execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
早くも伝説?『氷国X日本』5月2日渋谷
 「マジ、一件もまだキャンセルがないんですよ。もちろんすごく嬉しいし、有り難いんですが、これで大勢ドタキャンだと採算が合わないし、逆に本当に全員来ていただいたりしたら、会場パンクじゃないかと、心配してるんスよぉ。」
 
 昨日の夕方から夕食を兼ねて『氷国X日本』(5月2日18:00〜渋谷UPLINKにて)の主催者と打ち合わせをしました。おいしいアイスランド産ラム肉とサーモンも出される食事付きチケットは2日間で完売。食事なしのチケットもその5日後には売り切れ、現在は予約も受け付けていない状態で、うれしい悲鳴です。なので残るは、当日お客さまにいかに実のある内容を提供して満足してお帰りいただけるか、ということですね。
 
 「みなさん、ぜひ来てください!」とこれ以上言えない状態なのに、ブログでまたご紹介するのもどーかと思うけど、でもやっぱり、この盛り上がりをみなさんに知ってもらいたい!
 
 来場者は音楽ファンが中心になるので、アイスランドしか売っていなかったり、これは是非聴いてほしいという音楽をDJ用にも即売用にも持っていきます。どのようなアルバムを即売するかは、主催者側が素敵なブログを作ってくれたので、こちらをご覧ください。
 それから、ちょうどタイミングよく(?)、アイスランドのバブルがはじけてISK(アイスランド・クローナ)が下がったので、これまではもうホント、何でこんなに高いの?!という激怒の価格で、頭の髪の毛を逆立てながらやっていて、まだ基本的にすごく高いけれど、それでも少しだけマシになったので、当日はかなりお得感のあるプライスでICELANDiaショップの人気アルバムを出す予定です。一日だけだしね。「トクした!」って思ってもらいたいので。
 それからそれから、主催者は書いていませんが、これをもらっただけでチケット代の元が取れる感じのスペシャルなお土産まで付きます。ホントです。え〜〜!!!ってビックリするようなものです(って、公表してよかったのかしら?>主催者様。このお土産が何であったかは、後日ご報告しますね。
 
 というわけで、このイベントは早くも伝説化しつつあり、参加した人勝ちかもしれません。スタッフもかなり気合いが入ってます!
 
 今回のイベントのチケットが取れなかったり、都合が悪くて参加できなかった人は、ぜひギター・イスランシオの来日公演をお楽しみに。6月29日(木)夕刻から表参道でライブをやります。その時も、(基本的にラム肉があまり得意ではない私でさえ大好きな)おいしいアイスランド・ラムの試食もできて、単なるライブとは文字通りひと味違ったものになる予定です。チケットや公演のお問い合わせは主催者の日本アイスランド協会へどうぞ。チケットはICELANDiaのショップで扱っています。こちらのチケットはまだまだ余裕です!(小倉悠加)

  アイスランドの音楽SHOPへ行ってみよう。↓バナーをクリック!
c0003620_13213440.gif
c0003620_0434512.jpg
by icelandia | 2006-04-28 19:26 | News | Comments(0)
知らせたいような、知らせたくないような・・・
 いつもICELANDiaのブログにお立ち寄りいただき、有り難う御座います。日本も春ですが、当然アイスランドも春。これから日照がどんどんと長くなり、5月半ばには白夜に突入します。真冬は一日3-4時間しか日照がないのに、夏になるとほぼ24時間昼間みたいに明るいアイスランド。そこから生まれてくる音楽は本当に個性的です。
 
 いかにシガーロスやビョークが個性的でスゴイか、というのは、もう世間一般が広く認めているところなので、それはすっ飛ばします。個人的にはどちらも大、大好き。
 
 今日は、もっとず〜っとマイナーなアーティストのお話。レイキャヴィークの音楽ショップに足を運び、すごいなぁと思うのは、アーティスト(の卵)のデモ盤が多いこと。ショップがデモを聞いて、「これはオッケー」と思うものは、内容に関わらず一般に売り出します。一般に売り出すといっても、その店に置くだけなので、話しは簡単です。
 音楽的な内容が問われるだけでなく、そのアーティストの姿勢も大いに問われるところです。自家製音楽をCDRに焼き、ちょちょいとアルバム・ジャケットらしき紙を付けたお手軽なものから、アルバムのパッケージそのものからCDRの盤面までを、すべて手作りし、手書きイラストを一枚ずつ入れるような凝ったものまで。中には、ノイズ系のアーティストが大学の卒業課題として、小さなボックスにスピーカーまで入れた作品を売っているのを見たことがあります。
 素人のデモ盤と侮れない内容もあり、近年のそのいい例がムーギソンでしょう。最初に出したデモ盤の『Lonely Mountain』は文字通り寂しげに山があるだけのジャケットで、アルバムが評判になるにつれてジャケットのイラストが増え、世界的に発売される頃には、山の上や周囲にいろいろなものが出てきて、現在のような感じになっていきました。
 

c0003620_1302772.jpg 今、私が注目しているデモ・アーティストは、7oi。現在ICELANDiaのショップに彼の3枚目のアルバムを置いていますが、パッケージから盤面まで、アルバム全体が全部手作り!こうして見ると、盤面のイラストもぜ〜んぶ違う!音楽の内容はといえば、シガーロスのバックで活躍するアミナのような音楽あり、ものすごく手数の多い打ち込みあり、子供の声ありと、バラエティ豊かでそれで聴き応えもたっぷり。聞き流そうと思えばそれで済むし、聞き込めばすごく細かく楽しめるアルバムで、シガー・ロスやムーム的な音楽が好きであれば、曲数もメチャクチャ多いし、必ず気に入る要素があります。そんなアルバムがデモとしてさり気なく出てくるレイキャヴィークに、本当に脱帽!
 
 ちなみに、7oiの1枚目はアートワークが木製で、2枚目はウェーブのかかった段ボールみたいな、そんな素材を使っていました。アートワークに惹かれて買ってみたら、音楽の内容が意外にというか、すごくよかったので、注目し続けています。ハンドメイドのぬくもり感のあるアートワークも格別に愛着が湧き、自分ひとりで楽しんでいたいような、みなさんにも広く知ってもらいたいような・・・。このようなアルバムが出てくる背景には、レイキャヴィーク市内の音楽ショップの理解と協力が大いにあるので、私もその精神を受け継ぎ、ICELANDiaでも自主制作盤を扱い、売れる売れないにかかわらず、幅広いジャンルの音楽を置くようにしています。
 
c0003620_131246.jpg 「長い冬をすごす励みになれば」ということでショップ側が置き始めたデモが、評判に評判を呼び、そこから国際的に注目される音楽が出てくる。ムームも、シガーロスも、結局はそういうアーティストにすぎなかったので、ホント、侮れません。
 
 7oiのアルバムは見ての通り盤面は手書き、パッケージ本体も手作りなので量産はしていません。オーダーしても入ってきたりこなかったり。今回は10枚ほど入ってきました。7oiでレイキャヴィークの雰囲気を感じてみませんか?オーダーしたい方はこちらからどうぞ。盤面の絵は選べませんので悪しからず。(小倉悠加)

  アイスランドの音楽SHOPへ行ってみよう。↓バナーをクリック!
c0003620_13213440.gif
c0003620_0434512.jpg
by icelandia | 2006-04-24 13:03 | Pops | Comments(1)
どこまで奥深いの?アイスランドのアーティスト
 プライヴェートのお裾分け。今週の月曜日に、とっても素敵な女性と会いました。ちょっとフカフカっとした体型で、色白で、目がパチンとしていて、肌がツヤツヤしていて、あ〜〜本当にうらやましい!私が男性だったら絶対に口説きまくったと思うくらい素敵だったのが、アイスランド人のグッラ。
c0003620_2240361.jpg 彼女はベネトンが主催しているファブリカの音楽アーティストでもあり、『Survival Machine』というエクスペリメンタルな音楽アルバムを発表している。彼女のことを以前から知っていたわけではなく、彼女の方から私を見つけて連絡をくれました。
 日本人でアイスランドの音楽を広めようと、アイスランドのアーティストをサポートしている女性(=私)に興味を持ったらしく、「いったい何でアイスランドなの?」「きっかけは?」「どこがそんなに面白いの?」「実際どういう活動をしているの?」等々、かなり突っ込まれて聞かれて、答えに困ることはなかったけれど、私ってそんなにやっぱり物珍しいことやってるかなぁ?と自問自答。
 
彼女はヴォーカリストで、文字通り声楽家ということ。幼い頃は少しクラシックの歌唱をかじったけれど、ほとんど後は独学で、声楽家といっても歌うだけではなくて、声帯模写もやる。アイスランドではラジオで鳥の声を真似して一躍国民の間に知れ渡る存在となり、アイスランド国内ではこれ以上学ぶこともないし・・・・という時に、海外に出て、ちょっとした紆余曲折の結果、ベネトンが主催するファブリカという芸術プロジェクトに参加することになったという。
 
c0003620_2240099.jpg 彼女からもらった『Survival Machine』を聞くと、あの可愛らしい顔からはかなり想像できないような野太い声やら、奇想天外な動物っぽい声まであり、またまたアイスランド人の才能の豊かさと奥深さを見せられた感じがしています。ICELANDiaでも彼女のアルバムを扱うことを考えましたが、イタリアを経由しないと入手できないようで、彼女自身も「音源の権利を手放しているから、私もよくわからない」とあまり積極的ではないので、ブログの話題に留めることにしました。
 
 『Survival Machine』のジャケの彼女は、どことなくインディアン風ですが、実際の彼女はどこから見てもピカピカの北欧女性。連絡先を書いて貰っている時に、パチパチっと撮ったスナップをお裾分け。
 
  今日は、ちょと日記風のブログでした。そうそう、4月21日に遂に日本でアパラット・オルガン・カルテットが発売になりました。リーダー格のヨハン・ヨハンソンのソロも。ICELANDiaのショップでは、それらの日本盤も扱うことになったので、ぜひ覗いて見てくださいね。輸入盤よりもグっとお安くお手頃で、音楽の中身は変わりません。日本盤はリマスターされているのかな。ヨハン関連の話はまた後ほど。(小倉悠加)

  アイスランドの音楽SHOPへ行ってみよう。↓バナーをクリック!
c0003620_13213440.gif
c0003620_0434512.jpg
by icelandia | 2006-04-21 22:42 | Comments(1)
ブロードバンド普及率世界第一位のアイスランド
 そろそろ「アイスランド世界第一位!」っていうのを騒ぐのはやめようかと思っているんだけど、4月12日に経済協力開発機構(OECD)が発表した統計によれば、2005年インターネットに常時接続できるブロードバンドの加入率はアイスランドが26.7%で世界一だそうです。日本は日本は17.6%で11位。アメリカが日本に次ぐ12位で、こういうのは物理的な線を張り巡らさなければならないので、国土が狭い方が上位につく可能性が高い気がするんだけど、どーなんでしょーか。

 アイスランド市内のカフェでは、ワイヤレスでネットにつなげるところが何カ所かあり、ラップトップさえ持って行けば、ホテルのビジネスセンターを高いお金で借りなくて済むので非常に助かります。ブロードバンド普及の恩恵なのでしょうね。カフェやレストランでは、そういうサービスはほとんど無料で、物価の高いアイスランドにおいて、唯一すごくいつも助かるなぁと思うのが、ワイヤレスのインターネット接続です。
 
 話しは変わり、現在家の中を大整理中です。なにせ自宅兼事務所代わりなので、普通の家庭よりもやたら荷物が多い!ゴミ溜めではなく何とかマトモに暮らせるようにしたいと躍起になってますが、広いところに引っ越すという以外でな〜んか良い方法はないものでしょうか?・・・ってきっと、首都圏に住む誰もが抱えている問題でしょうね。あ〜〜、アイスランドみたいにスカっとしたところへ行きたいよぉ!!
 
 ショップにヨハン・ヨハンソン入荷!   (小倉悠加)

  アイスランドの音楽SHOPへ行ってみよう。↓バナーをクリック!
c0003620_13213440.gif
c0003620_0434512.jpg
by icelandia | 2006-04-18 23:48 | News | Comments(0)
最近のアイスランド:軽めの経済ニュースとアイドル
 日本国内のアイスランド関連の動きを追っているうちに、すっかり本国の動きをお伝えするに至っていませんでした。なので今回は細切れですが、まとめてアイスランド国内関連のことを。
 
 日々いろいろとある中、やはり大きいのは経済関係のニュースで、年始にバブルがはじけてISK(アイスランド・クローナ)が格下げになり、生活のあちこちに早くもその影響が出てきたようです。例えば、3月にアイスランドが諸外国から購入した輸入高は330億iskで、日本円にすれば約6百億円。2月の輸入高は220億iskだったので、なんと支払額にして35%もアップ!もちろんこの数字は、格下げ後のISKの値下がりよりも大きいため、国内消費は未だ順調であるということなのでしょう。
 これがどういうことかといえば、旅行者にとっては去年の暮れよりも少しだけ、アイスランド国内の旅行費用がかからなくなったということです。が、輸入品の価格が上がっているため、実質的には輸入品の高騰とISK安でメリット相殺でしょう。
 
 バブル崩壊とはいえ、まだドコゾの国よりもマシと思えるのは、政府が国民に対して「(国家が裕福である)この状況を尋常であると思うな」という注意を促していること。余剰資金を第三セクターの大型プロジェクトや予算消化の無駄な工事なぞに使わず、苦しい財政の年や年金等に充てるということで、その点はさすが政治透明度世界一のお国柄。寒い冬を知っているため、キリギリスには決してならないということでしょう。
 
 ニューリッチと言われる層は確実に増えているようで、単にマネーゲームでもしていてくれればまだいいものの、次第に深刻化しつつあるのが、そのような人物が次々とアイスランドの牧場を買収していくこと。もちろん買い主が牧場に住み着き酪農を営むことはありません。なので、今後、牧場の買い主は必ずそこを定住地とすることを定めることになるだろうと言われています。牧場の価格も鰻登りだそうで、なんだか、地上げを思い起こさせます。
 
 それでもって、ISKが格下げになった後も、外貨獲得を呼び込むための努力は惜しまず、なんと3月31日には利率が11.5%に!!ゼロ金利を発表した国とは正反対で、なんと利率が11.5%だなんて!!銀行口座を開設しようしようと思いつつ、もう一年以上も手続きをしていない私。だって、日本在住の日本人の氷国内銀行口座開設は簡単じゃないんだもん(当たり前!)。でも早くやっておくべきかしら・・・。
 
c0003620_22551791.jpg ーーーそういった経済ニュースだけだと面白くないので、ここで一つ面白いネタを。シルヴィア・ノットというのは、アイスランドで今現在最も人気のあるアイドル歌手。ド派手で奇妙な衣装や化粧が特徴で、音楽を重視するアーティストというよりも、キャラ勝負のアイドル。彼女がなんと日本にやってきて、新宿で日本人に突撃インタビューを行った模様。ここで映像を見ることができます。http://www.kvikmynd.is/indexdetail.asp?id=2108なんだか、笑っちゃう。
 シルヴィアは2006年のユーロヴィジョン・コンテストに出演予定で、コンテスト出場をかけた最終決定では得票数を二位の倍以上も獲得し、ぶっちぎりの一位。彼女を見ていると、かつてのシンディ・ローパーを思い出す。時によってはジャネット・ジャクソンだったりするけど。
 彼女のビデオ(たぶんユーロヴィジョンの国内決戦の模様だと思われる)はここにもあるので、興味あればどうぞ。(小倉悠加)

  アイスランドの音楽SHOPへ行ってみよう。↓バナーをクリック!
c0003620_13213440.gif
c0003620_0434512.jpg
by icelandia | 2006-04-12 22:56 | アイスランドってどんな国? | Comments(0)
『日国X氷国』大好評:予約はお早めに!!
 ご紹介をサボっていたわけではなく、主催者が公表した翌日にICELANDiaのブログに掲載したのですが、な〜んと昨日ご紹介したばかりの『日本X氷国』のイベントは、主催者発表後2日間でビュッフェ付のBチケット完売。ドリンクのみのAチケットはまだ余裕があるものの、Bチケット売り切れに伴い予約が増えているため、この調子だと当日は入場制限か?という勢いだそうです。

 ICELANDiaで扱う音楽を、かなり破格で即売する予定なのと、アイスランドを知るチャンスなので(東京にいるアイスランド人留学生も来ます!)、ひとりでも多くのみなさんに来ていただきたいのため、ご興味がある方はぜひ予約はお早めに!
 
日本・アイスランド国交樹立50周年記念
『日本×氷国』
〜五感で感じるアイスランド〜


主催者ブログ:
http://hlemmur.exblog.jp/m2006-03-01/#1462109

以下、ブログにはありませんが、主催者側の発表をコピペします。

      **********

<<<Bチケットのキャンセル。およびキャンセル待ちについて>>>

【予約者の方へ】
キャンセルのご連絡は4月30日までにお願い致します。
それ以降は通常料金が発生いたしますので、ご了承ください。

【Bチケットご希望の方へ】
Bチケットのキャンセル待ちをご希望の方(先着30名様)は、下記のフォーマットに必要事項を明記の上、hlemmur@excite.co.jp(担当:中野)へご連絡ください。ご連絡頂いた方には『キャンセル待ち整理番号』を返信メールにてお送りします。(整理番号を発行している前にもキャンセルをお待ちのお客様が数名おられます事をご了承ください。)

キャンセル待ちフォーマット
【Bチケットキャンセル待ち希望】
お名前:
チケット枚数:
電話番号:

<<<Bチケットキャンセル待ち希望の方へ>>>

キャンセル待ちをご希望の方には、Aチケットのご予約をオススメしています!というのも、Aチケットのご予約はキャンセル待ちとは別に行っているため、もしもこちらが定員に達してしまった場合は、イベント自体にご参加いただけなくなる可能性があるからです。

アイスランドの音楽や文化に興味をお持ちの方でしたら、一部の方でも十分に楽しんで頂けると思いますので、よろしければ改めてご予約のメールを下さい。よろしくお願い致します。

      **********
      
 この企画、3月初旬には会場側から「学生主催で本当に人が集まり採算が取れるのか?」というような懸念もあり、ちょ〜っとばかり内心汗した時期もありましたが、フタを開ければチケットの売れ行き良すぎ!同企画を各地へ持ってきてほしいという希望も既に寄せられ(>ブログのコメント有り難う御座います!)、超うれしい悲鳴状態です。 
  ICELANDiaをお読みのみなさまにもお目にかかりたいので、興味ある方は早めに主催者側にメールを入れてくださいね!(小倉悠加)

  アイスランドの音楽SHOPへ行ってみよう。↓バナーをクリック!
c0003620_13213440.gif
c0003620_0434512.jpg
by icelandia | 2006-04-10 08:54 | News | Comments(1)
若者による若者のためのアイスランド・イベント in Tokyo!!
c0003620_0583697.jpg
 いやはや、ご無沙汰しました。10日間もブログの更新をサボッたとは・・・。全力疾走していたら、大きく転んでケガをして(あくまでも比喩です)、何となくダラ〜っとしていた時期もあれば、必用に迫られて走り出し息切れしながら本日に至っております。
 
 なのでシガーロスも行きましたよぉ!アミナを単独で見たのは初めてですが、やっぱり彼女たちの演奏なしにシガーロスはあり得ないって感じでしたね。その存在の重要さを改めて感じさせてくれました。
 シガーロスは益々パワーアップした感じで、全世界に君臨できるバンドなのに、ステージ上の若者はスターという風情ではなく、私から見ると誰もが「レイキャヴィークによくいる若者」で、その姿勢が音楽にありありと現れていて、ビョークに続いて唯一無二のものを強く感じました。ただ、ずっと立っているのは辛い。実は私、元々体調がそれほど良くなかったこともあり、途中で気分が悪くなって会場を抜けてしまいました。だから、メンバーにも会えなくて残念。
 
 ということを書くために今日はブログを書いているのではありません。本日は素敵なお知らせです。というのも、今年1月にご紹介したすごーく熱い青春アイスランド訪問ブログの筆者やその仲間が集まり、5月にアイスランドの熱いイベントを行うからです。題して
   『日本×氷国』
 で、煩いオバサンになれば、『氷国 in 日本』の方が正しいのではと思ったりしますが、まぁそんな固いことは抜きにして(でも書いてる!)、これがとても楽しそう!だって、大学生が主催しているというのがまず楽しそうだし、かなりウルサイ大人も彼らの考えに共感するほど内容も充実。アイスランド好きなら集まろう!アイスランドに興味があれば話そう!という手弁当のイベントなので、その内容でそんな料金でやっていいの?というくらい、実は中身がゴージャスです(と、私は思います)。だって、日本アイスランド協会みたいに、アイスランドの食材をちゃんと使うし、全部アイスランドの音楽でDJするし、アイスランド映像もあるし、なんたって盛りだくさん!
 
 以下は主催者がアップしているものをそのままコピーします。
 
          *********
c0003620_044167.jpgc0003620_0443124.jpg
 













日本・アイスランド国交樹立50周年記念
『日本×氷国』
〜五感で感じるアイスランド〜


◆日時◆
5月2日(祝前日)
@渋谷UPLINK (http://www.uplink.co.jp/)
 【感じる氷国】①18:00〜21:00
 【食べる氷国】②21:00〜22:30

◆会費◆
Aチケット: ①のみの参加  1500円/1drink
Bチケット: ①+②に参加  2500円/1drink(アイスランド料理付)
※Bチケットは食材準備の関係上、先着予約70名様限定とさせて頂きます。参加ご希望の方は、メール予約をお勧めします。

◆ご予約方法◆
hlemmur@excite.co.jp
(担当:中野)
以下のフォーマットに必要事項を記入の上、ご連絡ください。

「予約用フォーマット」
   チケットの種類:AまたはB
   お名前:
   参加人数:
   電話番号:

<<<<4月9日現在のご予約状況>>>>
Aチケット 余裕あり
Bチケット 残り15名ほど


◆詳細◆
第一部 【感じる氷国】①18:00〜21:00
アイスランド音楽によるDJ。
日本では入手しにくい現地直輸入の音源を販売します。
(Mum/Sigur rosの貴重盤等、レア音源が多数あります!)
現地を体感できる映像や特産物の数々、そして観光情報までをお伝えします。
※アイスランド風軽食の限定販売!

DJ profile
▼ISCrEAM (ICELANDia/Ching-Chiro records)

electronicaを軸としたちんちろトロニカを操り、幻想的な空間を創り出す青魔道師。現在、妖精を召喚する魔法をラーニング中。アイスランド音楽に特化したレーベル【ICELANDia】の窓口として現地の音楽を紹介する活動を続けている。
<ICELANDia>http://icelandia.shop-pro.jp

第二部【食べる氷国】②21:00〜22:30
現地独特の食材を使用したアイスランド料理を楽しめます。
ビュッフェ形式のパーティーで新たな交流を!

<後援>
アイスランド大使館
日本アイスランド協会

<協賛>
株式会社シンポフーズ
アイスランディックジャパン株式会社

<協力>
アリヨス・エンタテインメント
http://alljos.com

         *********

追加情報としては、数は多くありませんが、アイスランドからの小物やシガーロス、ムームといったところのレア音源のアルバムを即売します。アルバムにもよりますが、ネットショップよりも割り引いてご提供する予定なので、買いたいけどどうしようと思っているアルバムがあれば是非この機会をご利用ください。それから、全部のアルバムを持っていくわけではないので、事前にお知らせいただければ必ず用意して行きます。

ということで、みなさんぜひ入らしてくださいね!お会いできるのを楽しみにしています!!(小倉悠加)c0003620_13213440.gif
c0003620_0434512.jpg
by icelandia | 2006-04-09 00:55 | News | Comments(2)
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム