execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ:カーペンターズ( 4 )
次回はアイスランドを語るオフ会かな?! 久々のカーペンターズ
 突然のアナウンスにも関わらず、昨日 ICELANDiaの話をAMS+まで聞きに来てくださったみなさま、本当に有り難う御座いました!
 正直なところ、かなり準備不足で現場処理でしたが、それでもあれやこれやで楽しんでいただいたようで本当によかったです。「アイスランドの話がしたくて仕方なかった!」という方が大半で、みなさんがすぐに意気投合していらしたのが印象的です。というか、私のツアーにご参加くださる方がいつもそうですが、共通の趣味や話題があるため、すぐに意気投合するんですよね〜。
c0003620_22111764.jpg

 きっと「アイスランドの話がしたいけど、職場や学校では誰もわかってくれない」という孤独なアイスランド・ラバーさんが他にもいらっしゃるかと思います。なので今度は、そんな人が集まれるようなオフ会でもやりますか?!
 
AMS+では、定番としてこれからアイスランド『Brennivinn/黒死』を出していきますので、アイスランドの地酒を味わいたい方は、ぜひ立ち寄ってみてください。
 左の写真は、ボリュームたっぷりのアイスランド料理プレート。もちろんアイスランド産のラム肉やタラなど、アイスランド満載です!
***

 さて、今日は、アイスランドから離れてカーペンターズの話にお付き合いください。

 現在でこそ私はアイスランド関係で仕事をしていますが、その前は「カーペンターズ研究家」という肩書きをいただいていました。なぜかといえば、カーペンターズの解説を全部書いていたことと、なにせ凝り性で、凝り性を結実したようなマニアックな出版物を作ったから。
 好きなグループにオフィシャルな形で関わることはとても楽しいのですが、カレン・カーペンターという名シンガーが故人となり20年も経つと、正直なところ書きたいことも、やりたいことも尽き、アイスランドに関わり始めてからカーペンターズに関しては引退状態でした。ーーそれでも時々、引っ張り出されたことはありましたが。
 
 いえ、引っ張り出してもらえるのはとてもうれしいことです。有り難いことです。

 今年4月にカーペンターズはレコード契約40周年を迎え、それでリチャード・カーペンターが先日来日していました。横目でチラリと見ながら、そしてまぁ、裏方として協力できることはして、表だっては動きませんでしたが、ここにきてお声をかけてくださった方がいて、ちょっと復活(精神的に)。

c0003620_2266100.jpg それで、最新のコンピレーション『40/40』を聴いたら・・・・これがものすごくイイ! 第一に選曲がすごく良く、さすがファン投票だけあり、やはりファンはツボを心得ていると感心。第二に、音が新鮮!アレンジをオリジナルからガラリと変えることは賛否両論ではあるけれど、音自体を古くさくしないためにもバックのリレコはある程度必用な作業だと解釈すればいいし、細かな作業はリチャードの楽しみでもあるんだろうし。(オリジナル・アルバムのアレンジはいじらない約束なので、オリジナルになってます)
 
 とても素晴らしいコンピレーションです。カーペンターズのコンピは・・・腐るほどあり、ここ数年出たヤツは私自身聴いてなかったらしく、よく見たらシールドされたまま棚にあった・・・(反省します)。そのせいもあり、リチャードがこれだけバックの演奏をいじっていたことを知らず、ま、その分、すごく新鮮に響いているのかもしれません。が、そんな私の個人事情を差し引いても、音がものすごくいい。たぶんミックスは変えてないんだろうけれど、何だかもう全部リレコしちゃったような印象さえ受けます。

 そんなのはマニアックな部分なので、普通は気づかないで通ることでしょう。でも、長年のファンというのは、とにかく長年聞き続けていて、新譜も望めないので、そういったトリビアルなことに面白みを見いだすしかなくなっているという事情もあります。
 なのでカーペンターズは案外一筋縄ではなく、マニアックに細かく追っていないとすぐに分からなくなってしまうグループで、私もしっかり浦島太郎になっていました。

 理由はともあれ、カーペンターズは好きだけど、少しの間カーペンターズを聴いていない方、ぜひ今回の『40/40』をお聴きください。もちろんカーペンターズはあまり知らないという若い音楽ファンにもお勧めです。(小倉悠加 / Yuka Ogura)

 注目!6月末のわがままスペシャル・アイスランド・ツアー説明会は5月16日(土)です。c0003620_22285641.gif






           5周年記念セール開催中!↓
 
by icelandia | 2009-04-30 22:14 | カーペンターズ | Comments(0)
10月17日NHK・BS リチャード・カーペンター生出演
 これを書くべきか少し迷いましたが、コメント欄に書かれた方もいらっしゃいますし、個人メッセージもいただいているので、番外ということで。

 10月17日のNHK・BS2特番にカーペンターズのリチャード・カーペンターが出演します。視聴者リクエストによるギター演奏があり、解説者としての出演依頼を受けましたが、お断りするというより、物理的に不可能です。生放送ですから。
 私はアイスランドにいるため残念ながら今回はリチャードにもご家族にも会えそうにありませんが、久々の日本なので楽しんで欲しいと思っています。

 それから、目玉としてリチャードの三女ミンディが共演するということです。ミンディはコミカルなキャラの持ち主で(少なくとも子供の頃は)、リチャード自身も一番カレンに似ていると言っていた娘さんです。ミンディ・カレン・カーペンターという名前にも、それが現れているのかもしれませんね。きっと素敵な声をしているでしょうし、とても期待が持てますが、過剰な期待は禁物ですね。

 リチャードの夢は娘をプロデュースすることなので、それが現実に近づいてきたのでしょうか。もっとも、リチャードと娘や息子の共演は、かなり前から時々行っていて、特にカリフォルニア州立大学ロングビーチ校に建てられたリチャード&カレン・カーペンター・パフォーミング・アーツ・センターという劇場でチャリティを行った際には、私自身も次女や長男との共演を見ています。その中でも今回のミンディが一番本格派っぽいので、4女1男の中で最も有望なのかもしれません。

 私は残念ながら日本にいないので出演ができないどころか、リアルタイムで見ることができませんが、カーペンターズ・ファンのみなさんも、そうでない方々も、ぜひご覧ください。リチャードと娘の共演はきっと楽しいと思います。
***

 アイスランドがなぜいきなりカーペンターズ?と思うかもしれませんが、日本で発売されたカーペンターズのCDをお持ちの方は解説をご覧ください。例外は1-2枚ありますが、ほとんど全ての解説を書いているのが私です。
 カーペンターズはカレン・カーペンターが亡くなってからもずっと追い続けていました。しかし彼女の死後20年間も経ってくると、解説で書くべきことは尽き、あとは憶測や重箱の隅を突くようなことしかできなくなり、そろそろ他の事に気を向けたいと思っていた時に現れたのがアイスランドでした。
 アイスランドのことはカレンの死後のカーペンターズを追った20年間とは真逆で、全部が現在進行形で、全員が生きてクリエイティブな活動に従事し、レコード会社やマネージャーを通さず直接アーティストと連帯感を感じながら物事を進めることは、文字通り「生」を感じさせるものです。
 正直、カーペンターズに関しては全部やり尽くしたと感じています。それでも、もう一回だけ何か、ファンが楽しめるイベント的なことをやりたいとは常々思っていますが・・・。ただこれも、巨大レコード会社に属するアーティストなので、アイスランドのように気軽にそれが出来ないんですよね・・・。
 次回からまたアイスランドに戻ります。 (小倉悠加)c0003620_13213440.gif
by icelandia | 2008-10-05 15:45 | カーペンターズ | Comments(6)
カーペンターズで英語を覚えた私は『英語耳』の証人?
 今日はアイスランドの話ではありません。
 
 最近ネットサーフをしていて目に付いたのが、『英語耳/発音ができるとリスニングができる』という本のこと(売れてるみたいですねぇ)。何でもカレン・カーペンターの発音を「ボーカルのカレン・カーペンターは、英語の発音学習者にとってバイブル的な存在だと私は思います。彼女の発音をそっくり真似することができれば、それだけで一気にあなたの発音が英語らしくなります」と絶賛しているそう。
 
 著者は自らのサイトでも「 カレン・カーペンターは100年に一度、現れるかどうかと言うぐらいに、日本人にとっては、発音の バイブルにすべき美しく、なおかつきっちりとした発音だと私は信じています。」とも。(引用に問題あればお知らせください>関係者様)
  
 もしかして、私はその生き証人かもしれないなぁと思うところがあります。私は英語を話すと日本人から必ず「すごく発音がキレイですね」と言われます。日系の移民が多いハワイやカリフォルニアの店で買い物をすると、どうも現地在住だと思われるらしく、「店のカードをお作りすればお買い物が割り引きになりますよ」としばしば勧められます。国外からの観光客だから無用であると分かると、驚く(感心する?)人が多いこと。(少し長くしゃべると日本語訛り入ってるのがわかるし、アメリカ英語よりもイギリス英語に憧れるのですが・・・)。
 
 私の発音がきれいであるとしたら、それはきっとカレン・カーペンターに負うのでしょう。カーペンターズにはまったのは中学2年頃で、それ以来、聴き続け、歌い続け、解説を書き、対訳もし、リチャード・カーペンターとも何度となく会い・・・・。英語がしゃべれるようになりたかたったのは、カーペンターズに会って話したいという一心でしたから、目標は達成しました。ただ、私が音楽業界に足を入れる前にカレンは他界していましたが。

 カーペンターズのヒット曲をどのくらい聞き込んだかと言えば、一曲あたり数百回でしょうか。すべてを累計するとすさまじい回数ではないでしょうか。シャワーシンガーに過ぎませんが、歌うことは嫌いではないので、カーペンターズの曲は多くをソラで歌えます。近年は随分と私も年を取り、記憶も定かでなくなってきていますが、それでも歌詞をよく知っているので、言葉の発音に気をつけて歌ってみたり、歌う時に舌の位置を意識ししてみたり、歌詞の意味をかみしめたりと、いろいろな側面からカーペンターズの歌を聴いたり歌ったりしてきました。そしてアメリカ人から言われることは、普通に話している時も発音も悪くないけれど、歌っている時の発音はほぼ完璧なのだそうです。
 
 なぜカレン・カーペンターなのか、というところで、面白いブログを見つけました。題して『カーペンターズは音痴?』。少し長めの文章ですが、へ〜〜、という感じ。何千回もカレンの歌を聴いている私には、当たり前の歌声なので違いがよくわからないのかもしれませんが、とにかく面白い見解だと思いました。それから、私自身はバーブラ・ストライサンドも、聴きやすく発音がきれいだと思うのですが、どうでしょうか・・・・。
 
 また、発音だけでなく、文法の点でも、カーペンターズの歌詞は役に立ちます。歌詞なので、話し言葉とは若干異なりますが、それでも何曲か丸ごと覚えれば、応用のきくフレーズはいくらでもあり、ここかしこに使えます。もっともそんな使い方が出来るようになるには、初級英会話は脱していないと無理ですが。
 
 カーペンターズを聴いて歌うだけで英語を覚えた訳ではないとはいえ、若い頃に一番英語に接した相手はカーペンターズの歌でした。カレン・カーペンターの歌を聴いて英語を覚えると発音がうまくなる、というのは、あながちウソではなさそうです。それから、私は学生時代、英語の試験はリスニングでほぼ満点まで点数を稼ぎ、文法ができないのをカバーしていましたから、リスニングが出来るようになるというのも、本当だと思います。
 
 話しは少し逸れますが、英語をよく聞き取れるということは、イコール、発音に対して辛口になります。子供を英語教室に通わせようと思って児童英語の教室巡りをした際、まー、まともにABCも発音できない日本人の教師が多かったこと(悲)。そんなこんなをまとめて自分のサイトに掲載した当時は、みなさんから「辛口コメント」と言われましたが、辛口にしたくて辛口になったのではなく、現状があまりにもお粗末なので、率直な感想を書いただけでした。
 
 下手な教師につくよりも、やはりカレン・カーペンターの方がずーっと役に立つかもしれません。子供であれば、楽しいビデオを見るだけでも”耳”が違ってきます。英語を勉強中のみなさん、カーペンターズで英語を覚えよう!というのをやってみてはいかがでしょうか。
c0003620_22133796.jpg 輸入盤は安くていいのですが、歌詞がない場合が多いため、歌詞・対訳ともについている日本盤の購入をお勧めします。一番いいのは、3百万枚以上を売り上げる大ヒットとなっている『青春の輝き〜ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズ』で、一家に一枚あって間違いのないベスト盤です。
 
c0003620_22144473.jpg それから我がICELANDiaのバングギャングのバルディもカレン・カーペンターの大ファンだそうで、彼も話している時よりも歌っている時の英語の方が訛ってない!音楽的にもバングギャングはカーペンターズ・ファンに聴いて頂きたいグループで、バルディはリチャード同様に完璧主義で職人気質です。(小倉悠加)c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
by icelandia | 2005-09-28 22:22 | カーペンターズ | Comments(21)
カーペンターズ研究家がなぜ?
 いつもICELANDiaブログを読んでいただき、有り難う御座います。
 
 表題の「カーペンターズ研究家が〜」というのは私自身のことです。なぜ私がカーペンターズ研究家という肩書きをいただいたのかという理由はよく分からず、苦し紛れだったことでしょう。音楽評論家でもないし(人が心をこめて作ったものに対して”批評”なんて出来ない・・・という気持ちの持ち主なのでダメなんです)、なぜかカーペンターズのアルバム解説だけは私が担当しているため、カーペンターズのムックを監修した際に、出版社からいただいたのがそのような肩書きでした。
 
 カーペンターズはもちろん大好きで、この音楽業界に足を踏み入れたのも、ひたすら彼らに直接会いたい!という他愛のないミーハー精神からでした。十代の頃には「夢だけじゃ生活できないよ」と(両親を除く)周囲から嘲笑を買いつつ、それでもひたすら「大好き!」という気持ちが抜けなかったせいか、気が付けばカーペンターズのアルバムの解説を全部書き、ファンの親玉のようになっていました。現在では数タイトル私の解説ではないものもありますが、リード・ヴォーカルをとっていたカレン・カーペンターが亡くなってから20年以上が過ぎた今、同じ人物が書く解説は結局同じことのくり返しになるため、ファンのためには新しい人物が新たな息吹を吹き込んで解説を書いてくださればとも思っています。

 そーんな私がなぜ突如としてアイスランドなのか?うーん、元来、浮き草のような性格なので、その時々の思いに流される傾向はありますが、なにせ20年以上も前に消滅したグループをとことん追うようなヤツなので、そう簡単に何かになびくということでもありません。
 
 あるきっかけからアイスランドに関わるようになり、アイスランドという国を知れば知るほど、日本との類似点もあり、また中途半端じゃなくて日本と極端に正反対なところもあり、最初はそれが面白くて仕方ありませんでした。
 
 正反対ということでは、カーペンターズと対極を成すのがアイスランドの音楽でもあります。音楽性ではなく状況的なことですが。
 カレン・カーペンターが亡くなったのは私が学生時代で、現在のようなインターネットは全く無く、ましてカレンと直接会って話したこともなく、墓参りがようやく実現したのも90年代半ばのことでした。カーペンターズ音楽の要であった兄貴のリチャードとは家族ぐるみで会った時期もあり、ファンとしてはこの上なく幸せな境遇ではありましたが、カレンのことに関してリチャードの口は固く、彼とて同じことを語り尽くしているので、一度全部話をぶつけてしまうと、それ以上には進めません。
 これがビートルズやエルビスであればまだ、り下げようもあり、いろいろな角度からの考察もできますが、カーペンターズはあまりにも素直で、それでいて掘れば掘るほど壁が多く・・・結局は、ただひたすら彼らの音楽を愛し続けることだけで、それはまるで完全に失恋したのにその恋人をいつまでも思い続けるような切なさばかりで、「生きた」何かに関わりたいと激しく思っていた時に、ちょうどアイスランドと出会ったような感じがします。
 
 20年以上も死の影を追い続けていたような者にとって、アイスランドは生そのもので、それまで音楽業界で体験してきた常識が覆されるほど、"ナマ"そのものなのです。インターネット時代の今は音楽業界自体の構造が変化してきたとはいえ、それでも大きなレコード会社だと、洋楽の場合は来日でもしない限り直接アーティストと接触することはまずありません。それどころか、直接アーティストに連絡を取るのはタブーで、まず相手のレコード会社、次にマネージャー、それからアーティストという手順を踏まないとダメな場合が多いのです(カーペンターズも同じことです)。
 
 アイスランドで活動をして最初に驚いたのがそのことでした。メジャー・レーベルでの仕事経験しかなかったため、ルールを犯さないようにと「担当者は?レーベルは?マネージャーは?」をアイスランドで連発してぶつかったのが、「それ、いったい何のこと?」というキョトンとしたリアクションでした。間もなく分かったのは、アイドルを除くアーティストは独立して活動していることが多く、レコード会社に所属していること自体が稀で、何よりもまず最初にアーティストに話をして、もしもレコード会社等に連絡する必要があればそうする、ということでした(それでもビョークだけは例外で、ビョークは大統領よりも会うのが難しい人物とされています・・・もっともレイキャヴィークであれば街中で見かけたりしますが)。
 
 死の影を追いかけてン十年の私にとって、それはとても新鮮な体験であり、文字通り生き返ったような感覚が今でもします。生きた人間を扱うのはそれなりに苦労も多いのですが、やりがいも大きく感じています。人口30万人弱の孤島という地理が災いして、実力は国際レベルなのに埋もれているミュージシャンがいかに多いことか。私がやっていることが、ビジネスとして本当に成り立つのかは、正直なところよく分かりません。それよりも、現在の私が一番うれしいのは、生きた人々と現在進行形でいろいろなプロジェクトを行えることです。カーペンターズは日本では不動の大スターで、巨大レコード会社が取り扱い、誰が何をやってもやらなくても、ある程度は確実に売れていくグループです。私が現在扱っているのは、とにかく無名で、レコード会社といっても私自身が存在するだけなので、超マイナーな存在。私が動けばもしかしたら少しでも現地のミュージシャン、ひいてはアート・コミュニティの助けになるかもしれないし・・・・と思うと、なんだか動かずにいられなくなります。
 
 そんなわけで、ICELANDiaは良くも悪くもほとんど心意気の世界です。十代の頃、「夢だけじゃ生活できない」と言われた私ですが、結局、その夢の親玉のような存在になりました。このアイスランド・プロジェクトもどういった経路で動いていくのか分かりませんが、少なくともアイスランドという孤島に住むミュージシャンにとっては希望の光なので、自己満足のボランティアに終わらず、キチンと彼らの生活基盤の一部を担えるようになるものを日本に築いて、その光を絶やさないよう力を尽くしていきたいと思うのです。
 
 それで、これからはブログ更新の度に以下をアップしますが、ひとりでも多くの方にこのグループの存在を知って頂きたく、また生の演奏にも触れていただきたいので、ご容赦を!
 -------------------------------------------------------------------
 シグルズール・フロサソン・アイスランド・スーパー・ジャズ・カルテット
  with a special vocalist クリスチャーナ 

  
 7月16日(土) テアトロ・スンガリー青山 (地下鉄表参道駅徒歩1分)
  特別ディナーショー:ビュッフェ・ディナー、ワンドリンク付
  17:00開場 18:00開演 前売&当日:8000円
 7月17日(日) テアトロ・スンガリー青山 
  17:00開場 17:30開演 前売り4800円 当日5300円 ワン・ドリンク付
     *16・17日とも、予約順に良いお席を取らせていただきます。

*ご予約・お問い合わせ先:
  テアトロ・スンガリー青山   tel 03-3475-6648
  アリヨス・エンタテイメント email: info@alljos.com 
                 fax 045-900-3239

出演者の詳しいことはこちらをご覧ください。
 
 (小倉悠加)
c0003620_22263649.jpgc0003620_13213440.gif
 
 

 

 
by icelandia | 2005-06-08 22:26 | カーペンターズ | Comments(0)
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
Iceland Airwavesツアー説明会
小倉悠加が参加するツアー説明会、2017年は3月から5月までのみとなる予定です。それ以降は未定です。
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム