execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2016年アイスランド・エアウエイブス(2):仰天の長蛇の列にもめげずツアー続行。元シガーロスのキャルタンに会うラッキーも!
 残席僅か!アイスランド・エアウエイブスやアイスランドの音楽シーンの最新情報をお届けする恒例のスペシャル・イベント!↓
 前回のブログは2週間前だというのに既にアイスランド・エアウエイブスっぽいノリの盛り上がりになっていたKEX会場でのライブレポートでした。そしてここからが本番のアイスランド・エアウエイブス初日!

 前夜にツアー参加者のみなさんが無事レイキャヴィクに到着。フェス中、会場がどこかわからなぁ〜い!というのを避けるため、生活に必用なショップや便利情報などのご紹介も兼ねて、フェス初日の午前中は実際に街を歩いてのご案内です。これはその年によって内容が若干異なり、ラッキーだと立ち寄ったショップからお土産を貰えたり、スペシャルな場所を見学させてくれたりに入れてたりということが過去に何度もありました。
c0003620_01014455.jpg

 こちらは音楽の名店12 Tonarを訪れた時の記念ショット。ツアーのリピーターさんは街歩きに参加していないので、全員じゃないのが少し残念かな。
c0003620_00532318.jpg

 その後はフェスで一番基本であり大切なリストバンドの取得。フェスのセンターの開始前に行き、少しでも早くリストバンドを入手して、時間のロスを少なくしてランチ、オプショナル・ツアーに出たいところ。なのに、なのに、センターのあるハルパに到着すると、既に長蛇の列で、リストバンド交換の最後尾は会場の外まで届く勢い。ギャ〜。
c0003620_01013672.jpg
 正直この列を見た時真っ青になりました。この感じだと1時間は優に待たされそう。そうなるとランチ、とその後に続くオプショナルのツアーが、全部押す。特別にお願いして入れていただいているスタジオ等に連絡を入れ、最悪の場合担当者の帰宅時間になると入れなくなる可能性も。ランチのカフェも席を大量に確保してもらっているので、必ず行くとはいえ1時間以上遅れるのは、カフェ側の営業効率にも関わってくるため・・・etc  

 いやはや、時間配分には気を使って計画を立て、余裕は見ているものの、1時間-1時間半の余裕はあるはずもなく・・・・長蛇の列を見た時には、正直真っ青になりました。頭の中白紙状態。とはいえ、白紙状態のままだと前に進めないので、さてどう対処するのが一番いいのかを超高速で考えます。

 対処といっても待つしかない、と思わないのが私のいいところ(?)。運営のトップ陣営は全員知っているし、自分のパスを取りに来た時にボランティアのお手伝いの人達とも少し顔見知りになってる。ここはその何とか、オバチャンパワーか何かで押せないものかと走ってセンター内へ行ってみたところーー思いがけない光景が!

 具体的に私がどうしたかは言及しませんが、待ち時間10-15分程度で物事が済み、結果的に時間は予定通り。ホ〜〜〜。無神論者の私も、この時ばかりは神がいると思ったりして。そしてやっぱり私といっしょにいる人はラッキー♬

 無事にリストバンドをゲットした後はバスに乗り込みスペシャル・スタジオ・ツアーへ。最初に訪れたのはレイキャヴィク内では歴史のあるスタジオ。数年前、アミーナがリハーサル・スタジオとして使っていた場所で、私はてっきりあそこがメイン・ルームかと思っていたら、その他にもレコーディングできる小ぶりのスタジオが3-4部屋あってびっくり。かつてはビョークやシガーロスがレコーディングに使ったこともあり、今での彼らのエンジニアが部屋を独占していることもあるそうです。私が知っていた以上に、歴史も由緒もあるスタジオだということが分かりました(案内してくださったスタジオ・マネージャーに感謝)。

 あるスタジオではアイスランド・エアウエイブスの音源に関しての最終調整をしていたUlfur Ulfur(ウルヴル・ウルヴル)と出くわしたりして。
c0003620_01024149.jpg

c0003620_01024618.jpg

 そこではHeida ヘイダ(ヘイザ)という女性シンガーソングライターにライブをお願いしていました。あいにくマイクやアンプのセッティングが間に合わず、「大丈夫、地声とギターでも出来るから」ということで、全くのアンプラグドのセット。ヘイダは第二のシュガーキューブスと言われたUnun(ウンウン)というグループのメイン・ヴォーカリストとして活躍し、数年前まではHellvarのヴォーカルを務め、最近はソロで活動しているベテラン・アーティスト。アイスランドの国営ラジオの音楽番組の司会も。今年間もなくソロの新譜がリリースされる予定。出たらぜひ応援したい!
c0003620_01035701.jpg

 彼女の本当の魅力は、ポップで歯切れのいい曲だと私は思うので、最新作はそのから曲調が離れているので、反応はどうかなぁと少し心配していたけれど、みなさんとっても満足してくれたようでよかった。
 
c0003620_01042321.jpg
 そして向かったのが待望のランチ!今まで使っていたシガーロスのプール・スタジオの近所のカフェが数ヶ月前に閉店となり、近所といっても郊外なので食べる場所がガソリンスタンド程度しかなくて困っていたところ、スタジオの近くではなくても、バスがあるからひどくコースから外れない限り大丈夫ということで、ビョークの自宅近くに素敵なカフェが出来ていたことを思い出し、ランチはそこでとることに。

 パンプキン・スープはクリーミーで家庭的な素直な味。大好き!
c0003620_01044609.jpg

 オープンサンドもパン自体がおいしく具もたっぷりで野菜も多く、これまた好きな味。このカフェ、大正解!レイキャヴィクの街中は観光客でいっぱいだし、忙しないので、ここら辺まで遠出してもこのカフェは確かに正解。
c0003620_01045463.jpg
 
おししかったね〜、を連発しながら向かったのは、かつてコミュニティ・プールをシガーロスが改造してスタジオにした通称プール・スタジオ。モスフェルバエルという郊外にあります。
 
 ずっとシガーロスと仕事をしていたビッギが今年も私達を迎えてくれました。というか、このスタジオは現在、ビッギと元シガーロスのキャルタンがオーナー。スタジオにはシガーロスゆかりの楽器も多く、みなさん思い思いにあちこちを見て楽しみます。たまにはビッギと私の写真があってもいいかもね、とというのがこれ。
c0003620_01081557.jpg

 壁に煌々敷く飾られているのは、このスタジオで録音されたシガーロスの初期の名作『Ágætis byrjun』のアートワークの数々。ゴッチ・ベルンホルトの作品で、<font color="#0099FF">ICELAND</font><font color="#009933">i</font><font color=red>a</font> ショップでもまだご販売しています。こそ〜っと値段を聞いたところーー日本のファンは本当に恵まれてる!とだけ言っておきましょうか。
c0003620_01053048.jpg

 そしてもうソロソロお暇しないとという時間になった時、ふとそこに現れたアイスランド人が・・・。うわlマジで?!元シガーロスのキャルタン・スヴェインソンその人でした。なので、御本人に承諾を頂いてキャルタンを囲む記念ショット。
c0003620_01062031.jpg

 みなさん異口同音に、「かっこいい」。確かに。昔からスッキリした体型だったけど、今もそうだし、ダンディな身なりでかっこいい。あれはもう5-6年前になるのか、キャルタンとアミーナのマリアの自宅の隣にミカエル・リンドと芸術家で『Kveikur』のアートワークを担当したシッガが住んでいて、なぜかバーベキューをご馳走になったことがあり(それがこのブログ)たぶん彼に会ったのはそれ以来。

 最後に思いがけずキャルタンに会えて感動しちゃった人続出のスペシャル・スタジオ・ツアー。毎年じスタジオへ行きたくても、諸般の事情でそうはいかず、その度に場所探しやブッキングに四苦八苦するものの、いつも素敵なサプライズやおもてなしをいただき、本当に私のツアーは恵まれていると毎年感じます。関係者のご協力にひたすら感謝。

 という訳で、本番のアイスランド・エアウエイブスはこれからですが、ここまでだけでも写真の数も結構あるので、この後のライブは次回のブログをお楽しみに! (小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif  



         アイスランドからの音楽とグッズ満載ショップ!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページc0003620_2234473.jpg

by ICELANDia | 2017-01-28 00:45 | 現地滞在レポート | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アイスランド・エアウエイブス(... 2016年アイスランド・エアウ... >>
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランド音楽フェス独自ドキュメンタリー上映会&アイスランド・エアウエイブスツアー説明会6月24日
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
初めまして、トラベリンメ..
by トラベリンメン at 07:42
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム