Night』、大好評です!!
c0003620_3274933.jpg それから、ICELANDia小倉が監修したアイスランド音楽のコンピレーション『Iceland White Night』が大人気!(もしやウチのショップだけ?!)まだお手にとっていない方はぜひどうぞ!
 メール便送料無料&特典付きです!特典は数に限りがあるため、なくなったら終了になります。ご購入は→こちらからどうぞ。試聴リンクもあります。

 その他、新譜やアーティスト本人が自主制作した素敵なアルバムなども、なるべ早く出しますね。お楽しみに!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



ICELANDiaFacebookファンページ
c0003620_2234473.jpg


日本での扱いはここだけ!というアイスランド満載!↓


by icelandia | 2013-11-30 03:34 | News | Comments(0)
既に伝説のライブ?!FM Belfast 秋葉原ライブ写真展
 楽しすぎて踊りまくったFM Belfastの来日ライブ!彼らはアイスランドでもヨーロッパでも大人気なだけあり、本当にハチャメチャに楽しくて、日本の音楽ファンのみなさんにそれを実体験していただけて、本当によかったーーというようなことは前回のブログに書いた通りです。

その時の熱狂ぶりをもっとお伝えしたくて、今回はお馴染みの写真家 シバノ・ジョシアさん に撮り下ろしていただいた写真をお届けします。
 もう伝説になっちゃった感じの秋葉原でのスペシャル・ライブの様子をぜひここで再体験してください!

 まずはサポートをしていただいたHONDALADYさん。なぜかMCをアイスランド語に翻訳するDJ付きで、その謎の企画が面白かった!ものすごくエネルギッシュに、楽しくポップな曲を次々と演奏していただきました!
c0003620_12465374.jpg

 そして幕をあけるFM Belfast。客席の真ん中にずかずかと出てきたのは、ダンサー兼シンガーのエギル。ステージ上のアルニが「ライブの前にはいいエネルギーを盛り上げるため、さぁ、彼の手を触って!」とアナウンスして、ライブは華やかな雰囲気で始まります。客席とステージは心ひとつ!
c0003620_12465425.jpg

 あれ?ステージ上にトトロがいる!。既にヤンヤの騒ぎです。音の感じもすこぶるよく、これはノって踊るっきゃないっしょ!
c0003620_1256731.jpg

 そしてFM Belfastが炸裂!
c0003620_12465577.jpg

あれもこれも、熱演、熱唱、熱血のエレクトロ・ポップ!パーカッションは元シュガーキューブスのシッギが担当!
c0003620_12465564.jpg

 「暑くてたまんない」とトトロから抜けだしたローア。ヴォーカルのアルニは、実はこの日体調を崩し、声がほとんど出なくて気の毒。でもそんなこととは無関係に盛り上がり続けるFMのライブ!
c0003620_12465697.jpg

 大ノリノリのお客さま。みなさん汗だく。翌日「あんなにジャンプしたのは久しぶりだった!」「超楽しくて仕方なかった!」という嬉しいご感想を、あちこちからいただきました。
c0003620_12465629.jpg

 もー、どーにでもなれ!とばかり下着姿。そして、主催者も無理矢理ステージにあげられてしまうハチャメチャぶり。楽しすぎるぞ!
c0003620_12465724.jpg

 急ごしらえのライブ。会場が狭かったこともあり、残って下さったお客さまと記念の集合写真をパチリ。みんな楽しそう!それになんだか、アイスランド・エアウエイブス・ツアーの同窓会みたいになってる(笑)
c0003620_12465730.jpg

 そしてこちらはHONDALADYさんとFMの出演者の記念ショット。ホント、みなさんお疲れ様でした。素敵に楽しいライブをありがとう!!!!!
c0003620_12465832.jpg


 FM Belfastも無事本国へ帰り、私はやっとホっと一息。アイスラドで一ヶ月を過ごした帰国後、すぐに大学で話をする仕事とか、FMの来日が続き、普段ほとんど自宅から離れない私は、内心パニクっていました。
 
 少し落ち着いたし、写真もいただいたので、これからボチボチアイスランド・エアウエイブスのレポートを開始しますね!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



ICELANDiaFacebookファンページ
c0003620_2234473.jpg


日本での扱いはここだけ!というアイスランド満載!↓


by icelandia | 2013-11-29 12:57 | News | Comments(0)
最高に熱く楽しかったアイスランド最高峰のハッピー・バンドFM Belfast、ありがとう!!!
 FM Belfast、ぶっちぎりで楽しかった!北欧Music Nightで初めてご覧になったという方は、びっくりだったのではないでしょうか。ものすごい評判ですね!
 私はFM Belfastの次に出てきたFrench Filmというバンドがとても好きでした。が、やっぱりアイスランドが一番!!(身びいきというか、あんだけ楽しいバンド、なかなか居ないですからね)
c0003620_15273035.jpg

 北欧Music Nightはショーケースなのでバンドの持ち時間は一組30分。どのバンドもきっちりとそれを守らなくてはならないので、FMにはライブ後「Meira!(「もっと」のアイスランド語」コールがかかりましたが、アンコールはできないんですよねぇ、それが残念。でももっと見たい!という声がかかってよかった。

 そして翌日の2013年11月23日。秋葉原のちっちゃな箱でのスペシャル・ライブ。なにせ来日一ヶ月足らずでササっと手配して作っちゃったライブなので、場所が狭くてホントごめんなさい。
 でも、だからこそ会場は超満員。超熱気の中、FMBelfastはここでも手を抜かず、気を抜かず、大いにもりあげてくれました!
(でも、かわいそうだったのはメガネ君のアルニが前夜のDJセットの時にノドを痛めて、風邪気味だったこともあり、昨日はほとんど声がかすれて出なかったこと)

 東京のお客さんがどんなノリをしてくれるのか全くわからなかったバンド側は、北欧MNの時も「踊ってくれて本当によかった!」と感激していたし、昨日の小さな会場では「すごくエネルギッシュに濃厚に楽しんでもらえてサイコー!」と言ってました。
 ホント、ご来場いただいたみなさま、有り難う御座いました。なにせ急ごしらえだし、場所も場所だし、果たしてこのギグのことを信じて来てもらえるのか?というのが一番の心配でした(笑)。ホント、この超ベーシックな心配事が笑い話になったよかった!

 それから、ギグ後の打ち上げは希望者とバンドがいっしょに飲みに行くことに!これ、写真に納めてなくてすごく残念なのですが、参加者50名という大所帯。カンパイは壮観だったし、バンドも参加者もみんなリラックスして楽しそうでした。気軽に話したり、サインもらったり、いっしょに写メ撮ったりして。
c0003620_15273424.jpg

 小さな会場とはいえそれなりに前準備は必要だし、普通の興行主だとこういうことは絶対にやらないし、やれないし、音楽業界歴がやたら長くなりつつある私はちょっとハラハラしながら見ていたのですが、最後の飲み会も含めて、ものすごくしっかりとキチンと物事を仕切ってやってくれて感謝。ホント、みんなが大いに楽しめてよかった。

 アイスランドやヨーロッパでは大きな会場でもソールドアウトで入れなくなる超人気グループなので、あの箱で体験できた人はホント、ラッキーでした!

 あれこれの写真は シバノ・ジョシアさんが撮ってくださっているので、それはまた後ほどまとめてアップできると思います。

 あと、これは独り言ですが、私が企画しているアイスランド・エアウエイブス・ツアーのお客さまが沢山いらしていて、ひとりでコッソリと始めたことが、こうしていろいろな人を動かしてここまで来たんだなぁと、すごく感慨深かったです。みなさん、本当に有り難う。でもこれは私の力ではなくて、音楽の持つ魅力であり、アイスランドの何かなのですよね!


謝辞:
 今回のFMBelfast秋葉原ライブに関しては、絶大なご協力をいただいたI氏に多謝。H君もお手伝いありがとう。それから、ライブ当日にFMのサポートとして大活躍してくださったHONDALADYさん、素敵なDJを披露してくれたdj8bitさんも本当に有り難う御座いました。その他、いろいろな方々に細かなところでご協力いただき、スムーズに物事を運ぶことができました。スタッフのみなさま、有り難う御座いました。
 また、この変則的な物事を快く承諾してくださったクリエイティブマン、IME(Iceland Music Export)、NOMEX(Nordic Music Export)のご関係者にも感謝致します。
 そして誰よりも全力投球してくれたFM Belfastのメンバーと、ご来場いただきましたお客さまに最大の感謝です!本当に有り難う御座いました!!
(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



ICELANDiaFacebookファンページ
c0003620_2234473.jpg


アイスランド音楽のコンピ、送料無料特典付きで販売中↓


by icelandia | 2013-11-24 15:33 | News | Comments(0)
心まであたたまるアイスランドのおばあちゃまお手製ニット帽&もこもこ羊も!
 関東も随分と寒くなってきました。今年の夏、私は冷房無しで乗りきったので(昼間の暑い時は、フィットネスジムへ行くことで乗りきりました)、冬もどれだけ暖房なしで過ごせるのか、只今実験続行中です。室内でも手袋がほしい・・・。

 さて、アイスランドから帰国して10日が立ちました。今年のアイスランド・エアウエイブスのレポートはまだか?と待っている方も多いことでしょう。いつもお世話になっている写真家の シバノ・ジョシアさんから、フェスの素敵な写真をいただきましたので、来週からぼちぼちと、レポートをアップする予定です。

 そして帰国早々、私がアイスランドから送った荷物も届き、その中から可愛らしいものをいくつかここにご紹介しますね。

まず最初はこのブログでご紹介した104歳の最高年齢のおばあちゃま、ヒリフさんの手編み帽。

 ヒリフさんが一針一針、心を込めて楽しみながら編んだニット帽は、シンプルで実用的。そして手にしてじっくりと見てみると、なんだかとても心暖まるものがあります。

ヒリフさんの手編みニット帽一覧
http://icelandia.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=%A5%D2%A5%EA%A5%D5
c0003620_37864.jpg

 これはヒリフさんのお嬢さんがアイスランドの手編み協会に委託して販売しているもので、私は手編み協会の会長さんに「これ絶対にヒリフさんの手編みだよね!」と念を押して確かめて購入しています。

 素材はもちろんアイスランド・ウール100%。若い頃からずっと編んでいるだけあり、編み目もキチンと揃っていて、とても丁寧な作りです。手編みなので、一枚一枚、ちょっとだけサイズが違ったりしています。それは説明に明記してありますので、よくご覧になってくださいね。
***

 そしてもうひとつ、ほっこりニッコリしてもらえそうなのが、このウールのヒツジグッズ。昨年、携帯ストラップを販売して大好評だったため、今年は種類を増やして仕入れてきました。
c0003620_37780.jpg
 既に売れてしまっている色もあるので、希望者はぜひ早めにゲットしてくださいね。
 私は携帯ストラップをポーチに付けていて、目にする度に微笑んでしまいます。なかホンワカしていていい感じ。今回はブローチやマグネットもゲットしてきたので、ぜひどうぞ。


アイスランド・ニットもこもこ羊グッズ
(携帯ストラップ、ブローチ、マグネットの3種)
http://icelandia.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=%A4%E2%A4%B3%A4%E2%A4%B3%CD%D3

 ちなみに、これがショップに置いてあるもこもこ系の一覧です(うーん、モコモコって書いてないだけで、もっとあったかなぁ?!)
http://icelandia.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword=%A4%E2%A4%B3%A4%E2%A4%B3

 今週は金・土と続けてFM Belfastのライブがあります。シガーロスやビョークとはまた違ったレイキャヴィクの空気感を運んできてくれることでしょう。すご〜く楽しみ!!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



ICELANDiaFacebookファンページ
c0003620_2234473.jpg


ムームのサイン入りアルバムやTシャツも!!↓


by icelandia | 2013-11-21 03:12 | News | Comments(0)
FM Belfast 秋葉原ライブ11月23日ソールドアウト!キャンセル待ち!!
FMBelfast秋葉原ライブはソールドアウト!
これからの受付は「キャンセル待ち」です!

イベントブログからのアナウンスはここ

c0003620_2011448.jpg

 いやぁ、本当に有り難う御座います。やるよ!とツイッターでアナウンスだけしていた時期はチケが動かず、どーしよーと青くなっていましたが、ICELANDiaブログにこのように書いたとたん、ドォ〜ンと予約が入り、目出度くソールドアウトとなりました!!

c0003620_2011388.jpg

 「キャンセル待ち」でもいい!という方はぜひ早めのご連絡を。そして予約は入れたけど実は行けなくなっちゃったという方も、ぜひ早めに syntaxerror_jp@yahoo.co.jp までお知らせください。

c0003620_2011367.jpg

 このライブ、どんなに凄かったかといえば、もう凄いんです(←全然意味がない表現!(笑))。ツアーのお客さまで参加した方は口を揃えて「チョー楽しかった!大ファンになった!もちろん日本でも再体験すべく見に行きます!」と大ノリ。
 ラッキーにも予約できたみなさんは、ぜひ半袖Tシャツ、またはタンクトップになれるような格好で行き、大いに身体を動かして楽しく過ごしましょう!私自身もその予定です。

 また当日は物販もありますので、Tシャツ忘れちゃったよ、という方は、老舗ショップ12TonarのTシャツだとか、ムームのサイン入りのTシャツだとかをその場でゲットして着替えると、レイキャヴィク/アイスランドLOVEを示すことができてグッドかもしれません。

 FMBelfastのメンバーは変則的です。コアなメンバーはいますけどね。特に地元レイキャヴィクでやる時は、最後に地元ミュージシャンがこれでもか!というほどステージに上がってくることもあり、ステージの上でも客席でも大騒ぎ。さて、東京には誰が来て、どんな楽しいライブになるのでしょうか。ホント楽しみです!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



ICELANDiaFacebookファンページ
c0003620_2234473.jpg


ムームもアウスゲイルもサイン入りアルバムあり!↓


by icelandia | 2013-11-16 20:16 | News | Comments(0)
FM Belfast秋葉原ライブ11月23日(土)緊急決定!予約受付中!!
世界一楽しいポップ&パーティ・バンド!
FM Belfast 秋葉原ライブ 11月23日(土)緊急決定!!

本当です!ウソじゃないです!びっくりでしょう!!
c0003620_2236868.jpg

日時:2013年11月23日(土) Open 18:30 Start 19:00
場所:Akihabara MARZ -DRESS HALL http://www.dress-tokyo.com
チケット:前売り¥3,500  
    当日券¥4,000 (1ドリンク付)

出演(ライブ):FM Belfast(from Iceland)
       HONDALADY


 アイスランドの超人気者、いえ、世界の人気者、FM Belfastの北欧ミュージック・ナイト出演決定!それを受けて、私の仲間内で「なんとか他でもライブやってほしいですよねぇ」ということになり、私がアイスランド滞在中、FMのメンバーに会い、音楽業界関係者に会い、日本の招聘元に連絡をとってもらい、あちこちたらい回し状態にされながらも、とにかく全部キチンと物事をクリアにして、関係者にオッケーをもらい、もちろんメンバーの賛同も得てセッティグしました!!!

 どんだけ彼らのライブが楽しすぎるかといえば、先日のアイスランド・エアウエイブスの彼らのライブを見たレオン・ヒルの言葉がよくそれを表しています。彼はセレブや製品のユニークなパブリシティを展開して有名になった人で、そんな彼が「これほどハイパーで、エネルギッシュなパーティ・バンドを見たのは、マジで人生初めてだ!」と超激烈大絶賛。ライブ後、これほどハッピーにしてくれるバンドはこの世にないと思った方がいい。このバンドはまた見るだろうし、死ぬまで見続けることになる、とも。原文はこちら↓

Iceland Airwaves Festival — Day Three & Four: Weekend Party Riot
http://rockpublicity.com/iceland-airwaves-festival-day-three-four-weekend-party-riot/

 もうこれは見るっきゃないっしょ!!

 そんな誉れ高きFM Belfastが、北欧ミュージック・ナイトに出演した翌日、「オーディエンスと濃厚に楽しめる小さなハコでもやりたい!」という希望に沿って急遽ハコを手配。

 このイベントはライブハウスのサイトにも掲載されていませんが、それはあまりにも超特急で決まった物事であるため、サイト更新が追いついていなのです。実施に関しては当方でも保証致します。

 表に書いてはいませんが、IME(アイスランド・ミュージック・エクスポート)も、NOMEX(Nordic Music Export)も公認している物事ですし、IMEの代表もこのライブに参加します。
 
 なので、安心していらしてください!

 急ごしらえですが、このイベントに関するブログがあります。
http://snerror.exblog.jp

 チケットの御予約・お取り置きは syntaxerror_jp@yahoo.co.jp のみで受け付けています。「11/23チケット予約希望」とし、氏名・予約枚数をお書き添えの上、上記アドレスまで送信してください。返信メールをもって予約完了となります.当日受付カウンターでお名前をおっしゃってくださいね!(返事が来るまでに2日間くらい余裕をみてください)。

 ということでFM Belfastが日本に来日。そして濃厚に楽しく騒いじゃう機会も設けることができました。アイスランド音楽ファンのみなさま、ぜひアイスランドの熱いノリを東京で体験してください!!!

(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



ICELANDiaFacebookファンページ
c0003620_2234473.jpg


ムームのサイン入りアルバムあります!↓


by icelandia | 2013-11-12 22:37 | News | Comments(0)
東京工業大学でアイスランドウィーク開催!地熱、音楽あり!11月11日-15日 
 昨日アイスランドから帰国しました。去年に引き続き、今年も一年12ヶ月のうちの2ヶ月をアイスランドで過ごしました。
 アイスランドへ行っても日常で、日本に戻っても日常で、なんだか不思議な感覚です。が、日本の家屋の中は本当に寒くて、アイスランドの家屋内だと暑くて着ないセーターを日本では着込んでいます。それでも寒い・・・。いったいどっちがアイスランドなんだか(笑)

 早速ですが、お知らせがあります。東京工業大学でアイスランド・ウィークが行われます。アイスランドからは作家のアンドリ・マグヌソンが来日(アイスランド・エアウエイブスでは、ごくローカルなラッパーを見に行った際に彼に会い「来週から東京へ行くから」と言われてびっくり)。
 僭越ながら私もアイスランドの音楽の話をさせていただきますので、お時間が許す方はぜひどうぞ。

東京工業大学 アイスランドウィーク
http://www.titech.ac.jp/outreach/community/icelandweek2013.html
c0003620_10395232.jpg

会場 大岡山キャンパス 西9号館 ディジタル多目的ホール
 コラボレーションルーム、メディアホール
スケジュール
第1日 11月11日(月)
14:00 〜 14:30 開会のご挨拶
14:30 〜 15:30 「アイスランドってどんな国?」 アイスランド航空
16:30 〜 17:30 「北欧神話の故郷―アイスランド」 
           東海大学北欧学科教授 森信嘉
18:00 〜 19:00 来日講演「ひとつの島に30万人が暮らしたら」 
           作家  アンドリ・マグナソン 
第2日 11月12日(火)
13:45 〜 14:45 大田区立清水窪小学校とのコラボレーション・イベント
           九州大学名誉教授・地熱情報研究所代表 江原幸雄
15:00 〜 16:30 「地熱エネルギーとその利用」 
                地熱情報研究所代表 江原幸雄
17:00 〜 18:30 パネルディスカッション「北欧に学ぶ」 
           【進行】東京工業大学教授 飯島淳一
第3日 11月13日(水)
10:00 〜 12:00 大田区立清水窪小学校とのコラボレーション・イベント
          作家  アンドリ・マグナソン
18:00 〜 19:00 「アイスランドの起業」 
           COOORI CEO アルナ・イェンソン
第4日 11月14日(木)
17:30 〜 18:30 "Me & Icelandic Music" アルニ・クリスチャンソン
第5日 11月15日(金)
14:00 〜 15:00「アイスランドと地熱エネルギー」 
           東京工業大学教授/ジャーナリスト  池上彰
15:30 〜 16:30 「Coolな国のHot な音楽 2013最新音楽シーン」 
           音楽評論家 小倉悠加

18:00 〜 19:00DJ ステージ "Hey! Iceland" DJ アルニ・クリスチャンソン

 お時間のある方、ご興味ある方はぜひどうぞ!(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



ICELANDiaFacebookファンページ
c0003620_2234473.jpg


日本での扱いはここだけ!というアイスランド満載!↓


by icelandia | 2013-11-09 10:45 | Comments(0)
最新アイスランド音楽決定版コンピ『Iceland White Night』発売決定!!
 アイスランド・エアウエイブスに突入し、毎日アクセク動いています。が、今年は「大人のアイスランド・エアウエイブス」が私のテーマで、今まではとにかく数を多く見ることに徹してきましたが、今年はゆったりめにまわり、本当に観たいアーティストと、興味ある新人のチェック、そして、行き当たりばったりで発見する音楽との出逢いを大切にしてやっています。

 さて、アイスランド・エアウエイブスのご報告は後日になりますが、11月24日(木)にICELANDiaの小倉が監修・選曲したアイスランド音楽のコンピレーションが発売になります。自信をもってオススメできる内容なので、ここにご紹介しますね。

 タイトルはアイスランドの白夜ということで、「Iceland White Night(アイスランド・ホワイト・ナイト)」。ジャケットはこれ!!
c0003620_23573327.jpg


 アイスランド音楽が好きな方は何となくおわかりになるでしょうか。ヨンシー&アレックスという、シガーロスのヨンシーとプロジェクトを組んでいるアレックスのアートです!(頼んでよかった。とても素敵!)

 収録曲目はかなりゴージャスです。がんばりました。各アーティストが権利を持っている場合が非常に多く、契約をかき集めるのに四苦八苦しながらも、楽しく作業をさせてもらいました。

ーーーーーーーーーーーーー
「Iceland White Night(アイスランド・ホワイト・ナイト)」

ICELANDiaショップ御予約特典あり!
 御予約特典は、アイスランド・エアウエイブスにちなんだものです!!!
 御予約→ http://icelandia.shop-pro.jp/?pid=65996325 ←御予約

"アイスランドの白夜”をテーマに眠れない夜を過ごす人々にむけたコンピレーション。
アイスランドのアーティストの入手困難な楽曲/未発表曲/話題の楽曲/名曲を収録。
いま話題のAsgeir(Ásgeir Trausti)の本国のみでリリースされているアイスランド語バージョンも収録。アートワークはアレックス・ソマーズ(ヨンシー&アレックス)による日本独自企画盤。

◇収録曲目(曲順は変更になる場合もあるかも) :
01.Parachutes / Tree Roots Turn To Forts *廃盤のEPより収録
02.Múm / Toothwheels  *最新アルバムより収録
03.Ásgeir Trausti / Leyndarmál *母国のみで発売のアイスランド語バージョン  
04.Moses Hightower / Sjáum hvað setur
05.Bloodgroup / My Arms
06.Kiriyama Family / Snow Beneath My Feet
07.FM Belfast / Delorean (Original Version)*デジタル配信のみのシングル08.Ñolo / Taxi
09.Kiasmos / Dazed *未発表曲           
10.Útidúr / Harmonikk  
11.Samaris / Vöggudub
12.For A Minor Reflection / Dansi Dans         
13.Stafrænn Hákon / BASI *未発表曲     
14.Ylja  / Á Rauðum Sandi
15.Sóley / Smashed Birds *最新アルバムより収録
16.Sin Fang / Look At The Light *最新アルバムより収録

 試聴はこちら http://soundcloud.com/pdis_inpartmaint/iceland-white-night

 アイスランド国内のみでCDをリリースしているグループも多く、それらのアルバムはICELANDia音楽ショップでご購入いただける場合が多いです。→ ICELANDia">http://icelandia.shop-pro.jp/

 後日もう少し詳しくコンピのご紹介をしたいと思っていますが(またはコンピ収録のアーティスト紹介をアイスランド・エアウエイブスのレポート内でするとかになるかも)、とりあえずは告知でした。(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



ICELANDiaFacebookファンページ
c0003620_2234473.jpg


日本での扱いはここだけ!というアイスランド満載!↓


by icelandia | 2013-11-02 00:08 | News | Comments(0)
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム