execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
福、ゲットした?ツトム・ヤマシタの新作はアイスランド・コラボ!
 ICELANDiaの福袋はお手に取られましたか?音楽アルバム5枚+アイスランド国旗トートバッグ+オマケで7500円!の超スペシャル・パッケージは、本当にお買い得です!ご購入者から「信じられない内容!」と絶賛のメールを数多く頂いています。これをきっかけに、ぜひアイスランドの音楽に親しんでいただきたいので、採算度外視の内容。ぜひご注目ください!ここにあります!
 
    日氷コラボ音楽アルバム『Bergmal/こだま』

 
c0003620_23301442.jpg

       ツトム・ヤマシタ/Ragnhildur Gisladottir

 新年早々、ものすごいプロジェクトを見つけてしまいました!いえ、このプロジェクトを知らなかった訳ではなく、もちろん知ってはいました。が、このような形で出てくるとは思っていなかったため、とても驚くと共に、その内容の素晴らしさに身震いしているところです。
 
 2005年愛知万博アイスランド・ナショナル・デイのフィナーレを飾ったのが、壮大な音楽絵巻の『Echo』で、そのアルバム・ヴァージョンがこの作品です。
 
 アルバム『Bergmal/echo/こだま』は日本が誇る国際的パーカッショニスト、ツトム・ヤマシタ氏(stomu yamash'ta)と、アイスランドを代表する国民的人気の歌手ラグンヒルドゥル・ギスラドッティル(通称ラッガ)のコラボ。音楽をヤマシタ氏とラッガが書き、詩をショーンが担当(ショーンはシュガーキューブスの再結成の時、Luft guitarで出てきたJohnny Triumphです)。そして演奏や歌はプロジェクトの中心人物2人に加えて、愛知万博にも出演したカウルスネス学校少年合唱団、元シュガーキューブスでバングギャングにも参加するシグトリギュール・バルドゥールソン、そしてキッチン・モーターズのイベントに参加したフリスのデヴィッズ・ソール・ヨンソン。それから、ラッガはアイスランド人で知らない人はいない超人気グループ、スツーズメンのメンバーでもあります。
 
 サヌカイト楽器の演奏で始まるこのアルバムは、ヤマシタ氏の演奏、ラッガの朗読や歌、そして少年少女の合唱がバランスよく散りばめられ、壮大なスケールで物語を紡ぎます。
 
 物語は幼い子供達の声と古い日本の石との会話で、幸せな幼少時代やその子の夢や希望が、いかにむごたらしい悪夢に陥っていくかを描写していきます。世界には大人の欲望のもとに売買される子供達がたくさんいることに、もっと目を向けて根絶を、という願いが込められています。
 
 仕様はデジパック。小冊子がついていて、アイスランド語、英語の解説まではまだ分かりますが、 アイスランド語の歌詞に、なんと日本語対訳が!!!!
 
 録音は日本とアイスランドの両方で行い、クレジット関係を見ていても、見事に日本とアイスランドのコラボであることが分かります。うーん、素晴らしい!
 
  それにしてもサヌカイトの音はものすごく柔らかく、暖かく、上品。電子楽器では決してないのに、エレクトロニカ系で使われるような音でもあり、アンビエント・エレクトロニカが好きな人には、たまらない音であることでしょう。愛知万博の時もそう感じましたが、こうして改めて自室で聞いていると、いい感じに気持ちがフワーっと溶けていきます。
 日本とアイスランドのコラボを旨とするICELANDiaは、何かにつけてこのアルバムを押していきます。みなさま、ぜひお聴きください!1月末までは特別価格とします。(小倉悠加)c0003620_13213440.gif




  アイスランドの音楽が200種類以上!↓バナーをクリック!
c0003620_11483981.jpg
 
by icelandia | 2007-01-12 23:40 | Comments(2)
Commented by mune at 2007-01-15 22:42 x
初めましてサヌカイトで楽器を作っていてツトムヤマシタと色々なプロジェクトを展開しているmuneと言います たまたまこのブログを発見しました 今日このCDを坂出に突然来たヤマシタさんから頂き今まさに聴いているところです みんなの出会いから制作途中を知っている者としてすばらしい音楽が出来上がったことに感謝しています これからもよろしく
Commented by icelandia at 2007-01-16 12:06
思いがけない方からコメントをいただき光栄です!私もこのアルバムを受け取って以来、うっとりしながらその音色に聴き入っています。アイスランドとのコラボでもあることから、もっと広く販売できないかと発売元と相談していますので、機会があればぜひご協力ください。こちらこそどうぞよろしくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< シガー・ロスの世界を描くヨンシ... アイスランド音楽賞ノミネート発... >>
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム