execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アイスランド・エアウエイブス4日目オーロラがかかる夜、教会でソーレイ、クリア・ブレッカン、Obo他
 今年の桜、楽しみましたか?私は先週毎日のように近所の公園でお昼を食べました。ランチとかお弁当というより、前日の夕食の残りをお茶碗の上に盛り、それをベンチで食べただけですが、桜のおかげで気持ちだけは優雅でした。
 4月に入り、新社会人になったみなさま、おめでとうございます。また入学式もそろそろですね。なんとなく華やいだ気分になる春です。

 ビョークのライブも決定し、今年はアイスランド・エアウエイブス&オーロラ・ツアー参加者決定の進行が早そうです。次の東京説明会は4月18日(土)、それから名古屋は5月15-16日です。詳しくはツアーサイトをご参照ください。
***

 (前回はここ)遅ればせながらアイスランド・エアウエイブス4日目だった土曜日のレポートです。
 毎日夜はシンデレラのごとく深夜には強制的に一日を終わらせるようにしていますが、どーしてもかぼちゃに化ける時間まで外を彷徨ってしまう場合もあり、フェス中の朝は、私は朝食抜きがデフォルトです。それよりも寝たい。
 11月のアイスランド、朝焼けは9時頃でしょうか。写真家のシバノ・ジョシアさんが、とても素敵な朝焼けを撮影してくれました。
c0003620_2324913.jpg

 こちらはチョルトニン湖で、市庁舎やアイスランド・エアウエイブスのメイン会場であるイヅノが写っています。イヅノは地味な存在ですが、私が覚えている限り、名前も変わらずずっとメイン会場で居続けている数少ない会場です。たぶん名前も変わらずメイン会場で居続けているのは、ここと美術館のみだと思う。
c0003620_2331312.jpg

 この日の最初の目的地は、メイン会場でもあるフリキルキャ(自由教会)。でもギグを見るのではなく、インタビュー。もうすぐシンファンと共に来日予定のSoley(ソーレイ)のインタビューでした。
c0003620_233276.jpg

c0003620_2331750.jpg

 教会のギグが始まるまで時間があるため、近場のオフ会場ででやっていたAgent Frescoをシバノさんが撮影してくれました。かっこいい!
c0003620_2341542.jpg

 そして始まった教会会場の最初のアクトは、ヨンシーのツアー・メンバーとして活躍していたObo(オゥボゥ)。「音を極限までそぎ落とすその様が、すごく潔かった」とアレックスが話していた彼の演奏。抑え気味だからこそ、各々の楽器の個性が際立った演奏でした。地味なヴォーカルも私は何気に好きだった。当然ヨンシー&アレックスもこの会場に来ていましたよ!
c0003620_2343177.jpg

 次はKria Brekkanことクリスティン。そう、ムームのヴォーカルだった双子姉妹の片割れですね。彼女は組み立て式の簡易グランドピアノみたいなのを持ちこみ、それを持ち込んでセッティングしたのが元シガーロスのキャルタンと、今や世界的な芸術家になってしまった元トラバントのラグナル。
 クリスティンのパフォーマンスはとても摩訶不思議で、そのピアノとヴォーカルはいわゆる弾き語りとは趣が異なり、演奏そのものがエモーショナルな物語のような感じ・・・って、分かりにくいかもしれませんが、どう表現していいやら。とてもアーティスティックで、個性的でした。
c0003620_2332229.jpg

 ソーレイ(Soley)は彼女の持ち味がいかんなく発揮されたセット。弾き語りもあれば、多重録音でのハーモニーを利かせたものもあり、シンプルながらバンド構成なので、音のバラエティも豊かで、彼女の音楽の世界がとてもよく出ていたと思います。私は大好きだった。4月の来日公演をぜひお楽しみに!
c0003620_2345999.jpg

 そして外に出ると、なんと目の前にはオーロラが!これがアイスランド・エアウエイブスのいいところ!寒かったけれど、寒いからこそ見られるオーロラ。それも街中の、ライブ会場を出たトタン、目の前で見られるなんて、ホントにこのフェスは素敵。
c0003620_2351670.jpg

 ちょっと角度を変えて見た感じ。オーロラは「舞う」のです。英語だとダンス。ヒュルヒュル〜っと形を変えていくのがとても美しくて神秘的。
c0003620_236193.jpg

 私も15分ばかり見てたでしょうか。ずっと外に出ているのは寒いのと、次のギグが気になるので私はハルパへ移動。こちらはアイスランド音楽コンピの『Pitch Black Morning』に収録した関係もあり、どうしても見ておきたかったM-Band。
 文字通りソロ、ひとりでのギグ。電子楽器を駆使した迫力のパフォーマンスで、ヴォーカルも雰囲気があってよかった。そしてものすごい長身!まだ二十歳ちょっとだとは思えない才能と度量。彼はものすごく注目だと思います。
c0003620_2353492.jpg

 そして別会場でのLow Roar(ロウ・ロア)がこちら。バックにはアミーナがストリングスで活躍。甘いヴォーカルと、シガーロスを思わせるような広がりのあるサウンドスケープが魅力。
c0003620_2355941.jpg

 シンデレラタイムも迫っているためホテルの方向へ歩いていくと、なんと、あの有名なホットドック屋が臨時で2号店を出してる!!以下は私のiPadの写真なのでボケボケで見にくいかもしれませんが、手前の列の奥が本家本元のホットドック屋で、手前の列の店は臨時店。
 アイスランド・エアウエイブスは10年以上見続けているけれど、ホットドックの屋台が2軒もあるのは初めて見た。それだけ利用者も多いということなんでしょうね!
c0003620_2392249.jpg

 で、ホントはかぼちゃになる前にホテルに帰るべきだけど、翌日の予定はゆるゆるにしてあるので、ちょっぴり夜更かしでByrta(ビルタ)を見ることに。Byrtaはオーラヴル・アルナルズとコンビを組んでKiasmosをやっているヤヌス・ラスムセンのプロジェクト。同郷であるフェローの女性シンガーと組んだのがByrtaで、ヤヌスの別プロジェクトのBloodgroup(ブラッドグループ)が私は大好きなので、覗いてみたかった。

 Bloodgroupばりのダークなイメージのリズムに、すごくポップでエネルギッシュな音が乗っていて、私にはドツボ。フェロー出身の二人なので、アイスランドともまた違う、若干エスニックがかったメロディラインも魅力。うー、こういうの好き!
c0003620_2392346.jpg

 アイスランド・エアウエイブスの4日目は土曜日で、朝はゆっくり起きて午後からの始動なので、あまり詰め込んでないように思うかもしれませんが、水曜からび〜〜っしりで動いているので、普通は引退してるよね?!といったお年頃の私には、精一杯なのです。(次回に続く)(小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif



説明会随時開催。11月に実施予定↓
c0003620_18573769.jpg
 


         アイスランドからの音楽とグッズ満載ショップ!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページ
c0003620_2234473.jpg
by ICELANDia | 2015-04-07 02:47 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ゆったりアイスランド・エアウエ... 名古屋!アイスランド・エアウエ... >>
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム