execitemusic
本レーベルは、Excite Music Store及びモバイルコロムビア上で先行独占展開され、配信される楽曲は、国内で入手が困難な高いクオリティのアイスランド楽曲を幅広いジャンルで集めていきます。
レーベルリリースの第1弾は、ヨーロッパでは名高いアイスランドJAZZを展開、第2弾は、アイスランドPOPS、第3弾は、アイスランドクラブミュージックを展開していく予定です。
小倉悠加
(おぐらゆうか Yuka Ogura)
70年代半ば洋楽に目覚め、単身アメリカへ留学。大学時代から来日アーティストの通訳に従事し、レコード会社勤務を経てフリーに。以来、音楽業界で幅広く活動。カーペンターズの解説の殆どを書いているためカーペンターズ研究家と呼ばれることも。2004年自らアイスランドの音楽を扱うアリヨス・エンタテイメントを設立。ミュージック・ペンクラブ会員。
小倉悠加

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アイスランド・エアウエイブス一日目(後半)注目の新人VIO、Agent Fresco、アウスゲイル等もりだくさん!
 先日KiraKiraの東京ライブへ行ってきました。私が最初にアイスランドへ行った時、本当にお世話になった彼女。前回日本に来日した際は私がレイキャヴィクに居て見られなかったため、落ち着いて彼女のライブを見るのは久々でした。感覚の新鮮さを失わずも、10年選手だけあり演奏や音の重ね方自体はすごく熟達していて気持ちがよかった。彼女のトークもユーモアがあって楽しく、久々にKira Kiraの世界に浸りました。まだ九州と大阪ライブがありますので、ご興味ある方はぜひ。今後のスケジュールはこちら。

 それから、アイスランド・エアウエイブス・ツアーの第一回目の説明会が3月28日(土)になりました。後日詳しく書きますが、とりあえずはこちらをご覧ください。

***
 
(前回はこちら)さて、やっとこれからアイスランド・エアウエイブス2014年の本番です。ホント、お待たせしました!なのに、な〜のに、今回のブログはガクンとクオリティが落ちます。もーホント、同じフェスなのか?と疑問視するほど違います。理由は、写真が私がメモ書き代わりに使っているiPad miniでの撮影写真のみだからです!
 雰囲気だけってことでホント失礼します。(逆に言えば、いかに毎回シバノ・ジョシアさんの写真に助けられているか、ということです。改めましてシバノさん、毎回本当に有り難う御座います!)

 前回のこれを見ていただければ分かりますが、一日の半分でもうこれだけ消化。いやはや、普通の日なら既にお腹いっぱいです。でもあれはホンのサワリで、これからが本番になります。

 スタジオ・ツアーを終え、一旦ホテルに荷物を降ろしてから私は近場に繰り出しました。それも今回は同居人君連れ。なにせ彼が10歳だった時から私はこのフェスを見続けているので、彼といっしょにフェス体験ができることは、個人的には感慨深いものがありました。一日目なので案内することに。

 せっかくの一発目なので、何か思い出に残るような手堅くエキサイティングなアーティストを選んであげたいけれど、ほら、どーしてもお仕事上の関係で、とりあえずはチェックしたいアーティストがちらほら。なので、まずは2014年のバンド・コンテスト優勝者のVIO(ヴィオ)をチェック。
 わさわさした雰囲気だったとはいえ、コンテストの時よりもこなれてきた感じで基本的にはいい感じ。この時はデビューアルバム・リリース直前だった(デビューアルバムの出来は素晴らしい)。
c0003620_1915367.jpg

 次に、なにげに音がしてきたので、歩いて10秒のバーに入る。面白くなかったらすぐに出て行こうと思ったので、最初は入り口付近にいたけれど、かなり聴けるので中に入って座る。ガラガラ。なのにこのヴォーカル。上手すぎる・・・。声もいいしきれい、歌も確実にうまい。ただ、Tシャツの柄がいかにも(ツエッペリンだった)。演奏もタイトでしっかりしてるし、いったい何者?
c0003620_191536100.jpg

 上記のグループ、調べたところ、リード・ヴォーカルがエイソール・インギという、前年のユーフォヴィジョン・コンテストのアイスランド代表だった歌手。基本はポピュラー(それも一般大衆向け)歌手で、完璧にお墨付きの人でした。どーりで。そしてこのエイソール・インギをいたく気に入った同居人は、後日、寒空の中、耳が凍ってもげそうになりながら、BSIというバスターミナルまで徒歩40分もかけてこのインギーの演奏を見に行ったのでした。ホテルの部屋の中では、毎日インギ、インギと煩かった(笑)。

 根性なしとは言わないけれど、時差もあってか疲れたというので同居人は早々とホテルへ戻って休息。私は4月にレイキャヴィクに来た時に見たバンド・コンテストで気になっていたミルク・ハウスを見る。基本的に変わってなかったけど、この女子はあれを自分のヴォーカルスタイルにしたいんだろうし、男子キーボード奏者もよかった。このバンドは引き続きチェックしていきたい。
c0003620_19153754.jpg

 次にHurraという会場を覗きBorn(ボウルン)を2曲ほどかじってきた。まず、見た目の迫力に圧倒される。女性ロックンローラーはきれいどころが多い中、貫禄たっぷりのお姉様なんだもん。音はパンキッシュ、ディストラクティブってところでしょうか。ヒリヒリするようなエネルギー炸裂で、基本的にはすごく好きだった。
c0003620_19153825.jpg

 そしてホテルに戻り同居人を伴って夕食へ。いつもはひとりの時が多いから、二人だと食事時が楽しい。うれしい。でも、今回のアイスランドの外食は円安とアイスランドの物価高のダブルパンチでお財布に痛い。ソフトドリンク1本と、海老サラダ、シーフードガレットで7千円くらい。やっぱりレストランの食事は無理とこの日で判断。翌日からテイクアウト・フードになる(苦)。
c0003620_19153878.jpg

 そして見に行ったのが待望のDJ Flugvel of Geimskip. このブログにも書いた通り、かなり前から注目していて、やっと会うことができた彼女でした。
 彼女のパフォーマンス最高!DJという割には、かなりミュージシャンとしてのパフォーマンス要素も多く、声がよく通るから分かりやすいし、ストーリー展開があって楽しかった。かなり奇想天外、不思議な感じで、これを見てからは「DJ不思議ちゃん」と呼ぶようになってしまいました。一見の価値ありというか、たぶんこれは体験しないと面白さが分からないかと思う。基本的にはすごく女の子チックでかわいい。原宿が好きな女子高生に受けそうな、そういうイメージでした(実際のJKはこういうのじゃなくて、アイドルの方が好きかもしれないけど)。
c0003620_1915397.jpg

 次に向かったのは、『残響のテロル』でもお世話になったアルノルがリード・ヴォーカルを努めるAgent Fresco。場所はガムラ・ビオで、ホテルから徒歩5分程度。これが長蛇の列で、プレスパスを持っていたけれど、15分くらい外で待たされた(たぶん一般だと1時間以上待っても入れなかった気配)。今回初フェス参加だった同居人君、普通のフェスパスを頼んだつもりだったのに、フタを開けてみたらプレスパスだったという超ラッキー。プレスパス、最近出してくれないことで有名なのに・・・。フェス側の配慮に感謝。
c0003620_19153998.jpg

 Agent Frescoは絶頂の盛り上がり。これからリリースされる新作アルバムからほぼ演奏していて、今までよりも確かにダークなイメージの曲が多くて、すごくかっこよかった。私の特殊事情とはいえ、普段の顔を知ってるミュージシャンの晴れ舞台を見るのは本当に楽しい。

 次に向かったのはハルパ。目的はAsgeirだけど、少し時間に余裕があったので、同じハルパ内のカルダロンで座る(ここは映画館や劇場のように椅子が配備されていて見やすい)。この箱ではExtreme Chillというのをやっていて、基本的に全部チル。チルアウト。そういう感じでした。アーティストはアルニ・アルニ。
c0003620_19154048.jpg

 そしていざ、アウスゲイルへ・・・・と思ったら、ものすごい人。人、人、人。絶対にここはアイスランドじゃなくて東京だ!という人。こんなに人がいるアイスランドはイヤ(涙)。それに第一日目だというのに、どこも混雑しすぎていて・・・。
c0003620_19154127.jpg

 で、この写真の列は全く動かないけれど、もう片側は空いているので(下り専用らしかったが)、プレスパスをちらつかせて強行突破できないかやってみた。やってみると、同じフロアの別会場へは入れてくれたので、その別会場の別の出入り口からもうひとつの会場へ行けるかと思い入ってみる。

 やっていたのはLeaves。去年見たからパスしていいと思い、1曲だけかじって、入ってきたのとは別のドアから出ようとすると閉鎖されてた!詳しい説明がないと、あまり意味が通じないかもしれませんが。
c0003620_19154164.jpg

 ということは、アウスゲイルがやっている会場への道は係員により閉鎖されている。でもプレスパスで何とかと思っても、「ダメ!」と言われてしまった。うーむ、うーむ、どうしようかぁ、とそこに立ってると「通行の邪魔になりますから降りてください」と言われる。うーむ、うーむ、どうしようかとちょっと場所をずれると、同じように道を閉ざされてアウスゲイルへ行けなくなっていたツアーのメンバーに会う。「あのおじさんに止められて先にいけないんですよぉ」「どうしましょうねぇ」という不毛の会話を数分していると、なんだか人が動いてる気配がする。そして、あの「ここは通せねぇ」おじさんが他の人の対応でこっちを見ていない・・・というスキにみんなで通っちゃった!!

 ということで、無事にアウスゲイルのギグは見られたし、私などは会場に入ればこっちのもので、人を掻き分けて最前列まで行き、こうしてフォトブースまで入りこんで写真もゲット(近年プレスもフォトもパス発行が本当に厳しいので、今年はフォト・パスを申請していなかったのに、私用の封筒の中に入ってた。10年以上通っているので、皆勤賞とか敬老賞とか、そんな感じかと・・・)
c0003620_19154243.jpg

 アウスゲイルは来日した時のいつものメンバーに加えて、ホーンセクションが入ってゴージャスな響き。今年1月にも来日もしているので、みなさんもどのような感じか彼のライブはご存知ですよね。やっぱりいつも下を向き加減で寡黙(笑)。歌は本当に誠実な彼の人となりが出ていて、いつ聴いてもいいし、アイスランドでのパフォーマンスなので、ほぼ全部アイスランド語。アイスランド語の方が断然好き。

 このまま残ればSin Fangだったけれど、彼のライブはアイスランド・エアウエイブス前に見てあったので、安心して(?)パス。少し早めにホテルへリタイアすることにしました。真面目なシンデレラタイム。
c0003620_19154237.jpg

 街中のライブハウス前は人だかり。ほんの数年前まで、初日はライブ数も限られ、どこへ行ってもすいすいと入れたのが、近年はものすごい人で並ばずにはどこにも入れない。なにせアイスランドの冬の夜は寒いので、改善が必要。そして今年のこの混み具合を見て、ツアーは延泊もいいけれど、前乗りが正解になってきたなぁと実感したため、2015年ツアーには連休を有効に使える前乗りコースを作りました。(次回に続く) (小倉悠加/ Yuka Ogura)c0003620_13213440.gif




          アイスランドからの音楽とグッズ満載ショップ!↓








 『いいね!』してね!ICELANDiaFacebook“ァンページ
c0003620_2234473.jpg

全国各地上映中↓
c0003620_1946897.gif
by ICELANDia | 2015-03-03 19:23 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 今年で10年目!2015年アイ... 3月1日(日)Kira Kir... >>
ブログトップ | ログイン
外部リンク
ICELANDiaからのお知らせ
アイスランドのあれこれをお伝えするICELANDiaTVをYoutubeで公開中!
最新の記事
以前の記事
記事ランキング
検索
カテゴリ
タグ
最新のコメント
> MURATAさん ..
by ICELANDia at 08:04
明日8/10から12まで..
by MURATA at 13:27
当ブログを見つけていただ..
by ICELANDia at 19:24
ブログジャンル







Copyright © 1997-2008 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム